FC2ブログ

はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

カテゴリー "ふと思う事" の記事

私だけのザ・ノンフィクション。死を見つめて

先日亡くなった婆さんの事はもう書かないと言っておきながらまた書いている。

やっぱりそう簡単には忘れる事ができない。

私の住んでいるところは山に囲まれたかなりの田舎で周りに家が8軒しかなく、そのうち2軒が空き家だから実質6軒にしか人が住んでいない。

そのほとんどの家の住民も出かける時には車を使うため会う事はなく、唯一外で会うのがその婆さんだけだったから、尚更印象深く残ってしまう。

それも婆さんが出かける8時過ぎごろに私はよく外の景色を見ていたので、婆さんがのそのそと出かけてゆく姿をよく見かけていた。

そしてまた帰ってくる時間も11時ごろなので、その頃もパソコンで疲れた目を休めようと遠くの山を見ている時によく見かけていたのだ。

ほとんど毎日と言っていいほど。

今日も散歩へ行ってきたのだが帰りにその婆さんがいるだろうかと周りを見渡してしまった。

なぜそのような事をしたかと言うと2週間前に同じ時間にその場所を通った時、婆さんが道端のコンクリートの台に座っていたからだ。

いるはずもないのに。

そのコンクリートは座るには丁度いい高さで父親も畑から帰ってくる時に休んでいる。

その時の婆さんの様子は疲れていて目がうつろだったような気がする。それに今考えれば道端で座って休んでいる姿は今まで見たことがなかった。

最近では母親と話をするたびに「もう死にたい」とよく言っていたそうだから少し鬱気味になっていたのかもしれない。

胸を打って病院に行くことを頑なに拒んでいたことももしかしたら自殺行為だったのだろうかと思ってしまう。

もしかしたら2週間前に道端で座っていた時にも「死にたい」と考えていたのだろうか?

そしてそれが私が見た婆さんの最後の姿だった。

そしてそれから1週間後に亡くなった。

ここに引っ越してきて30年、一度も会話はしたことがなかったが目にする機会がここのところ増えていたのでなかなか記憶から消す事ができない。

いやもう無理なのだろう。

母親も同じことを言っていた。母親の場合は1週間に1度は会って話をしていたから婆さんの死のショックが強いらしい。

「あの人は丈夫だからあと10年は生きるよ」とよく言っていて私もそうなるだろうと確信していた。

それなのにあっけなく逝ってしまい、私もかなりのショックを受けた。

そして残された息子さんだが未だに何も教えてくれない。

うちの両親とはたまに話をしていた仲なのにだ。

この土日も家に引きこもっていて出かけなかった。

いつもなら毎週土日は車で何処かへ出かけていたのに。

葬式が済んで母親の死のショックが徐々に心に響いてきているのかもしれない。

一人残された息子さん。

私もいずれ同じ目に合うのだろう。

生きていればの話だが。

そして今日3月10日は5年前に私が心臓の手術をした日だ。

あれからもう5年も経ってしまった。

ほとんど仕事らしいことはせずに過ぎ去っていった5年間、これからもまだ続くのだろうか?

それともあの婆さんのように突然、死が私を迎えに来るのだろうか?

そんな事を考えさせられた婆さんの死だった。







☆彡    

堀ちえみがガンの手術

最近ガンのニュースをよく聞く。

今日は堀ちえみのガンの報道があった。

年齢的にも同じぐらいだから他人事とは思えない。

今やガンは二人に一人がかかる病気だ。

決して安心できない。

どうすれば予防できるのだろうか?

少しだけ調べたらタバコや酒が良くないらしい。

最近酒を毎晩飲んでいる。

やめた方がいいのかもしれない。

また入院なんてことになったら大変だ。

でも少しぐらいなら大丈夫かとつい甘く考えてしまう。

まったく困ったものだ。

結局病気にならなければやめられないのかもしれない。

自分のダメさにあきれてしまう。






☆彡    

キャンプへ行かない理由

先日焚き火をしに山へ行ったが、あれ以来行きたいと思わない。

なんかめんどくさい。

確かに山で焚き火をしてコーヒーなど飲みゆったりするのはいいが、そうは長くはいたくない。

寒いし落ち着かないしやることがない。

せいぜい3時間がいい所だ。

それ以上はいたくない。

何故かと考えたら、普段の生活が既にキャンプの様な生活をしている事に気が付いた。

部屋の温度は6度。

あまり外と変わらない。それに窓側に机があるので外の景色が良く見える。

住宅地だが南向きに建っていて窓からは下の家の屋根が少しだけ見えるので、屋根越しに遠くの山々が広々と窓一杯に見える。

下の家の屋根のおかげで車道や他の家々は見えずに済む。

だから窓からは山と空だけが見えてとても気持ちがいい。

今日は曇っているが山はいつ見ても飽きない。

そして何よりいいのが足があったかい事だ。

数年前に買ったユーイングの「おひとりさまっと」に足からお腹まで入れて温まっている。

これがいい。何より電気代がかからないだけでなく足元から胸まですっぽりとはいれるのであったかくて気持ちがいいのだ。

今も温まりながら株価を見てたまに外の山々の景色を見ている。

要するに家にいてもキャンプしている気分なのだ。

だからわざわざ何処かへ行ってキャンプするなんていう面倒な事をする気になれない。

外へ出る時は散歩ぐらいがちょうどいい。

それも1~2時間程度の。

そして帰って来たらまた「おひとりさまっと」へもぐりこみぬくぬくと過ごす。

これに限る。

そういう事だからキャンプへ行こうと思わなくなってしまった。





☆彡