はじめての非正規だった頃の話

スポンサーリンク

今日はだるいです。なんか眠たい日です。
「こんな日は働きたくないな」なんて働いてもいないのに思ってしまい、非正規雇用だった日々を思い出しました。

その会社に非正規で採用されたのは8年前になりますが、前に勤めていた会社が廃業となり1年半無職でした。次の仕事を探していたのですが、見つからず月日が経ってしまったのです。
それでやっと見つけたのがある家電量販店の仕事でした。販売員です。家電の知識など全くなく、40を過ぎた者なんか雇ってもらえないだろうと、ダメもとで応募したところ受かったので、ありがたく働かせてもらいましたが、受かったのはそれなりの理由があったのです。
私と同じ年齢の者を含めて1店で30人近くを合格させていて、新店オープンのために陳列やら片付けやら雑用で、人が必要だったようです。

新店オープンまでの1か月間重労働をさせられ筋肉痛になり、ある人はぎっくり腰で早くも辞めていく人も出始め、オープンまでに8人が辞めていきました。

そしてオープンしてからも私を含めほとんどの者が、家電の知識もない未経験者だったので、お客に説明することも不十分でそれに怒ったお客のクレームで、10人ぐらいが辞めていきました。
会社は辞めていく者を考慮して採用していたのです。
私は電気製品の説明書やカタログを、毎日持って帰り電車の中や家で勉強しました。
クレームが怖かったからです。それで何とか怒られながらも勤めましたが、3年目を迎えると一緒に入社した仲間は私を含め5人だけしか残っていませんでした。
みんな元家電の販売員で経験者でした。素人は私だけでした。

1年契約の非正規雇用で時給が930円でした。そんな仕事しか他にありませんでした。
前の会社のほうが10倍楽で数倍多い給料でした。
それでも5年勤め病気を機に、契約を更新できず失業しました。契約に健康であることという条件があったのです。
その頃には仕事で認められて家電部門のサブリーダーとなり、時給も1300円になっていました。しかし非正規です。ボーナスはありません。仕事は正社員と一緒です。納得がいきませんでしたから更新できなくてもかまいませんでした。
これ以上搾取されるのが嫌でしたから。

ほんとに今の非正規の仕事は大変です。安くこき使われます。
中高年になれば、その上に蔑みの視線を受けるのでより惨めです。
毎日が今までに味わったことがないほど憂鬱でした。実際一人うつ病になって辞めた人もいました。
その人は私より2つ上の方で子供が二人いるため、かなり悩んでいるのを見たことがあります。
その後の事は分かりませんが、元気でいることを祈ります。

ほんとにあの頃は会社に行くのが嫌でした。あんなに嫌な思いをしたことは過去の経験ではありません。
毎日が地獄でした。辞めたいのに辞められないのです。辞めたら仕事が見つからないからです。
そんな嫌な日々を思い出して、また憂鬱になってしまいました。


スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR