FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

日産村山工場の跡地に吹いていた風は冷たかった

旧五日市街道の砂川三番の信号を北へ5分ほど車で向かえばイオンモールが見えてくる。

そこが日産村山工場があった場所だ。

20年ほども前になるが、私がまだ問屋の営業マンだった頃よくその道を通っていた。

工場の周りには団地や商店街があり、かなりにぎわっていたが工場が無くなってからは町は衰退していった。

当然その近くにあった得意先も売り上げが下がっていき廃業した店もかなりあった。

廃業していった店も含め、その周辺の店の店主たちはカルロス・ゴーンについてみんな非難していた。

話しの中では店のお客で30代で家を建てて、子供もまだ小学校へも行っていない幼い子供がいる人がいて、これからどうしていこうかと悩んでいるという話もあった。

ある日得意先を訪問した時、日産をリストラされた人がお客でやってきて店主と話をはじめた。

その人は高校を卒業してからずっと村山工場で40年働いていたとの事だった。

近くに家を建ててまだローンが残っていると言っていた。

幸い子供はみな独立しているので、それだけはよかったとのことだ。

店主が「カルロス・ゴーンはひどいな!人情もくそもないね。人を何だと思ってるんだろうな」とお客を慰めるように言った。

お客は「しょうがないよ。誰かがやらなきゃいけなかったんだよ。日本人じゃできないからね」

「でもさ、ここら辺でも何人もリストラされて困っている人がいるよ。それにこの店だって売り上げが減ってこの先どうなるか分かんないよ」

そう言うとお客は、うつむき黙っていた。

やがて

「 ・・・ ・・・    日産が、  残ればいいんだよ。     」 小さい声でそう言っていた。

「潰れて無くなるよりかは残っていてくれていた方がいいんだよ。日産がね」

少し投げやりな感じのようにも聞こえた。

そう言うと買い物袋を右手に下げて帰って行った。

その客は後ろのシャツがだらしなくズボンからはみだしていて、吐く息が酒臭かった。

店主が言うにはその客はリストラされてからは毎日店にワンカップを数本買いに来ているそうだ。

「あの人は高校を卒業して長野から働きに来た人なんだよ。日産で働いている事をよく自慢していたよ。乗り継いできた車も全部日産車。生粋の日産信者だな。だから日産が無くなるなんてことは絶対あってはいけないんだよ」

「それじゃ。今回の事はかなりつらかったでしょうね」

「そうだね。可哀そうだが、少し哀れにも見えてくるな。君も気を付けたほうがいいかもな」

その店主とは親しかったので遠慮なく話ができたが、最後に言った言葉がその後役に立つことになった。

自分も愛社精神を持っていたので、店主の言葉の意味を考えてその後会社が潰れても大丈夫な心構えができた。


それからしばらくして工場が取り壊され、平地にならされた広大な跡地を見に行った。

そこは所々に雑草が生い茂っていて、戦場の跡といった感じだった。

季節は冬だったので風が強くて寒かったことを思い出す。


あの客の事が気になって店主に聞いてみたら、最近働き始めたと言っていた。

一安心できたが、その数年後には今度は自分が同じ思いをすることになってしまった。


私が働いていた会社が今どうなっているのかと気になり、先日見に行ってきた。

3階建ての事務所も無くなっていて平地が残されているだけになっていた。

やはりそこには、ただ風が吹いているだけだった。


ただ店主から言われた言葉だけが今も心に残っている。

「君も気を付けたほうがいいかもな」の続き

「社員は会社を守ろうとするが、会社は社員を守ろうなんて思っていないよ」

まさに身をもって体験した事だった。







☆彡    

引きこもり無職独身中年男の憂鬱

たまには家に籠っていないで散歩でもしてみるかと考えて外の様子を伺った。

引きこもりは常に家の周りが気になるのだ。

もし迂闊に外に飛び出して近所の人にでもあったら大変だ。

それも月曜日で昼間なのに

もしばったり会ってしまったら 「あらっ! この人は確か○○さんちの息子さんよね。なんで平日の昼間にぶらぶらしているのかしら?もしかして無職の引きこもりなんじゃないの?いや~ね!それにいい歳をして独身中年オヤジよ。キモイ~~」 なんて思われかねない。

そんな事を思われるのは嫌だ。

絶対に会ってはいけない。平日の昼間の外出は特に注意が必要だ。

改めて窓から外を眺めた。

そしたら家から30メートルほど離れたところで電気の工事をやっていた。

働いている人が4人いた。

くそっ!これじゃ出られないじゃないか。

どうしてもあの工事現場の横を通らなくては散歩へはいけない。

もし迂闊にそこを通ってしまえば今度は「あれっ!月曜日ですよ。仕事へ行かないんですか?もしかして無職中年引きこもりですか?」なんて聞かれてしまうかもしれない。

あぶないあぶない!

無職独身中年引きこもりオヤジは常に外部の人とのかかわりには気をつけなくてはいけないのだ。

「しょうがないな。終わったら散歩へ出かけよう」と思って待っていたら夕方の4時になってしまった。

もう出かける気力がなくなってしまった。

せっかくたまには平日の散歩を楽しみたかったのに残念だ。

引きこもり無職独身中年男には外出するのも一苦労だとつくづく感じた一日だった。








もしかして精神をやられているのかもしれないな …… _| ̄|○












☆彡    

アメリカの中高年おやじ達に同情した

一歩も外へ出ずにひきこもっていた。

天気も良くなかったし散歩をする気分でもなかった。

「カンパニー メン」という映画をGYAOで見た。

出演者の中にはトミーリー ジョーンズもいてかなり有名な俳優たちが出ている映画だった。

内容は長年働いていた会社でリストラにあいそれぞれが大変な目に合うという話だ。

今ではアメリカだけでなく世界中でリストラは当たり前だから大した話ではないと思ったが、実際に一人一人に視点を当てて見てみるといろいろな事情が絡んでいて他人事とは思えなくなる。

主人公もリストラされて職業紹介所でいろんな会社を紹介されて、応募するのだがどこも雇ってもらえなくて車を売ったりしていた。

映画の中でも30歳以上では使い物にならないと言われたりする場面もあって、自分も同じことを言われたことがあるなと同情してしまった。

アメリカでも中高年オヤジは必要とされていないようだ。

映画では最後みんなで起業していくことになり希望への第一歩という風に終わっていたが、実際そんな風にうまくいくはずはない。

現実社会では就職が決まらずに、ひきこもる人も出ているのだろうと思った。

アメリカではひきこもりはあるのだろうか?わからないが。

映画の中で「近所の人にリストラにあったと知られたくないから夕方6時までは家に帰らない」なんて言うセリフがあった。

実際自分も親や近所に無職だと知られたくなくて、一時同じように夕方暗くなってから帰宅していた時があった。

3か月ぐらいの間。

その時はまだ20代だったからすぐに仕事も見つけられたが、今ではとても無理だ。

世界中の中高年オヤジ達は、これからますます大変になっていくのだろう。

なるべく自己防衛できるように備えをしておかなければいけない。

自分はまず仕事かな。




☆彡