北極圏で33,5度だって!

スポンサーリンク

20日の記者会見で世界気象機関(WMO)は北半球で、7月中旬以降記録的な高温を伴う異常気象が相次いでいると発表した。

ノルウェーでは北部の北極圏で17日、史上最高の33,5℃を記録したそうだ。

もはやマニアのオカルト本の内容が、実際起き始めたのか!

小中学生の頃、夢中になって読んでいたオカルト本の内容が、現実に起き始めている。

人類滅亡へのカウントダウンが始まったようだ。

しかし、そう簡単に滅亡はさせてくれないだろう。

じわじわと年月をかけて人類を苦しめながら、進んでいくのだと思う。

まだまだ先だな。

しかし、個人で見ればいつ死ぬか分からない。

今夜、熱中症で死ぬかもしれないのだから。

自分だってエアコンが壊れたらアウトだ。

それに大病をしてる身、一番危ない。

しかし北極の氷が解けて海面が上昇すれば、被害を受ける島国が増えてくるだろうな。

実際もう起きているとニュースでやってた。

それにしてもこの異常気象を研究している人はいるはずだが、何も意見が出てこないな。

口でもふさがれているのか?

札束で!

それなら何も言えないのだろうが。

でも札束を数えている間に人類が滅んで行ってもいいのだろうか。

どうなのだろう。

どうせ自分がその札束で贅沢できる間は、きっと何も言わないのだと思う。

自分の周りだけ、いい生活ができればいいのだろう。

未来の人類なんて興味がないのだ。

しかしその札束はどこから貰えるのだろうか?

それをつきとめれば問題が解決するかもしれない。

だが、そんな事をする人は現れないのが現実。

じわじわと滅ぶのを見ている事しかできないのだろうな。

自分を含めて。





スポンサーリンク

よく行っていた場所で自殺があった

スポンサーリンク


10年前から登山へ行くときに通っていた場所で自殺があった。

一昨日の事だ。

車で練炭自殺。

男性2名、女性1名。

20代から30代。

普段は山奥なので車も通らないところで、休みになると登山へ行く人が2~3台車で通るところだ。

2か月前にそこへ行ったが、相変わらず寂しい場所だった。


身近でこういう事があると、死を間近に感じてしまう。

一歩間違えれば自分も、その車の中にいたのではないかと考えてしまう。

これで知っている場所での自殺は3つ目となってしまった。





スポンサーリンク

あの頃の夏にもう一度戻りたい

スポンサーリンク

しかし暑いな!

お昼に部屋の温度計を見たら35度だった。

暑いはずだ。

それでも歩いてきて汗をかいていたので、部屋に入った時には感じなかった。

これでは熱中症になってしまう。

さっそくエアコンのスイッチをON

気持ちよく午後を過ごしている。

でも20年前は夏でもエアコンがいらなかった。だんだん暑くなってきてエアコンをつけた。

日本はどうなってきたのだろう。

それについても確かな説明がない。

温暖化、温暖化といって地球規模の問題にしている。

本当は何が起きているのか?と真意を知りたい。

やはり赤道の方に日本が近づいている証拠なのか。

まあ、私が生きているうちは分からないだろうな。


それはともかく、できれば子供の頃の夏にもう一度戻ってみたい。

これは誰もが思う事ではないだろうか?

なんであんなにもキラキラした楽しい思い出ばかりが蘇ってくるのだろう。

別にどこかへ行ったわけでもないのに。海や遊園地や旅行などに連れて行ってもらったわけでもないのに。

夏休みに学校のプールへ向かう時のウキウキした記憶だけなのに。

何故かそれだけでもキラキラとしたいい思い出になって今でも思い出す。

こういう暑い日に青空を見上げると思いだす。

冷蔵庫から丸い容器に入った氷を出してハンドルを回してかき氷を作り、いちごやメロンシロップをかけてよく食べたな。

近くの川へみんなで行って水浴びをしたな。

誰かの畑からスイカを盗み、割って食べたな。悪い事だがとてもにおいしかった。

カルピスを水で薄め氷を入れてよく飲んだな。

腹が減った時は田舎からもらったジャガイモを鍋で茹でて食べていたな。

こんな普通の日常だったのに楽しい思い出となっている。

なんとかもう一度あの頃に戻りたいな。


スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR