ひっそり生きる

スポンサーリンク

午後散歩をしました。
30年ぐらい前に通っていた中学校の跡地を通りました。
もう校舎はありません。取り壊されグラウンドになっています。
あの頃の事をいろいろ思い出していたら、前から一人のおじさんが歩いてきました。
よく見ると中学時代の同級生です。
私は顔を伏せ、私とわからないことを祈りながら通り過ぎました。
私はあまり目立ちたくないので帽子にメガネをかけ変装して散歩しているのでわからなかったようです。

私はホッとして振り返って彼を見ました。
彼はあの頃に比べると太っていて、髪の毛も薄くなっていました。
私も人の事は言えません。彼とほぼ一緒です。

彼はどうやら今から出勤なのか駅に急いでいるようでした。
3年前にも朝7時ごろ私が出勤するときに彼を見かけたことがあります。
その時の彼は日に焼けひげを生やしていて、いかにも土木関係か警備員をしているような恰好でした。
今日の彼は肌は白くなりひげも剃っていて見違えるように変わっていて少し驚きました。
彼がどのような人生を歩んできたか興味がわきましたが、人の事を考えている場合ではないと思いなおし歩いてきました。

人それぞれいろんな道を歩いているんですね。
私は今度彼に会ったら話しかけてみようかと思いました。
中学時代からもう三十数年も経っているんだから今更プライドも何もありません。
病気の事も話してお互い懐かしむ事ができればいいなと思ってしまいました。
そんな午後の散歩でした。

それから昨日から始めた株は1万円だけ儲けることができましたが、次をどうしようか迷っています。
株を始めるとパソコンの前から離れることができず不自由ですので。

ではまた。

スポンサーリンク

プロフィール

darakugumo

Author:darakugumo
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR