FC2ブログ

はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

カテゴリー "ノスタルジー" の記事

芸能人の住んでいた所をよく営業車で通っていた話

昨日テレビを見ていたら福山雅治が出ていて、若い時に昭島に住んでいて材木店で働いていたと言っていた。

びっくりして調べてみたら、どうやら19歳の頃デビュー前に昭島市の緑町のアパートに住んでいて横田基地近辺の材木店でアルバイトをしていたみたいだった。

なぜびっくりしたかというと、その辺は問屋の営業マンをしていた時に良く通っていたところだったからだ。

しかし私が働いていた時にはもうとっくにデビューしていたのでもちろん会った事などはなかったが。

でも知らなかったし営業マンをやっていた時でもそんな話は聞いたことがなかった。

唯一あった事のある芸能人は野口五郎の奥さんである三井ゆりだけだ。

たまたま私が昭島駅のコンビニへ寄った時に会った。

その時はサングラスをかけていて分からなかったがその店の店長が三井ゆりだよと教えてくれた。

その時三井ゆりは昭島駅の近くのマンションに住んでいたそうだ。

話しがずれたが福山雅治が働いていた材木店だが、ストリートビューで確認したところまだあるみたいだった。

私はよくその近くの公園でお昼を食べていた。

立川や昭島や福生はけっこう芸能人になった人が多いようだ。

水谷豊は子供の頃立川のアパートに住んでいたし、福生近辺は朝日奈央や工藤静香の出身地だ。

そういえば国立の多摩蘭坂には忌野清志郎が住んでいたな。

そこも営業車でよく通っていた。

今考えれば自分もよく方々を営業で回っていたんだな。

国立の百恵ちゃんの家にはファンだった母親を車で連れて行ったことがあったな。

どれもが懐かしい。

あれからもう十年も経ってしまった。







☆彡    

3.11あれから8年 彼は今

2011年3月11日あの頃は家電量販店でパート従業員として働いていた。

働き始めて2年目だったのでやっとこ少しは慣れてきた頃だった。

地震があって電車が止まり家に帰れなくなってO君のアパートへ泊めてもらった。

O君は同じパートとして働いていて年は私より8歳下だった。

明るくていい奴だったのでよく話はしていたから私が泊めてくれと言っても「いいですよ」と気持ちよく返事をしてくれた。

彼のアパートへ行く途中でスーパーへより彼に「好きな物を買っていいよ」と言ったら喜んで遠慮なくカゴに食品を入れて行った。

あれもこれもという感じでかごは一杯になりレジで精算したら5000円にもなってしまった。

これならどこかのネットカフェにでも泊った方が安かったなと思ったが彼が大変喜んでくれたので「まあいいか」と思い直した。

それに彼は今までの生活で借金がありその返済に苦労していたようで食料品が欲しかったそうだ。

なんでも劇団員で34歳の今に至るまで演劇をしながらアルバイト生活をしていたそうだ。

その時からサラ金から100万円以上借金をしていると言っていた。

そして彼の店での販売方法はとても親切でお得意になる客がたくさんいて土日になるとよく指名を受けていたのでお昼休みもなかなか取れない日が多かった。

その為何度か仕事中に倒れたこともあった。

私は彼に「そんなに丁寧に接客していたら身が持たないから簡単に簡潔に済ませたほうがいいよ。どうせいくら頑張っても時給は上がらないしな」とアドバイスをしたのだが、元々真面目な彼は言ってもその接客は変わらなかった。

そのうちに他の階に異動になったのでもう彼に会う事がほとんどなくなってしまい、私も会社を辞めたのでどうなったかを知らない。

携帯番号だけは教えあったのだが連絡は取っていない。

でもいつも「やめたい、やめたい」と言っていたからもう辞めて他の仕事に就いているかもしれない。

今日は復興番組などをラジオで聞きながらそんな事を思い出していた。


しかしあれから8年も過ぎているのに、被災地の復興が順調に進んでいるとはいったいいつになれば終わるのだろうか?

東北被災地がサクラダファミリアに見えてきた。

どちらもなかなか完成しない。







☆彡    

ガガガガガガガ

昨日NHKでゴールデンボンバーが歌っていた。

いい曲だった。

密かに応援している。

そしてドラマも「トクサツガガガ」。

ドラマも最初からずっと見ている。

おもしろい。

小芝風花ちゃん演じる叶の気持ちが良く分かる。

オタクは理解されない。

中学生だった頃、宇宙戦艦ヤマトにハマっていたが、みんなには内緒にしていた。

バレたら何を言われてしまうかと恐れていたから

しかしある日カバンの中にあった宇宙戦艦ヤマトの絵を教室で落としてしまいオタクがバレた。

それを見た女子に引かれてしまったことがある。

ショックだった。

その時はそれだけで済んだから良かった。

それからまた30歳を迎えた頃、また宇宙戦艦ヤマトのブームが来てしまいコーラのおまけでフィギュアがついていたことがあってまたヤマトを集めてしまった。

今もたまにネットで検索していると偶然宇宙戦艦ヤマトの超合金モデルなどが出てしまう時に欲しくなってしまう事がある。

オタクは永遠に続くのだろうか。

今も誰にもこのことは秘密にしている。



それとキャプテンハーロックも好きだ。

昨年はアルカディア号のプラモデルを買うかどうか迷ったが作るのが面倒なのでやめた。











☆彡