FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

2017年12月の記事

隣の部屋で、来年の主役のような物達が何か話をしていた


ごろごろしていたら、隣の部屋から何やらひそひそ声がした。
そっと覗いたら、いつも私と一緒にいる「クー」が何やら悩んでいた。



「もう今年も終わるのか...ぼくのご主人様は結局今年も株取引ばかりしていて、お金を儲けるどころか損ばかりしていたな。休みの日は、いつもゴロゴロしているし。ボクはそんなご主人様といつも一緒にいるから、ぼくまでダメ犬になってしまったな」

私はクーがそんな事を思っていたことに驚いた。
いつも静かに傍にいて、優しく見守ってくれているものとばかり思っていたのに!

「今年だけではないよ。去年だって一昨年だっておんなじさ。全く進歩がないんだよね。株ばかりやってさ、損しまくっているんだから。欲の塊だから無理なんだよ。世の中そんなに甘くはないのさ。何年人間やっているんだか。もういい加減分かってもいいと思うんだよな!」

「何、愚痴ってるんだよ」
横から「シロ」がやって来た。
IMG_1390_convert_20171231135125.jpg

「やあ、シロか、久しぶりだな。元気だったか?」

「まあな。誰にも仕えていなかったから退屈だったよ。オレもお前のご主人様の様にダラダラゴロゴロしていたよ」

「お前は犬のような物だから、それでもいいんだよ。でもご主人様は人間だよ。お前と一緒じゃ困るんだ」

「そうか?ダラダラゴロゴロじゃダメなのかい?でもよ!お前は、ただ黙って仕えていればいいんじゃないのかい?」

「まあそうだけど、御主人様にはしっかりしてもらいたいんだ。仕えている身にもなってもらいたいよ」

「何かあったのか?話して見なよ」

「それがひどいんだよ。株で損するといつも僕にあたるんだ。それも毎日のようにね。もうボロボロになりそうだよ」

「何をされたんだよ?」

「株で損をすると、掴んで投げつけるのさ。壁にね」

「それはひどいな。動物のような物虐待だな!」

「なんか面倒くさい言い方だけど。本当にそうだよね」

「お前のご主人様は、バカじゃないのか!」

「ボクも最近そう思い始めたよ。こいつバカじゃないかって」

「クーよ。もっと優秀なご主人に仕えることができればよかったのにな。お前は不運だったな。しょうがないよ諦めるしかないな」

「諦めるしかないよな。ボクらは、ご主人を選べないからね。いくらダメ主人でも仕えなければならないんだから、せめて見守ることだけは、しっかり務めさせてもらうよ」

「そうだよ。オレなんて誰も仕えさせてもくれないんだからよ。いくらダメ主人といえども使ってくれるだけでもありがたく思わなくちゃな」

「分かったよ。シロ。いくらダメでも何とか仕えてみるよ。ダメだっていいさ、ダメで元々さ、人間にもダメな奴がいることが分かったよ。それだけでも勉強になったからね」

「こいつら、人をダメ人間扱いしやがって」と頭にきたが、よく考えればその通りなのだから何も否定はできなかった。
この犬のような物たちの言う通りなのだから。
私は、つくづくダメな奴なんだなと再確認できた。

「なんだ、なんだ。にぎやかだな。何があったんだ?」
今度はまたほかの仲間たちがやって来た。

IMG_1392_convert_20171231135310.jpg

上に乗っているのが「ブラ」で左のが「クロ」だ。

「ああ、クーがダメ主人の事で悩んでいたから、相談にのっていたところだよ」

「あいつの事か?あれはダメだよ。最悪だな。不運だったなクーよ」
クロが言った。

「あの野郎!ぶち壊してやる」と私は思った。

「可哀そうなクー。あんな奴めったにいないよな。よりによってクー、お前が仕えているとはな。ボクでなくて良かったよ」
今度はブラだ。

「ブラの奴も切り刻んでやろうか」とまた私は思った。

しかし今日は大晦日だ。許してやる。恩赦だ。
それに来年は戌年だ。
「お前ら、運が良かったな」

「しかしよ、お前のご主人さ、今日は来年に向けて何か新しい事でも探そうとか言ってなかったっけ?」
クロがクーに聞いた。

「ああなんか言ってたな。でもお昼からずっと炬燵にもぐって寝ているんだ。何も考えてなんかいないよ」

「本当にバカだな!」
ブラがそう言うと笑いだした。

それに続いてクロが、「バカだけじゃないぞ!その前にダメもつくぞ!」
そう言うとげらげら笑いだした。

それにつられてみんな一斉に笑い出した。
「ダメ人間だ、バカ人間だ。ダメバカ人間。ダメバカ人間。ガハハハハハ...」
みんなが声を合わせて笑いながら、合唱しだした。

私はドアの隙間から怒りを抑えてじっと見ていたが、そいつらの言う通り何も考えていなかったので、何も言えない。
手には鈍く光るハサミを握っていたが、何とかそれをポケットへ入れることができて、ホッとした。

奴らはいつまでも楽しそうに笑っていやがった!





今年は、このようなくだらないブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。
来年も頑張りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

皆様に、良い年が来ますように!良い一年になりますように!
そして私にも、良い年が来ますように!良い一年になりますように!

来年もよろしくお願いします。
お体にお気を付けて、良い年をお迎えください。
それでは、また来年!







☆彡    

大晦日を迎えて思う事


今年も今日で最後。
2017年はどうだったのだろうか?

毎年大晦日になると、何かやり残したような感じがしてしまう。
別にやり残したことなどないはずなのに。
今年はどんな事があったか振り返ってみた。

2月
天気の良い日は、平日でも散歩をするようにした。
今までは、近所の目を気にしてできなかったが、そんな事を考えない様にしたら楽に外へ出かけられるようになった。
人の目を気にしすぎであることが分かった。
自分は自分、人は人。
人が何を思おうが言おうが、そんなことは気にしてはいけない。所詮他人なのだから。
そんな他人の事で左右されてしまうのはバカバカしい。
それに、そんなに自分の事に関心がある人なんていない。
自分が勝手に人の目を気にしすぎているだけの事だ。
被害妄想も甚だしい。
やっと気が付いた自分も愚かだなと思った。

3月
近くの工場でアルバイトを始めた。
仕事はノルマが厳しくてまいったが、地道な手作業なので私には向いていた。
嫌な人間関係がないだけよかったが、それも5月いっぱいで契約解除となった。
業績不振のためのリストラだ。仕方ない。

そして3月10日は第2の誕生日だ。3年前の3月10日に手術をした。
その時に、3時間ほど心臓を止めての手術だったので、また動き始めた心臓に感謝して第2誕生日とした。何事もなく3年も生かしてもらっている事への感謝だ。
心臓が拍動するたびに、かすかに聞こえてくる機械弁の開閉音。
それを聞くと、改めて生かされている事への感謝の気持ちが沸き起こる。
これからも共に生きていくのだから、あまり無茶なことは慎もうと思う。

5月
ブログを書き始めた。
今まではノートに書いていたが、パソコンでたまに見ていた人のブログが面白くて、自分でも書きたくなってしまった。
そんなに毎日書くことがあるのかと思っていたが、書き始めると意外と出てくる。
くだらない事や日々の出来事なども探さなくても見つかった。
飽きっぽい私でも始めてから毎日書いている。
新しい自分を発見できてうれしい。

そして後半
新車を買った。
今まで乗っていた、スバル プレオ RSリミテッドⅡ を下取してもらいダイハツ ムーヴカスタムを買った。
15年乗った車だったので、少し寂しい別れとなったが、新しい車の性能や乗り味が良かったので、満足している。
しかし遠くへは乗っていない。近くの買い物や病院通いで使っているだけだ。
来年は少し遠くの方へドライブでもしてみようと思っている。

そして株
5月まではまったく株取引をしていなかった。
しかし、また始めてしまった。
仕事をしなくなり平日が暇になってしまったため、つい手を出してしまった。
結局、20万円も溶かしてしまった。やらなければ良かったと後悔している。
来年は、絶対に株から手を引く。
これも来年の目標の一つだ。

そして今日
先週から掃除や片付け、障子の張替えなどをやっていたから、今日はゆっくりと過ごす。
することは散歩ぐらいかな。
でもあいにく天気は曇り空だ。今年の最期の日なのだから晴れてくれたらいいのに、そうは上手くはいかない。
だから朝からブログを書いている。

午後はまた気が向いたら、ブログでも書こうかと思っている。
テレビも面白そうな番組もない事だしね。
そうそう、来年やりたいことなども探して見よう。
今日はそういう日なのだから。

☆彡    

この掃除機はまだ使えるのか?


いつ買ったのか分かりません。
ネットで調べたのですが、出ていませんでした。

私の記憶が確かなら、もう20年以上は使っているはずだ。
紙パックも現在売っているものに対応しているので使い続けている。

それがこの掃除機だ。


見ての通り、きれいだ。
まだまだ使えそうだが、家電アドバイザーの資格を持つものとしては、20年以上も使っているものをこのまま使い続けていいものかどうかと悩む。

本来家電製品の使用年数はだいたいの物が10年だ。
使いすぎである。
ホースの部分もこの通り
IMG_1388_convert_20171230144834.jpg

穴が開いてしまい、テープで穴をふさいでいる。
それでも、電源を入れると威勢よくモーターも回りだし、吸引力も強いから気に入っている。

まあ、本当に動かなくなるか、熱をもって危なそうになったら使うのを諦めることにしよう。
火でも吹いたら大変だからな。

大掃除も午前中で何とか終わった。
今年もあと2日だ。
明日は今年の反省と来年にやりたい事なんかを考えようと思う。
静かに年末年始を迎えたい。

ダラダラでもいいし、ゴロゴロでもいい。
気楽に過ごそう!

それができれば、今年は良しとしようと思う。
何事もなく、気楽に年が越せることがありがたい。
手術から来年で4年になる。まさか4回も歳が越せるとは思わなかった。
今の様に平穏な毎日を送っていると、本当に生きていることがありがたく感じる。

来年も何事もない事を祈ることにしよう!


☆彡    

休みに入ったが...


今日から休みになったが、予定がない。
いつも通りに朝5時に目が覚めてしまった。

それから眠れずテレビを見ていた。
朝は通販番組が多くて面白くない。
そういえば昨日、「カイジの賞金獲得ゲーム」を少しだけ見たが、途中でなんかつまらなくなって寝てしまった。

やはりカイジはアニメの方がいい。
ストーリーができていた方が面白い。ゲームをただやっているだけでは、普通のゲーム番組と変わらない。

そしてやることがないので、掃除をした。
普段から掃除はしているので、普段やっていない場所を探して掃除機をかけた。
そういった所は狭かったり、高い場所が多いため普通の掃除機ではやりにくい。

そこで、これを使った。
IMG_1384_convert_20171229121306.jpg

こまめちゃんだ。
日立製でコンパクト軽量なので使いやすい。
名前がついていた。それが「こまめちゃん」。

かわいい名前なので、そのまま呼んでいる。
非常に使いやすいし吸い込む力も強力だ。
その名前にはそぐわないぐらいに音も大きい。

犬に例えるなら「チワワ」かな!
それも人が飼っているチワワといったところだ。
親戚でチワワを飼っているが、私が行くと必ず吠えまくりながら駆け寄ってきてとても狂暴そうなのだ。
その犬のイメージがあったので、チワワだと思ってしまった。

そのこまめちゃんとは、もう6年ぐらいの付き合いとなる。
確かデジカメを買ったときのポイントで買った。
ポイントが5000円分貯まっていたので、2000円を足して、7000円で買ってきた。

家には掃除機が2台あって、いずれも20年物だ。
私の部屋で使う掃除機はもうホースに穴も開いていたので、こまめちゃんを買う事にしたのだ。

非常に使いやすいから気に入っている。
大型の掃除機だとそれを取り出し準備することで嫌になってしまうが、こまめちゃんはいつも傍にいるので、手を伸ばしてコードを引っ張り出すだけで準備が終わる。
だからいつでも気が付いた時に使う事ができるから非常に便利である。

今日はこまめちゃんと一日一緒に仲良く掃除をすることにした。

☆彡    

最近、Yahooニュースで気になること


パソコンを立ち上げて、まず最初にYahooのページを見る。
いつも思うのだが、最近誰々が「熱愛中だ」、
「結婚しました」というニュースが多い。

おめでたい事なのだからニュースになるのも分かるが、誰も知らなそうなタレントや地方のアナウンサーまでも結婚したなどと言う事が、ニュースで取り上げられていることが多い。
それもトップニュースで、初めて聞く名前の人なので、全く分からないのだ。
コメントなどでも誰だか分からないとか、知らない人の結婚ニュースをトップに持ってくるのは、おかしいなどと書いてあった。

不思議というかおかしい気がする。
何か裏があるのではとゲスの私はつい考えてしまう。
テレビでも女性の芸人の活躍が目に付くようになってきているし、最近ではカップルの芸人まで出てきている。
男性の芸人でも結婚をするものも多くなってきているし、何か違和感を感じてしまう。
面白ければいいのだが、私は面白いとは思わないから、ついゲスな考えが浮かんでしまう。

現政権で、女性の活躍とか少子化対策とかを上げていたので、そういったことが多くなってきたのだろうか?
とも思ってしまう。
もしそうなら、いくらテレビやネットで結婚を煽っても、少子化は抑えられないことを分かってほしい。
今なぜ少子化になっているのかを。
皆、今の生活がギリギリなのだ。20代や30代の収入が少なすぎるから結婚して子供をもって生活することが不安なのだと思う。
仮に十分な収入があっても、いつリストラにあうか分からないし、ましてこれからはAI時代がやってくる。
益々将来が不安になってしまう。
だから結婚することを、ためらってしまうのではないかと思ってしまう。

私だって、人並みに結婚を考えていたが仕事が段々と先細りになっていったので、とてもじゃないが所帯を持とうなんて思わなくなってしまった。
結果的には、しなくて良かったと思う。もししていたら大変なことになっていたと思う。
会社は廃業してしまい、仕事はパートしかなく賃金も学生と一緒、これではとてもじゃないが生活できなかったはずだ。
それに大病までして、普通に仕事もできない。
改めて結婚しなくて良かったと思った。
注) 本当は、しなくてではなくて、出来なかっただけですので、残念な奴なのです。

少子化対策を考えるなら、まずは若い人たちから意見を聞いて、それに応じた対策をする方がいい。
今のまま煽りニュースを流すだけでは、問題は解決しないはずだ。

いや待てよ!
ひょっとしたら解決策は分かっていても出来ないから、仕方なく煽りニュースを流してしまうのかもしれないな!
いくら政治でも、民間企業には指導出来ないこともあるはずだ。
難しい問題かもしれないな。

それとYahooニュースでは、NHKの女性アナウンサーがどうしたこうしたなどと、話題をよくのせていて、まるで公共放送に媚を売っているようにも感じてしまうのだ。
それともう一つは、経済ニュースでも景気がいいとか失業率が改善した、有効求人倍率がバブル期を超えたなどと、いい話ばっかりがニュースになっているが、実際はほとんどの人が景気がいいとは思っていないので、その大勢の人に向けた形のニュースを流してもらいたい。
マスコミとしての役割を果たすのなら、マス(大衆)の方に目を向けたニュースであってほしいとも思う。

いくら景気がいいとか報道していても、消費は良くはならないと思う。
そういったニュースを聞けば聞くほど、皆冷めてしまう。
私はそう思っているのだが、世間はどうなのだろうか?



ちょっと待てよ!なんか偉そうなことを書いているな!
「お前ごときが何を偉そうに!」と思ってしまった。
「お前は何様だ!」 パートしかできない独身おやじが何を偉そうな事を書いているのだ。
「こんなことを言えるほど、お前は偉いのか?」
まずい、つい調子に乗ってしまったな!

あくまでも自分が感じたことなので、気にしないでほしい。
思い上がりもほどほどにした方がよさそうだ。

単なるパートおじさんの呟きなので、読み飛ばしてもらった方がいいかもしれない。
せっかく書いたので、勿体ないので記事にしました。
お許しを!



☆彡    

こんなことテレビでやっていいの?でも面白すぎる!


今日で仕事納めとなり、帰宅してから録画していたテレビを見た。

ビートたけしのテレビで、昨夜やっていたものだ。
初めは有名でない芸人の漫才などを評価していたが、時々VTRの放送が入った。
それが面白かった。

なんでも新しいスポーツをやってみようという企画だったが、それがめちゃくちゃな企画だった。
非常に危ない企画なのだ。
コンプライアンスが重要視されている昨今、こんなことやっていいのかな?
と思ってしまった。

それは、最初のスポーツとしてバレーボールだった。
普通はバレー専用のボールでするのが当たり前なんだけど、たけしはボーリングの球でバレーをさせていた。
やっているのはもちろん、たけし軍団だ。

軍団の一人が、サーブを打つのだが、もちろんボーリングの球なので打てるはずもなく、投げて相手コートに入れた。
しかし、相手チームは飛んできたボーリングの球を見て、驚き逃げまわった。
当たり前だが、そんなのをまともにレシーブなんかしたら、骨を折ってしまう。

次のサーブでは、相手コートに届かず味方の背中へボーリングの球が当たり、そいつはのけ反り倒れ込んだ。
あぶなすぎるのだ。
たけしは昔からこういったことが好きらしく、「お笑いウルトラクイズ」なんて番組もやっていた事がある。
私もすきでよく見ていたが、けた外れの企画で非常に面白かった。

クイズで外れた芸人を、車のボンネットにうつぶせで括り付けて、走り回りバスにわざと衝突させ爆発までしてしまうほどの過激さだった。
私は腹を抱えて笑った。
やっている芸人はたまったものではないが、見ているほうは最高に面白い。

最近ではこういった企画は、通らないらしいが今回のテレビは大丈夫なのかと心配になった。
クレームなどがいかなければいいのだが。
また見たいので。
テレビ局もTBSだからできるのかな、なんて思ってしまった。

そういえば、今日はカイジの賞金獲得ゲームなるものがテレビであるが、またTBSだ。
最近TBSは過激になってきているようだ。
なるべくコンプライアンスに引っかからないような放送をしてもらいたいものだ。

楽しめる範囲で、あまり過激になりすぎても困るからね!
でもまた、たけしの面白番組はやってもらいたい。
最近はあまり笑う事が少なすぎるので、たまには腹をかかえて笑ってみたいからね!



☆彡    

「時給のいいところへ行くことになりました」と挨拶された


明日が仕事納めだ。
そして新年を迎え、4日が仕事始めとの事。

働いていて、6日間も休めるのは久しぶりだ。
20代の時は、長い休みがあったが、問屋で働いていた時は、なかなか3日以上の休みが取れなかった。
でも年末年始だけは4日以上の休みがあった。

それからは、家電量販店の時は年末年始も関係なく働いた。
年末31日だって9時まで働かされていた。社員はほとんどが休みに入っていたが、私と50代のおじさんパート二人で最後まで店にいたこともある。

年末年始ぐらいは休みたかったが、そんな事は許してもらえなかった。
立場が弱かったから文句も言えず従うしかなかった。
中年非正規はいつだって奴隷だ。

文句を言った者もいたが、その人は遠くへ異動させられた。
やはり40代のパートの人だったが、1か月後には飛ばされてしまった。
パートなのに異動もある職場だった。
まったくひどいとしか言いようがない。
だから皆、文句が言えないのである。

また愚痴が出てしまった。

それはそうと、今朝パートの女性の一人から挨拶された。
挨拶がない職場なので、びっくりしていたらいきなり話をされた。
「明日で最後になります。短い間でしたがお世話になりました」と
初めての会話が「お世話になりました」とはこれまたびっくりだ。

「そうですか。明日で最後ですか。こちらこそお世話になりました」
と言っておいた。
社交辞令だ。他に何か言わなくてはとも思ったが、出てこない。
それで終わった。

それからまた、その人は他の人にも同じように挨拶をしていたが、一番年長の女性パートさんに挨拶した時にこう言っていた。
「もっと時給のいいところが見つかりましたので、そっちの方へ行きます」
と笑いながら話していた。
「それはいいところが見つかって良かったね。頑張りなよ」
と年長パートさんも嬉しそうに励ましていた。

話はそれからだが、その人はお昼に用事があると言って早退した。
残った女性パートは二人、年長の人と50代の人だ。
2人が話し始めた。
「時給がいいところだって。今時時給がいいところなんて碌なところがないよ」
切り出したのは年長パートだ。
「私もレジのパートとか食べ物やとか、いろいろ仕事をしてきたけどね。時給がいいところほど仕事がきついのよね」
50代のパートさんは、「そうよね」とうなずいていた。

「そうよ。どうせ長く続かないはずよ。また数か月後には戻ってきたりしてね」
「でもさ、あれだけの事を言って辞めていくんだから、戻れないでしょ!」
「それもそうね」
話はそれだけだったが、私も同感だった。
時給が高くていい職場何てないと思う。
ほとんどが正社員と同じ責任を押し付けて、仕事量も半端なく多いはずだ。

今の世の中はそれがスタンダードとなっている。
文句を言おうものなら、辞めてくれと言われてしまう。
働く者は、何一つ反抗することは許されないようになっている。

そのくせ、給料や時給は安いからやってられない。
昔言われていた「生かさず殺さず」だ。
嫌な世の中になって来たな!

辞めていくパートさんも、地獄行きにならなければいいが、それは無理だな。
30代の人だから、いやならまたどこかを探せばいい。
それがまだ許される年齢なのだから。

私や他のパートさんには、もうそれすら許されない。
だから、みな愚痴や妬みを口に出してしまうのだろう。
仕方がない事だな!

☆彡    

「一億円差し上げます。至急、連絡してください。」というメールが来た


最近、変なメールが多い。

数日前からメールで、「一億円差し上げます。至急連絡してください」
というメールがたくさん届いていた。

はじめ見た時は、不思議に感じたが、もしかしてこんなに毎日を頑張っているから
誰かからのプレゼントかもしれない!
なんて一瞬、思ってしまった。

しかし、世の中そんなに簡単に一億ものお金をくれるわけがない。
当たり前だ!

当然詐欺だ。
しかし、こんなくだらない内容に引っかかる奴はいるのだろうか?

いないと思うが。
もちろんメールは、迷惑メールとして扱われて普通のメールボックスには入らないようにはなっている。

そして、受信拒否のものとしてそっちの方で管理している。
本当に迷惑だ。

調べると、年末は特に多いようだ。

それに、オレオレ詐欺や迷惑セールスなんかも多くなってきているように感じる。
不景気で仕事にあふれた奴らが、しているのだろうか?

巧妙になってきているから、かなり頭のいい奴らがそういったことをしているのだろう。
前に働いていたところでも、早稲田や中央、国立大学を卒業しているのに、私と同じパートで働いていたものも多かった。

彼らは、みんな1~2年で辞めていったが、その後どうしているかは知らない。
かなり優秀で、仕事もできる奴が多かった。

しかし正社員にはなれず、低賃金だったのでいつもムスッとした不満一杯の表情をしていたのを覚えている。
いい仕事に就いていればいいのだが。

とにかく私も騙されないように注意しよう!
これ以上、貯金を減らされたくはないからね。





☆彡    

初給料をもらいました!


12月1日から働き始めて、最初の給料日を迎えた。
何とかここまでは、順調にいっている。
職場もそんなに嫌な環境でもないし、仕事も単純作業だから楽だ。

最近では、少し慣れてきたので退屈に感じるようにもなった。
贅沢な悩みだと思う。
今までの職場と比べても、一番いい職場だと思う。

ただし給料は少ないが。
そして今日初めての給料をもらってきた。
一日から二十日までの分。

    59,800円 だ!

交通費の3000円と1時間の残業代がプラスされていた。
久しぶりにもらう給料、待ちに待った給料、素直にうれしかった。
少なくてもいい。
とにかくうれしい!

早速帰り道の途中にある郵便局で残高を確認した。
確かに入っていた。
貯金を少しだが増やすことができた。

お祝いに缶酎ハイでも買って帰ろうかどうしようか?と迷っていたが、そんな事ではいけないと思い気を引き締めた。
しかし、牛乳を買ってくるように言われていたことを思い出し、スーパーへ寄ってしまったのがいけなかった。

スーパーでは飲み物コーナーは一か所に集中している。
私が良く行くスーパーは牛乳が売っている真後ろに酒のコーナーがあるのだ。

私は酒コーナーに目を向けないように、牛乳を2本だけ取りレジへ向かった。
よし!クリアだ!
酒の誘惑を何とか断ち切った!と思った。
が、なんと、レジ前に缶酎ハイの「ほろよい」が特売としてたくさん積まれていた。

価格も、なんと88円(税別)
安い、安すぎる!
買わなくては損だ!と思ってしまった。

しかし、我慢だ!このレジ前さえクリアできればすべてが上手くいくはず。
良しと気合を入れてレジへ向かった。今なら誰もいない、レジ前の缶酎ハイにも目をくれずに、レジ台へかごをのせることができる。
そうすれば、もう支払いだけで、その場を立ち去ることができる。

そう思い速足でレジへ向かった。
しかし、そこへ知らないおばちゃんが私の前に割り込んできた。
(注、 知っているおばちゃんなどはいないが)

しまった。これは競馬でいえば”まくり”というやつか。
そんな事はどうでもよいが、とにかくそのおばちゃんを待つことになってしまった。

そして、車で帰宅した。
私は今、ほろ酔いだ。
そう、おばちゃんを待っている間に缶酎ハイ「ほろよい ぶどうサワー」350ミリリットル缶をかごに入れてしまっていた。

いいじゃないか。今日は目出たいのだから。
そう思い2本目を飲もうかどうか迷っている。

そう、1本ではなく2本買ってしまったのだ!

☆彡    

生活保護以下の生活 続きと新年を迎える心構え




先ほどの記事の続きだが、上の画像はいつも家にいる時にはいているズボン。
ご覧の通り、両ひざの部分に継ぎを当てている。

このズボンも15年前に買った。確か880円(税別)。
夏でも冬でも穿いている。

今年の夏に山を下っている途中、ひざを曲げた時に両ひざの部分が裂けてしまった。
その時は、かなりがっかりした。
長年愛用していたズボンだったので、情が移ってしまったようだ。

捨てようかとも考えたが、そう簡単には捨てることができなかった。
母親に頼んで継ぎを当ててもらった。
母親は、いつもやっているのでお手のものだ。
喜んで引き受けてくれた。

先日は服の画像をのせたが、その服もひじの部分に継ぎを当てた。
私はいつもこんな感じで服やズボンを長く持っている。

だが貯金には、縁がない。
20代の頃は、景気が良くて仕事帰りに先輩や同僚から誘われて、よく飲み歩いてしまったため給料のほとんどを酒代や食事代に使っていた。
飲みに行けば、はじめは居酒屋そして次はスナックやバーなどにも出入りしていたため、一日で3万円使う日も多かった。
酔いが回ると気も大きくなってしまい、気が付けば財布が空っぽになっていた。

30代に入り飲みにはあまり行かなくなったものの、スーツや革靴、カバン、時計と仕事上で使う物にはお金をかけていた。
だが、月に10万は必ず貯金はしていたし、ボーナスだって全額貯金をしていたから、そこそこ貯まっていた。

しかし、40代に始めた株でその貯金のほとんどを失ってしまい今に至る。

株で大損 の続きを書こうとしていたが、調べれば調べるほど自分の犯してしまったミスに耐えられず書く気を失ってしまった
大雑把に言うと、株での損失が一千万円近くになっていた。

30代で一生懸命貯金した分だったのにと、かなり落ち込んだ。

全て自分がしたことだし、もっと儲けようとしてやったことなので仕方がない。
それに株をやっていた当時は、次の日が来ることにワクワクしたり、ドキドキしたりと楽しんだことも間違いない。
全てが悪い事ではなかったはずだ。

もちろん結果的には、やらなかった方が良かったが、経験としてみればやって良かったのかもとも思う。
負け惜しみではない。時間が経っているからそう思うのだろう。

何も知らず何もやらずに過ごすよりは、何かに挑戦したほうがいい。
しかし、必ずリスクが伴う物の場合は、限度をわきまえてするという事が肝心だ。

これからも私は、何かに挑戦することを考えている。
リスクを伴うものではない、ゼロからできるものでリスクがないものだ。
そういうものだってある。
これからは、そういう物に挑戦してやる!

もう博打はやらない。挑戦、これが来年の目標となった!


☆彡