なんで山を登っているんですか?

スポンサーリンク

さすがにいくら何でも、エアガンショップへは行かなかった。
少し興味を持った程度で、34800円なんて出せっこない。
もったいなさすぎる。
それよりも今は、貯金が第一だ!

そういう事で今日もおなじみの山へ行ってきた。
朝の冷え込みが最近凄いので、なかなか出かけるのも大変だ。

それでも8時過ぎには、ジャンパーや手袋で十分に防寒対策をして出かけた。
さすがにこんなに寒ければだれも山なんかには来ないだろうな!と思っていたのだが、
数人の人とすれ違った。

それも、これから登ろうとしているのに、もう下ってきていた。
いったい何時に登っているのだろうか?
今下ってくるという事は、遅くとも6時ごろから登っていたことになる。

恐るべき、登山者だ!

まあ人の事はさておき、ゆっくりと登っているといろいろと頭をよぎる。
もうこの山へは何回登ったことだろうか?
だいたい毎週登っているので、最近飽き始めてきた。

かといって他の山へ行くのも面倒だ。
他の山だって、登っている間の道はどこもあまり変わらないような気がする。

頂上からの景色が違うだけだ。
それがいいから登っているのだが、段々と飽きてきた。

続けているのは、体力づくりのためがあるから登っているのだ。
だから、何か他にそれに代わるものが見つかればすぐにそっちに変えてしまいそうだ。

最近では、なんでこんなところを毎週毎週、登っているのかと疑問すら感じてきてしまった。
もう十年も同じ事をしている。まあ、その間は行ける範囲で、方々の山へ登った。

登り始めだったのもあって、面白くなり丹沢山系から道志や山中湖周辺を登り。
次に中央本線沿いの山を登った。高尾から笹子あたりまでの山を登った。
そして奥多摩周辺の山も行った。

だいたいここ十年、週末には登っていた。
だが、さすがに飽き始めた。
登り始めの頃、中央本線の猿橋駅から百蔵山、扇山、権現山へと登った時に、
頂上で50歳代の登山家と言っていい方に会った。

その人は国内の山はもちろんヒマラヤやアルプスなど海外でも有名な山を登ってこられた方だったが、権現山の頂上で私に、「もう山は飽きたな!どこの山も変わんないね!」と言った。

それを聞いた時、私は「ハア ...」としか答えられなかった。
山への興味が出始めの時だったので、そんなものなのかぐらいで聞いていた。

だが、十年登っていてやっとこ最近分かってきたようだ。

山を登っていても面白くない!


それを言ってはおしまいだが、そう感じてきてしまった事は事実だ。
仕方がない。
かと言え、他に興味がわくものもないから続けるしかないだろうと思っている。

これからは、また興味がわくものを探していきたい。
絶対あるはずだ。山だってはじめは一ミリも興味がなかったが、始めて見たらハマってしまったのだから。

今日はそんな事を考えながら登ってきた。

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR