久しぶりのプチ登山

スポンサーリンク

久しぶりに裏高尾から景信山に登り小仏峠を超えて城山へ行った。
天気は薄曇りだったが城山に着いたら晴れてきた。
最初の登り始めはキツイ。いつもの事だが慣れない。
段々とキツクなくなるがそれまで少しかかるが、我慢する。

土曜日なので人が大勢いた。
平日なら少ないだろうが、相変わらず株の取り引きを少ししているので最近は、土日だけしか山へ行けない。
車を置くのも苦労したが、何とかとめられた。
景信山も久しぶりだ。頂上の景色はガスっててあまり良くなかったが、開放感には浸れた。
15分ぐらい休み小仏峠に向かった。
すれ違う人が多くて狭い場所では気を使い疲れた。
城山までそのような状態が続き、あまり山の雰囲気を味わう事ができなかった。

城山には店があって、かき氷が人気らしく何人かが食べていた。
値段を見たら400円だったので、驚きあきらめてペットボトルに入れてきた水を飲んだ。
20分ほど休み、林道を歩いて車まで戻った。

4時間ぐらいかかったが、何とか歩けたので良かった。
最初は少し不安があったが、途中飴やチョコレートを食べなんとか歩けた。手術前は同じコースを3時間もかからず、何も食べなくても平気だったが、今は途中で何か食べないと歩けなくなってしまった。

しかし、歩けるだけで十分だ。
楽しむことができればそれでいい。

そして帰りにセブンイレブンで「プティ モンテリア スパークリング」というスパークリングワインを買って家に帰ってから飲んだ。
久しぶりにスパークリングワインが飲みたくなり、買ってしまった。
久しぶりのアルコールで頭がふらふらする。

ノンアルコールで同じような味のジュースができればいいと思った。
そしたらいつでも飲めるのに。

たった200ミリリットルでもうだめだ。
やっぱりアルコールは弱くなったな    残念

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

プレミアムフライデー

スポンサーリンク

無職だが、なぜか今日がプレミアムフライデーだと気が付いた。
全く関係のない事なんだが
やっぱり世間が気になる。ほぼ毎日を部屋で過ごしているから余計に世間の事が気になってしょうがない。
みんな働いている人は、プレミアムフライデーをひそかに楽しんでいるのではと考えてしまう。

実際、ニュースなどで楽しんでいる人を見ているので、いいなと思う。
でもみんな働いているから楽しめるんだな!
少し疎外感を感じた。

でも無職も3か月を超えるとやめられない。
働くことが億劫に思えてくる。
ダメ人間の誕生だ。

昔会社を辞める時、「やめたらやることがないからまた働きたくなるよ」と言われた。
確かに暇を感じることもあるが、やることややりたいことは常にある。
だから、また人に雇われて嫌な思いまでして働きたくない。

別に生活に困っているわけではないのだから、ある程度の貯金を持っていてそれを少しずつ増やせているのだから問題ない。
今は国と市と社会に感謝している。
ああ、それと忘れてはいけないのは働いている方々のおかげなのだ。

こんなダメ人間だけどこれからもよろしくお願いします。



あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

病院から病院へ

スポンサーリンク

朝6時半に家を出て病院へ向かった。
車で40分ぐらいかかる。自分が半年に一回精密検査に行く病院だ。
父は昨年、肺炎と脳梗塞を併発して入院した。
3週間で退院して今は前と変わらない生活をしている。脳梗塞も軽かったのでどこにも障害がなかったから良かった。
今は薬をもらいに3か月ごとに連れて行っている。

終わったのが10時半だったので3時間かかった。
それから買い物をすまし、今度は家の近くの診療所へ母親を連れていく。
母は血圧が高いので降圧剤を毎月貰っている。
家に帰れたのがちょうど12時だった。

病院通いはほんとに大変だ。
待ち時間が嫌だ。やることもなくずっと座っているだけ
前は本をもって行って読んでいたが、最近は老眼もあり字が読みづらくなりやめた。
なんとかならないだろうか?
考えよう。

今日は疲れたのでゆっくり休むことにする。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村





スポンサーリンク

人身事故

スポンサーリンク

今朝も中央線で人身事故があった。
最近ほんとに多くなってきているようだ。
中央線で通勤していた時、何回か人身事故で電車が止まり大変な思いをしたことを思い出す。

原因は様々なのだろう。
自分も何回かホームから線路に引き込まれそうになったことがある。
いづれも仕事の事だったが、あまりいい話ではないので思い出したくもない。

その時は誰にも相談することができなかった。
心理的には自分の狭い世界で苦しんでいたような気がする。
食欲もなくなり朝が来るのがつらかった。

あの時、どうしたかというと自分は会社をやめた。
逃げてしまう事に気が付いた。
それまでは逃げる事すら思いが及ばなかった。責任感とかプライドがそうさせていたのかもしれない。

逃げることはいいことだと思う。。
降りかかってくる災難を避けるためだからいい事なのだ。
それ以来、何かする時は必ず逃げることも考えて行動している。
非常口を用意しておくのだ。

そうすると気が楽になり、仕事に行くのも少しは楽になる。
いつ辞めてもいいと思えるからだ。
しかし、その後の事を考えて少しは貯金をしておいた方が良い。
お金があるのとないのとでは、まさに天国と地獄だ。

お金さえあれば生きていける。
自分の好きなようにできる。
別に大金を貯める必要はない。まあ無理だが。
半年ぐらい生活できる資金は欲しい。そうすれば無職になって失業給付をもらえるまでの3か月間を乗り越えられる。

そして失業給付をもらっている間に新しい職場を探せばいい。
自分が我慢できる範囲の職場を
ダメなら他を探せばいいだけの事だ。この世の中は要領がよくなければ生き残れない。
人間も所詮生き物、生を全うすることに命を懸けるべきだ。

自分はそう思っているので、体に障害を抱えていても精一杯生きることに全力を注いでいる。



あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村





スポンサーリンク

テレビ台を換えた

スポンサーリンク

今日は今までのテレビ台が大きすぎるので2階にあった40型用のテレビ台と換えた。
横の長さは今までの物より両サイドが5センチぐらい短くなるんで、部屋の角にはちょうど良かった。

色もテレビと同じで黒なのでぴったりだ。
今までのテレビ台は白だったので少しあっていなかった。

部屋は8畳なのでそんなに広くはないが、角にぴったり合わせれば意外とすっきりまとまる。
見る角度も良くなり、両親も大喜びだった。
ほんとに年寄りは大したことでもないことに、大げさに喜ぶ。

まあいいか。
でもお気に入りの時代劇が最近ほとんどないことが不満でそのことについては文句が多い。
「時代劇は制作費がかかるから、少なくなったんだよ」と言うと「BSではよくやっている」と言い返された。
「じゃあ、BS放送が見えるようにしようか?」というと「金がかかるのはまっぴらごめんだ」とのこと。
昭和一桁生まれはケチだ。
びた一文ムダ金は使わない。

自分も同じようになってしまった。
いまだにガラケーだ。
今度はスマホに変えようと思ったが、月の料金が5000円ぐらいかかると聞いて諦めた。
だって障害者割引で今は一月300円で使えているからもったいない。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

新しいテレビが届いた

スポンサーリンク

早い。もう一週間が過ぎたんだ。
昨日の夕方、配送センターから電話があった。
今朝9時にテレビが届いた。
4トントラックで二人で来た。

さっそくテレビを設置してつけてみた。
きれいだ。それに音がいい。
前のテレビはなんかラジオの音声の様だったから尚更よく聞こえる。
映りもいい。4K放送ではないが、画像が前よりもきれいだ。
両親も気に入って喜んでいた。

配送員は30代から40代ぐらいだった。
二人とも愛想がよく丁寧に設置してくれた。大満足だ。
これから10ナン件か配達があるのでとすぐに帰って行った。

家電の配送は大変だ。お客によっては説明を求めてくる老人などがいて配送が滞ってしまい、よくクレームが来たことを思い出す。
そのたびに配送センターへ電話して、クレームを入れてきたお客の配送を早めるように要求するのだ。
彼らは風のように去っていった。
それでなければ配送が終わらない。

帰り際に缶コーヒーを渡して、事故に気を付けてと言ったら二人して笑顔を返してくれた。

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

9月

スポンサーリンク

九月ももうすぐ終わる。
ラジオを聞いていたら、今年もあと100日だと言っていた。

本当に月日が経つのが早い。
この間、今年も半分が過ぎたなんて言っていたのに。

別に目標なんてないが、なぜか何かしないといけないように感じるのはなぜか?
毎年の事だが。
本当に何かしなければいけないのか?
疑問を感じる。

今日もだらだらと過ごしてしまった。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

エイリアン

スポンサーリンク

昨日今日と引きこもって、映画を探しては見ていた。
今日は先日テレビで放映していた「エイリアン」を録画していたのでそれを見た。

それを見ていたら、初めのところで「プロメテウス」でも出ていた、異星人の宇宙船が出てきて驚いた。
Cの形をした宇宙船だ。

「プロメテウス」を見た時は、斬新な形の宇宙船でびっくりしたが、なんとその宇宙船は「エイリアン」で使われていたんだとまたびっくりした。

「エイリアン」を作ったリドリー・スコット監督はシリーズ化を既に考えていたのだろうか?
最新の「エイリアン」がまた放映されるが、第一作目から四十年近くにもなる。
これまた驚きだ。

一つの映画で四十年近くシリーズ化をするとは凄い。
自分はこの映画が好きなので大変ありがたい。

欲を言えば「プレデター」もまた続編を作ってもらいたいのだが
期待しよう。

そういえばカートラッセル主演の「エスケープ フロム NY」だったかな、それもまた続編が見たくなった。
なんといってもあの片目のスネーク プリスキンがかっこよかった。
是非、年をとったスネーク プリスキンも見てみたくなった。

