炬燵の中より

スポンサーリンク

寒いので朝から炬燵に入っている。いつも通りすることもなく株価を眺めている。
持っていた株は月曜日から下がり始めている。

先週は儲けたのに、あっという間に儲けが飛んでいく。それでもまた上がると思い込みじっと見ていた。
しかしもう先週の儲けのほとんどが溶けていく。
いつもこんなものだ。
全くセンスがない。
しかし、することがないから株に手が出てしまい損をする。

は~~とため息が出てくる。
いやになる。

わずかななぐさめは、炬燵だけだ。
炬燵があるから生きていけるような気がしてきた。
気晴らしに窓から外を眺めたら遠くの山々がわずかに色づき始めたようだ。

日々変わっていく季節を感じたら、またおいてけぼりをくったように感じて、急いで炬燵にもぐりこんだ。



あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR