FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

カテゴリー "クリスマス" の記事

サンタクロースは長い黒髪をなびかせていた

高校を卒業して専門学校へ通い始めた頃、平日の夜は飲み屋でアルバイトをしていた。

そこはクラブと呼ばれていて接客に若い女性がつく店だった。

初めは慣れない飲み屋でのアルバイトが嫌で仕方がなかったが、時給が1200円もらえたので我慢した。

仕事はトイレ掃除に始まり店の掃除、そしてボーイをした。18時から23時までの5時間。23時に終われば最終電車に間に合った。

まずは見習いを1か月ほどして仕事を覚え、2か月目からは一人でこなしていった。

アルバイトを始めて半年ほどたった頃、一人の女の子が新しく入ってきた。

その子は見た目が若く幼さも残っていたが、目の奥に暗い影があるような感じの子だった。

無口なため客の評判があまり良くなかった。


年末が近づいたクリスマスイブの夜、事件が起きた。

いつものように各テーブルの灰皿の取り換えや空いたグラスの回収などをしていた時に、キャーという悲鳴と共にグラスが割れる音がした。

その方向へ視線を移すと、声の主はあの暗い目の女の子だった。

女の子は立ち上がっていて隣には派手な赤と黒のセーターを着た男が何やら騒ぎ立てていた。

どうやら男がその子の胸を触り、それを嫌がって女の子が客の手を払ってしまいグラスが落ちて割れてしまったようだ。

客はひざに水割りをこぼしてしまい、それを怒っていた。

私はすぐにそのテーブルまで行き、お客に謝りお客のズボンを拭いた。

そしたらいきなり突き飛ばされてしまった。

「汚ねえタオルで拭くんじゃねえ!ガキが!」と怒鳴られた。

その後店長が来てお客に謝り料金をただにするという事で許してもらった。

女の子は私のところに来て「大丈夫?ごめんなさい」と言って頭を下げた。

その時の目は暗さよりも悲しみに溢れていた。

「ああ、大丈夫」と言って彼女を安心させた。

彼女はその間ずっとうつむいたままだった。長い黒髪が揺れていた。

その姿を見て何か声をかけなければと思い。「大丈夫だから。何も心配いらないから」と彼女を励ました。


その翌日の夜、店の準備をしていた時に彼女が店にやってきて店長となにやら話をしていた。

その後彼女が私のところへ来て言った。「わたし、この店をやめるの。お世話になりました」と。

私はその時、驚きのあまり何も言葉が出なくて「そうなの」としか答えられなかった。

彼女は「昨日はありがとう。じゃーね」と言うと大きなバッグを持って店を出て行こうとした。

私は見送ろうと店の外へ出た。

彼女は「それじゃ、行くね。バイバイ」と言うと手を振ってきた。

「ああ、バイバイ」と私も手を振り返ししばらく見送ろうとしたら、彼女が急に振り返り戻ってきて私の手に小さな箱を握らせた。

あまりに突然だったので私は頭にかぶっていたクリスマス用の三角の赤い帽子を落としてしまった。

呆気にとられる私を残して彼女は笑いながら手を振って駅の方へ歩いて行ってしまった。

その箱は緑のリボンがかけてありサンタクロースが描かれた包装紙に包まれていた。

開けてみると中には丸いチョコレートが2つ入っていた。手作りだった。

それが私の最初のクリスマスプレゼントになった。


店長から彼女の話を聞いた。

歳は17歳で高校へは行ってなく、中学を卒業してからはアルバイトをしながら生活していたそうだ。

新潟から来たと言っていた。

私はあの小学4年生の時から、暗い目をした無口な女の子に惹かれてしまう。

そういう子が困っているとすぐに助けるようになってしまった。

あの事件だって飲み屋では日常茶飯事で普段なら我関せずで通していたのに、あの子が困っていたから関わってしまった。

どことなく小学校の時に突然いなくなった女の子に似ているような気がしてしまったのもあった。


仕事が終わり外へ出るとまだ町にはクリスマスソングが流れていた。

その時はまた彼女に会えるかもしれないような気がしていたが、結局会えずじまいになってしまった。

でも自分にとって最初のクリスマスプレゼントをくれた彼女の事はいまだに忘れる事ができない。

小学生の時に突然いなくなった女の子と共にだ。

どこかで幸せになっていて欲しい。

彼女らが幸せになっていることが、私の幸せでもあるからだ。








☆彡    

思い出はジングルベルに乗って悲しみを連れてくる


いつものように仕事帰りに公園でお昼ご飯を車の中で、
食べているとカーラジオからジングルベルが流れてきた。

この時期は必ず流れてくる。
私はジングルベルを聞くと寂しくて悲しくなるから聞きたくない。

そしてラジオの番組では、街の人にインタビューしていて、その質問を聞きさらに嫌な気分になった。
質問の内容は「子供の頃のクリスマスプレゼントは何をもらいましたか?」だった。

私にとってその質問は嫌がらせの様に聞こえた。
どうしてそう聞こえるのかというと、子供の頃に一度もプレゼントなどもらったことがないからだ。
誕生日はもちろん、クリスマスなどの行事があっても、親や祖父母からも何一つもらったことがない。

だから小学校の間、年末が来ると早くクリスマスが過ぎてくれるように祈っていた。
学校ではクリスマスの日に、プレゼント自慢が周りからよく聞こえてきて、それに耐えるのが嫌だったことを思い出す。

しかし、プレゼントをもらえない子は私だけではなかった。
30人のクラスの中には、私を含めて5人ぐらいはいたと思う。
賢い子は、もらっていないのにもらったようにふるまっている子もいた。
その子は、家の近所の子で私と同じような生活環境の子だったから、もちろん親からクリスマスプレゼントなどもらえず、クリスマスの日にあるプレゼント自慢が嫌で私と口裏合わせをしようと言ってきた。

もらっていないのにもらったという嘘をつこうと。
私は当時小学3年生だった。その子とは近所だったが、女の子なのであまり一緒には遊ばなかったから、仲良しと言える間柄ではなかった。

彼女の提案に私も賛成した。
しかし、クラスメイトから「何をもらったの?」と聞かれた時はどうするのと聞くと、彼女は「今欲しい物を言えばいいのよ」と答えた。

私は、その頃欲しかった超合金マジンガーZにした。

そしてクリスマスの日、私と彼女はその日を無事にやり過ごすことができた。
帰り道一緒に帰り、その日ついた嘘をお互いしゃべり、クラスメイトにうらやましがられたと彼女は上機嫌だった。

しかし家が近づくにつれお互い口数も少なくなり、黙り込んでしまった。
現実の厳しさを身に染みて分かっていたから、そうなったのだと思う。

それからは、彼女とたまにだが遊ぶようにもなり一緒に帰る日も多くなった。
しかし周りから冷やかしもあったので、なるべく遠ざけるようにもなった。

そして翌年、またクリスマスが近づいてきた頃、帰り道で彼女とまた口裏合わせをしようと提案した。
しかし、彼女の反応がよくない。
うつむいていて何か他の事を考えているように見えた。
私はどうしたのかと彼女に聞いたが、返事は帰ってこなかった。

そしてクリスマスの前日いわゆるクリスマスイブを迎えた。
その日は、朝から小雪が舞っていてクラスでは「ホワイトクリスマスだ!」と皆はしゃいでいた。
しかし私はそれどころではなかった。
早く彼女と口裏合わせの相談をしたかったのに、その日は休んでいたからだ。

帰りに彼女の家に行ってみようかとも思ったが、行ったこともなかったので行けなかった。
翌日のクリスマスの朝に一緒に登校して、口裏合わせの相談をしようと思いその日は帰った。

そしてクリスマスの朝を迎えた。
昨日から降った雪で、うっすらと道にも雪が積もっていた。
私は彼女と一緒に登校するために、家を早く出て道端で待っていたがなかなか彼女が現れない。
ぎりぎりまで待ったが、遅刻してしまいそうなので学校へ急いだ。
とうとう彼女は学校へは来なかった。

次の日の朝、学校で彼女の噂が聞こえてきた。
その話に耳を傾けると「あいつの家さ、親が借金して夜逃げしたみたいだぜ!」
と聞こえた。
私は愕然とした。ショックだった。
まして夜逃げなどという言葉に恐ろしささえ感じた。

彼女の家がそのような状態だったなんて、家が近所だったのにそんな話は親からも聞いたことがなかった。
学校で始めてできた友達だったのに!
秘密を共有できる仲になれたのに!

しかしそれ以上に、彼女の事が心配になった。
これから大丈夫なのかと。

そして、あの日の帰り道を思い出した。
彼女が黙ってうつむいていたあの日。
私がもう少し大人であったら、少しは彼女の悩みを聞いてあげることができたはず。
何もしてあげることはできないが、話ぐらいは聞いてあげればよかったと思った。

学校からの帰り道、私は彼女の家へ向かった。
その家は雨戸が閉まっていて、玄関前にはいらなくなった家具が出されていた。
その家具が家主がいなくなったことを物語っていた。

私は、トボトボとうっすら積もった雪を踏みしめながら帰ってきた。
彼女のうつむいた顔が浮かんできた。
自然に涙が溢れはじめ頬に落ちてきた。

気がつけば声をあげて泣いている自分がいた。






☆彡