また見れる日を楽しみに待とう。

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

家電量販店

スポンサーリンク

今日はさっそく両親にせがまれ、テレビを買いに車で出かけた。
車で1時間ぐらいの東京郊外のヤマダ電機だ。
普段はノジマ電機が近くだったのでそこで買っていたが、新しくできた電気屋がいいと言われてヤマダ電機に行った。

両親とも新しいテレビを買うのが楽しみなのか、車の中で大はしゃぎだった。
自分はあまり電気屋が好きではない。
手術をするまで某家電量販店で働いていて嫌な思いをさんざんしたからだ。

それにもともと電気製品に興味がない。
他でどこも雇ってもらえなかったから仕方なくそこで働いていただけだ。

買う機種はチラシである程度決めてはいたが、実物を見ると他の機種も気になった。
最初はシャープのLC-45US40かパナソニックのTH-43EX600にするつもりだった。
今までは50インチだったが部屋には大きすぎるのでワンサイズ小さいテレビを買う予定だった。

しかし、展示場で45型の隣に50型が並んでいてあまりにも45型が小さく見えて考えが変わった。
両親はやっぱり50型が気に入ったようだ。
店員さんも今まで50型を見ていてはサイズを小さくすると後悔するとアドバイスしてくれた。

そして決めたのがシャープのLC-50US45だ。
スペックなど何も知らない。ただ他に比べて画像がきれいだった。
さすが4Kだと親父は言っていたが、4K放送はされていないからそれは違うと教えてあげたかったが説明がめんどくさいのでやめた。

値段も店員さんが頑張ってくれた。
今まで家電量販店で働いていて嫌なことの一つに値段交渉があった。
しつこい客は2時間でも平気で値引きを交渉してくる。本当にうざかったし疲れた。
それにテレビの説明も几帳面に調べてきて、説明のあらさがしをしてくる客もいた。たいていそういう客は買わない。

値段もどのくらいになるかを聞き言い値で買った。
リサイクル費用込みで全部で15万円前半(税込)だった。
帰宅して一応調べたら、ネット価格では166500円(税込)もしていた。
それとネットで検索していたら、いろいろと店を回ってしつこく交渉した人が昨日ビックカメラで15万8千円(税込)だったと豪語していた。
それに比べても今日の価格は安すぎた。テレビだけなら15万(税込)を切っている。

あの店員さんかなり頑張ってくれたんだと思った。
最初からいい接客をしてくれて、こっちも親しく話したのが良かったのかな。
自分も働いていた時は、感じが良くて値段交渉も言わないお客には自分から最安値を出してあげていたからね。
たぶんあの店員さんも同じ事をしたんだろう。

帰りも店員さんにありがとうと言って頭をさげたら、喜んでくれていた。
今日はいい買い物ができた。

帰りの車の中で両親がはしゃぎ喜んでいた。
テレビが届くのが来週の月曜日だから、それまでは26型を見るんだよと言ったら静かになった。

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

破壊

スポンサーリンク

今朝からずっと雨が降っていて家に引きこもっていた。
何もやる気が起きない。
テレビとネット三昧だった。

ブログも書く気が起きなかった。
午後二階の部屋でダラダラしていた。

ドンっとすごい音が一階から聞こえた。
もしや高齢の父か母のどちらかが倒れたのか?
父は87歳、母は84歳だ。いつ倒れてもおかしくない。
急いで一階に降りた。

居間のドアを開けると母が呆然と立っていた。
父がいない!
父が倒れたのか!
そう思い母に
親父は?と聞くと外だと答えた。
父は外ですだれを物置に入れていた。

では何の音だと聞くと、
これだと指をさした。
そこには台から倒れて畳に落ちているテレビがあった。
2年前に買った50型のテレビだ。

両親はその大きさと画質の良さがいいと言って喜んで見ていたテレビだ。
それが無残にも液晶画面が割れてしまっていた。
テレビは残念だが両親とも何もなくてよかった。

どうしたのか聞いたところ、二人で2メートルのすだれのかたずけをしていてすだれを外の父に渡そうとしてテレビに当たってしまったそうだ。
年寄りには2メートル幅のすだれが重かったためよろけてしまったそうだ。

仕方がない。
とりあえず重い物や高い場所での作業の時は呼ぶように言い、テレビをかたずけた。

壊れたテレビを部屋の隅に移動して、2階にあった26型の小さいテレビをセットした。
小さいな!
両親が口をそろえて文句を言う。

自分たちが壊したから我慢しな!と言って自分は2階へ上がった。
1階から何やらひそひそ声が聞こえた。
どうも、また大型テレビを買う相談をしているようだ。

今度は4Kだ!とか聞こえた。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村



スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR