FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

2017年10月の記事

灰色の雲が思い出を連れてくる

予報では晴れだったと思うが?
空一面灰色だ。

こんな日は心も暗くなる。ましてお昼のニュースで自殺サイト関連の事件を伝えていたから尚更だ。
ニュースでは座間市で9人の死体を発見して犯人逮捕を伝えていた。その一人が自殺サイトで犯人と連絡を取っていたとの事だ。

自殺というワードから一昨年自殺した同級生を思い出した。
彼は結婚して実家に住んでいた。

中学の時はたまに話をした。たわいのない話だったが楽しかった。彼は金持ちの家の一人っ子だったが、嫌味なところがなくていい奴だった。

中学を卒業して別々の高校へ進んでからは、たまに電車で見かけると近況などの話はしたが数えるぐらいしかなかった。
高校を卒業すると全く見かけることもなくなり、忘れていた。

そして一昨年自殺した。
それを始めて聞いた時は、ショックだった。いい奴だったので尚更心に響いた。

自殺の理由はわからない。今更わかってもどうしようもない。

ただ昔の記憶だけが蘇る。彼は暑がりで学ランの詰襟のホックをいつも外していた。笑うと片側にえくぼがあらわれた。

彼が自殺をした当時、自分は手術を終え自宅療養中だった。いつ死が迫ってくるかといつも怯えていた。
まさか自分よりも先に逝ってしまうとは・・・・・・彼の冥福を祈ることしかできない。



ため息は思い出を連れてくる 呟きは後悔を誘う 沈黙は目を潤ませる














☆彡    

遠い過去が吹きぬける

いつも通りに、9時になるとパソコン画面を睨む。

見つめると書くより睨むと書いた方が、今日の株価には合っている。
かなり下がってしまっている。
日経平均もマイナス150円を超えている。

がっかりだ。また、窓から外の景色を見て気持ちを静めた。

落ち着かない。息苦しくなり窓を開け、空を見る。
今日は薄暗い曇り空。
北からの風が左ほほをたたいた。

ふと、手術前の記憶が蘇った。辛くて悲しい記憶。
頭を振って思い出さないようにした。

あの時と同じ季節、そして同じような風の冷たさが記憶をよみがえらしたようだ。



北風の吹く先には、辛くて悲しい過去の記憶の海が広がっているのだろうか?



暗い文章になってしまった。曇り空と寒い日にいい記憶がないからこうなってしまう。

本当は面白くて楽しい話を書きたいと思っています。
すみません。



  鼻をすすってもひとり

尾崎放哉先生の句も大好きです。またパクってしまいました。










☆彡    

土日 雨 鬱

いつも通り朝5時に目覚めた。相変わらずサラリーマン時代の習慣の呪縛から逃れられない。
雨の音が聞こえていた。

7時に朝飯を食べ、いつもなら晴れていればどこかの低山ハイクへ行くところだ。調子が悪ければ散歩だが。
しかし、雨だ。降り方も激しい。
やめた。

テレビを横目にパソコンの電源を入れた。
やることがない。だからブログを書いている。
ブログを始めてよかったことは、暇をつぶせること。ただし書くことの大変さを思い知った。
早くもダメになりそうだ。

話は戻るが、働いていた時は土日に晴れると憂鬱だったことを思い出す。当時は営業職だったので一日中、車で走り回り会社に戻るのも18時を過ぎていた。早く戻ると怒られた。そんなこともあり土日はせめて家でゴロゴロしたかった。
しかし、なぜか晴れた土日に家にいると罪悪感を感じた。出かけなければ非国民だと後ろ指をさされるような感じがしていた。
だからたまに土日が雨だとホッとした。出かけなくても許されるような気がしたからだ。

しかし無職の今は逆だ。平日、近所の人に見つからないように引きこもっているので、せめて土日ぐらいは外へ出かけたい。
なんか変だな?
働いていた時は奴隷だ、社畜だと思っていたのに、無職になった今は近所や世間の奴隷になった気分だ。


いや待てよ!奴隷なんかじゃないはずだ!
勝手に自分が思っているだけだ。奴隷かどうかは自分の考え方一つだ。人の目を気にしすぎてそう感じているだけだ。
そうだよ!他人に左右されてどうする。自由を感じなければ無職に未来はない。

無職に未来があるかどうかはわからないが

とにかく自由や幸せは自分の心が決めるものだ!
今更ながら、50を超えたおじさんが改めて感じました。みんなこんなことは10代や20代で解る事でしょうが。




雨の日に 自由を感じる 無職が一人お茶をすする

山頭火せんせ~~~( ;∀;)

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡    

土曜日のお散歩

また週末に台風か。先週も土日に台風で近場を少し歩いただけだったのに。
今日こそは久々に低山ハイクでもしようかなと張り切っていたのに、雨が降る予報になっていた。

体調次第だが、今日は久しぶりに調子が良かったので残念だ。一応毎週土日のどちらかは低山を登ろうと思っているが、その日の体調次第では散歩に切り替えたりしている。

でも雨の予報は午後からなので、車で少し行ったところにある林道を散歩することにした。そこなら人家も少ないので人に会う事もないはずだ。
善は急げだ!
8時前にさっそく車を飛ばして、林道へ行った。

やはり林道はいい、木々の香りや静かに聞こえてくる川の流れの音、ひんやりとした空気、最高だ。
その林道は約1時間で一周できるから散歩には最適だ。平日なら定年を過ぎた人たちがウォーキングに使っている。
土日は登山客が多いが、今日の様に天気が悪ければ人はほとんど通らない。

背伸びをしたり、両肩を回しながらリラックスして歩いた。「この素晴らしい世界を独り占めだ」なんて思いながら散歩を楽しんだ。
気分も最高で「風をあつめて」の曲が頭の中に流れてきた。そして曲がり角を曲がると直線の道があるが、ふと見ると一人のおじさんがこっちに向かって歩いてきている。

緊張が走った。普段なら何人かの人とすれ違い、お互い軽く挨拶するのが当たり前でなんとも思わないが、今日は40分間誰にもあわず、自分だけの道だと思っていたから余計に緊張する。
どうする!
まっすぐな道だから自然と真正面のおじさんと目が合ってしまう。気まずい。よそ見をするのも不自然だ。
おじさんとの距離は約50メートル。
挨拶するのは早い。こういう時、近づくまでが非常に気まずい。時間が長く感じる。

それに挨拶は、頭を下げるだけにしようか、いや「おはようございます」と声をかけよう、いや無視をして黙って通り過ぎようか、どうしたらいいんだ。距離にしてまだ30メートルいや40メートルはある。
今相手にわかるように頭を先に下げるべきか。いやまだ早すぎる10メートルぐらいに近づいてからだ!
じゃあ、それまではどうすればいいんだ。相手はもうこっちの存在に気が付いているはず。
焦る!
そうだ!下を向いて10メートルに迫るまでじっと我慢だ。

いや待てよ!それではあのおじさんが先に会釈してきたら気づかないではないか?
どうしようと思っていたらおじさんのほうから「おはようございます」とニコニコして挨拶してきた。
その時点でおじさんとの距離は約30メートル。

やられた。下を向いていた自分におじさんは声で挨拶してきたのだ!
「あっ!おはようございます」
驚いたように挨拶をしてしまった。おじさんはニコニコしながら脇を通り過ぎて行った。

考えすぎだ。自意識過剰の認識不足だ。
普段、引きこもっているから人に会うと緊張してしまうのか?
全く厄介な精神状態になってしまったな!




残念な無職が一人 林道の上の空を仰いだよ

山頭火先生のような句が好きです。

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村





☆彡    

暖かい秋の日に

朝方は寒かったがお昼頃から暖かくなった。
今日こそは散歩でもして運動不足の解消をしようと思ったが、昨日の事もあり、また人に会うかもしれないのでやめた。

別に悪いことをしているわけではないから、好きに出歩けばよいのだが、どうも気が進まない。
また誰かと会ってしまったら「あそこの息子は、いい歳をして平日真昼間にぶらぶらしているわよ。や~~ね」などと言われかねない。
それに警察などに不審者だと言って通報されるかもしれない。
いけない。また妄想が先走ってしまった。
とにかく無職は生きづらい世の中だ。

しかしあまりにもいい天気なので外への誘惑に負け、またベランダに出てみたくなった。
今度は誰にも見つからないように、窓から少し頭を出して周りの様子を伺った。
「よし誰もいない!」
小さな声で「クリア」と呟いた。これは先日映画でみたSWATが使っていた言葉だ。敵のアジトに乗り込んだ時などに、一部屋づつ敵がいるか確認していないときに「クリア」と言っていたのを真似した。

そっとベランダに出て日光浴をした。しかし、しゃがんだままだ。立ってなどいられない。いつまた敵、いや近所の人に見つかるかもしれないからだ。
ゴルゴ13に狙われているターゲットはこんな気持ちなのかな?などとくだらない事を思いながら短い日向ぼっこを楽しんだ。

まあ、無職の楽しみなんてこんなものでいいや。
一日でSWATやゴルゴ13に狙われているターゲットを演じることもできたし、いい一日だった。

そう自分を慰めながら、今日も夕日が沈むのを見ていた。



あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村


☆彡    

妄想する無職

良く晴れた。久しぶりに気持ちがいい。洗濯物を干した。
後はまた9時からパソコンの前に張り付いた。
持っていた株は今日も順調に下がり、ついに先週分の儲けが2万円をきった。本来ならせっかく儲けた分を台無しにするような話は書かないが、戒めのために書くことにした。

先週90万まで利益が増え喜んだのもつかの間、あっという間に下がって2万円となった。それでも我慢して上がるのを信じていたらついに1万円を割り処分した。
こんなことはしょっちゅうだから気にしない。

ウソです。

非常に頭にきた。なんで上がった時に利益確定しなかったのか?
なんで下がり始めた時に売らなかったのか?
いつも毎回同じ事を繰り返してしまう。どうしようもない。やめちまえ!と自分に言い聞かす。
しかし暇な無職はまた株に手を出す。
後は無限ループ。

気分転換に狭いベランダに出て背伸びをした。そしたら近所のおじさんに見られた。軽く頭を下げ、すぐに部屋に引きこもった。
まずい見られてしまった。お昼時に近所のおじさんに見つかるとは、不覚だ。
そのおじさんは定年になって、今は奥さんと住んでいる。

まずい帰ってから私の話をするだろうな。
おじさんは奥さんに「真昼間にあそこの息子はベランダで何かやっていたぞ」
それに対し奥さんが「確かあそこの息子はいい年をしてまだ結婚もしないで親の世話になっているのよ。や~ね!キモイわね!」とか返し、またおじさんが「そうか、どうしようもない息子だな。うちの息子がああならなくて良かったな」
「そうよ、あんなのと同じだったら私生きていけないわよ」
「それもそうだな」「あはははは~」
などと会話が弾んでいるのではないかと妄想してしまった。

仕方がない何を言われてもその通りなのだから言い訳のしようがない。でも「そっちがそのような態度ならこっちだって考えがある」
などと勝手に思ったが、別に考えなどもないし、そもそもそんな事はこっちの勝手な妄想だったので、冷静さを取り戻し忘れることにした。

最近、被害妄想がひどくなってきたな!
気を付けよう!


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡    

近所で家を壊していた

久しぶりに晴れたので、散歩をした。何日ぶりだろうか?
ここのところ土日は雨だったので、登山もできず散歩に行くのもやめていた。

今日は近所を散歩したのだが、歩いているとカシャカシャと音が聞こえたので見に行くと、家を解体していた。
家に戻りおふくろに聞いたところ、築30年になって雨漏りもひどくなり建て替えるとの事だ。
住んでいたのは30代の夫婦で子供も3人いる。

家はおばあさんが住んでいたものをもらったそうだ。
それが古くなり建て替えるそうだ。

うちだってそろそろ建て替えか?と思ったが、親父はうちの家はしっかりしているから大丈夫と言っていた。
しかし自分の部屋の天井に雨が落ちたと言ったら、一言言った。
「ガマンだ」
それで話は終わった。

無職で食べさせてもらっている身では何も文句の言いようがない。
それに建て替えの費用なんてない。

若い夫婦はローンを組んで頑張って払いきると言っていたそうだが、旦那は結構転職をしている人で非正規みたいだ。
奥さんもパートをしていて二人で頑張っている。

そんな話を聞き、また自分の不甲斐なさに嫌気がさした。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡    

丑三つ時に屋根裏から

台風が通過するのにともない、市のほうから避難勧告が出された。
消防車もその連絡で走り回っていた。

どうしたものかとよその家を見たが、誰も避難する様子がなかったので一安心して寝た。
そして、屋根裏からの音で目が覚めた。
「ポン ポツン ・・・・・・・・・」
時計を見たら2時過ぎだ。丑三つ時
大雨で屋根から雨が侵入して、自分が寝ている真上の天井にしずくが垂れているようだ。
流石に何もできないので朝まで我慢して寝てしまおうとした。
しかし、ますますしずくが垂れる音の間隔が短くなってきたので仕方なく起きた。

そして意を決して天井裏によじ登って何かしずくを受け止めるものを置くことにした。
大変な作業だ。しかも真夜中2時だ。
脚立を持ち出してふすまを開けて、その上にあるベニヤ板をどけて天井に上がった。
懐中電灯で照らしながら屋根裏をのぞき込むのだが、薄気味が悪い。
何かお化けが出そうな雰囲気だ。怖気づいたので声を出した。「まいったな~こんな夜中に」とか咳ばらいをしながら屋根裏を見た。

何とか洗面器を置いて一安心した。これで朝まで大丈夫だ。
そう思って屋根裏から降りたら、もう雨がやんでいた。
おっかなびっくりしながら作業をしていたので、1時間近くかかってしまい雨がやんでしまったのだ。

がっかりしたが、また降るかもしれないのでと自分を慰めた。
結局、朝まで眠れず選挙放送を見ていた。

今ごろ眠気が出てきたようだ。今夜は早めに寝ることにしよう。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡    

得体の知れない不安

嫌な夢を見た。
最近嫌な夢を見ることが多くなった。
高校受験の試験日に寝坊して焦っている夢や、仕事で納品日の手配がされてなくて慌てて手配する夢などだ。

いずれも焦ったり、嫌な思いをする夢をよく見る。
働いていた時にはこんな夢は見なかったと思う。

無職になってからよく見るようになった。
気が楽になったのに少し暇を持て余すようになってからだ。

少し前に「洞窟おじさん」というドラマを見たが、その中でおじさんは「洞窟で寝ていた時は、嫌な夢など見なかったのに布団で寝るようになったら嫌な夢をよく見るようになった」と言っていた。
「洞窟おじさん」は、中学生の頃家出をして40年ぐらい洞窟で暮らしていた人の物語だ。
洞窟で暮らしていた時は、毎日食料を確保することで精一杯だったそうだ。
それが、おまわりさんに捕まりどこかの施設で暮らすようになって、衣食住の心配もなくなり満足していたのに、嫌な夢をよく見るようになってしまったそうだ。

これは自分が嫌な夢を見てしまう心理状態と似ているのではないかと思った。
毎日、仕事でのストレスを抱えていた自分と食料の確保で日々不安を感じていた洞窟おじさん、ともに安定して不安が解消されたとたんに、今度は嫌な夢を見てしまう。

人間はある程度のストレスがないといけないのかな?と思ってしまった。




今日も雨だったので、近くを1時間ぐらい散歩をした。
帰ってきたらズボンも上着も雨でぬれてしまった。



明日も台風の影響で雨なのだろう。
たまには山へ行きたいな!



あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡    

冬のような寒さ

朝起きるとまずトイレに行くのだが、今朝は格別寒かった。
まだ10月なのにこんなに寒いなんて、真冬はどうなるんだろう?

外は雨だ。また憂鬱になった。
今日も引きこもった。

やることは別になかったので、いつものように株を見ていた。
先日株を処分したので何も持っていなかったが、見ているうちにまた手が出てしまった。
またやってしまった。
買ったとたんに下がりだした。
なんでいつもこうなのか?買うと下がり、売ると上がる。

誰かが自分の打つ手を見ているかのようだ。不思議だ。
仕方なくそのまま我慢した、すぐ上がるから大丈夫だ と自分に言い聞かせながら、しかし上がらなかった。

結局、マイナス10万円。
がっかりしたが、気持ちを落ち着かせた。
明日があるさと。

夕方さらに気温が下がったのか一段と寒くなった。
懐具合もまた寒くなってしまった。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

☆彡