甘い誘惑

スポンサーリンク

7時半に散歩に出かけた。
涼しいので気持ちがいい。
近くを歩いたので30分ほどだが、十分だ。

いつもは7時に朝食を食べて、9時ごろになると甘いものが食べたくなり飴玉ぐらいの大きさのチョコレートを2つほど食べてしまう。
もう1年以上ずっと続いている。
毎日ではないがほとんど毎日と言っていいほどだ。

これは、お酒をやめてから始まった。
毎日晩酌で第3のビールや酎ハイなどを350缶2本を飲んでいた時にはなかった。
その時は甘いものなど見向きもしなかった。
むしろ嫌いだった。

それがお酒を飲まなくなってからは、甘いものが食べたくてしょうがない。
止まらないのだ。
どうしても手が出てしまう。
今ではチョコレートのほかかりんとうやビスケットなども常に買って保管している。

このままでは糖尿病にでもなってしまうのではと心配しているので、
なるべく食べない日を作って努力している。

病院で先生に話をすると、結構そういう人が多いそうだ。
どうしてもお酒を飲んでいた人は、やめると甘党になってしまうとのこと。

お酒にはたくさんの糖分が入っていて、知らない間に十分な糖分を取ってしまっているそうだ。
だから、毎日チョコレートを2つ食べても、それらに比べれば半分も糖分を取っていないそうだ。

それを聞いて少し安心したため、今では何の躊躇もなく食べている。

しかし、度が過ぎれば危ないので気を付けよう。

さてもうすぐ9時だ、前場が始まる。
今日はどうしよう。
そっちのほうが今は問題だ。

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR