私にもかき氷を奢ってください

スポンサーリンク


今日はいつもの山ではなく、車で1時間ほどで行ける小仏城山へ行ってきた。

暑かった。

少し頭が痛い。軽い熱中症かもしれない。

日影沢へ車を置き登る事2時間半、やっとこ頂上に着いた。





頂上には店があり美味しそうなかき氷が売っていた。

しかし高い。300円もする。諦めた。

そこへ子供連れの夫婦が来た。親は私と同年代のようだった。

子供は小学生の男の子。

子供が「ねえ、かき氷食べたい」と言った。

父親は「どれでも好きな物を選びな」と答えた。

羨ましかった。

思わず「私にも」と言いたかった。

もし自分にも子供がいたら私も同じ事をしたと思う。

お金は身内の者のためなら使えるが、自分のためだとためらってしまう。

そうすると自分の場合、使えるのは両親ぐらいか。

たまには親孝行もいいな。

何かおいしい物でも買って帰ろうと思い帰りにコンビニへより、100円の団子を買って帰った。

この串団子は3本入っているからうちでは丁度いい。

しかし、ちょっとケチりすぎだな。

反省!

次はもう少し良い物を買おう。

スポンサーリンク

体力が衰えてきた

スポンサーリンク


いつもの山へ行ってきたのだが、なんか去年より体力がなくなってきている。

なんかダルイ。

人があまり登らないコースなのに、今日に限って2人が自分の前を登っていた。

2人とも男性で、一人は60代ぐらいでもう一人が40代ぐらいだった。

2人とも別々に登っていて、ペースは非常にゆっくりだった。

自分もゆっくりなペースなので後を歩いていたが、そのうちに60代ぐらいの人を追い越し、40代ぐらいの人について行った。

ほんとにゆっくりだったので楽に登る事ができたが、頂上に着き自分は椅子に座って休もうとしたら40代の人は休みもせずにまだ先を行こうとしていた。

何処まで行くのかと見ていたら、どうもあと3時間は歩くコースへと向かって行った。

自分はもう先に行く体力はないので、その人を見送りながら丁度10年前の事を思い出していた。

その頃は体力もあって、その人と同じコースを毎週のように歩いていた。

それどころかまた同じコースを戻ってくることもできた。

疲れもそれほどなく楽に歩けていた。

それが今はもう歩く体力もない。

手術をしたからなのだろうか、歳のせいなのだろうかと考えたが、分からない。

たぶん両方のせいだと思う。

がっくりして自分の足を見た。






また10年前の様に歩きたいな。



スポンサーリンク

ブルースカイブルー

スポンサーリンク


午前中の散歩

風が少し冷たく感じたが、湿度もなく、とてもよく晴れていたので暖かさもあって気持ちが良かった。

いつもより長い時間散歩をしてきた。

途中、公園がありベンチで休んでいたら、どこかから音楽が流れてきた。

よく聞くと西城秀樹のブルースカイブルーという曲。

久しぶりに聞いたがとてもいい曲だった。

西城秀樹の歌声も素晴らしく青空にぴったりだった。

しばらく聞き入ってしまった。

しかし彼はもういない。

彼の死が、懐かしい自分の思い出までも天国へ持ち去ってしまいそうに感じ悲しくなってしまった。

(´Д⊂グスン

いかんな!年甲斐もなく!

年をとってより一層涙腺が緩みだしたな。

仕方がない事。

自分を許そう。

奇麗な青空だったから今日は2重丸を空にあげたくなった。



スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR