隣の部屋で、来年の主役のような物達が何か話をしていた

スポンサーリンク


ごろごろしていたら、隣の部屋から何やらひそひそ声がした。
そっと覗いたら、いつも私と一緒にいる「クー」が何やら悩んでいた。



「もう今年も終わるのか...ぼくのご主人様は結局今年も株取引ばかりしていて、お金を儲けるどころか損ばかりしていたな。休みの日は、いつもゴロゴロしているし。ボクはそんなご主人様といつも一緒にいるから、ぼくまでダメ犬になってしまったな」

私はクーがそんな事を思っていたことに驚いた。
いつも静かに傍にいて、優しく見守ってくれているものとばかり思っていたのに!

「今年だけではないよ。去年だって一昨年だっておんなじさ。全く進歩がないんだよね。株ばかりやってさ、損しまくっているんだから。欲の塊だから無理なんだよ。世の中そんなに甘くはないのさ。何年人間やっているんだか。もういい加減分かってもいいと思うんだよな!」

「何、愚痴ってるんだよ」
横から「シロ」がやって来た。
IMG_1390_convert_20171231135125.jpg

「やあ、シロか、久しぶりだな。元気だったか?」

「まあな。誰にも仕えていなかったから退屈だったよ。オレもお前のご主人様の様にダラダラゴロゴロしていたよ」

「お前は犬のような物だから、それでもいいんだよ。でもご主人様は人間だよ。お前と一緒じゃ困るんだ」

「そうか?ダラダラゴロゴロじゃダメなのかい?でもよ!お前は、ただ黙って仕えていればいいんじゃないのかい?」

「まあそうだけど、御主人様にはしっかりしてもらいたいんだ。仕えている身にもなってもらいたいよ」

「何かあったのか?話して見なよ」

「それがひどいんだよ。株で損するといつも僕にあたるんだ。それも毎日のようにね。もうボロボロになりそうだよ」

「何をされたんだよ?」

「株で損をすると、掴んで投げつけるのさ。壁にね」

「それはひどいな。動物のような物虐待だな!」

「なんか面倒くさい言い方だけど。本当にそうだよね」

「お前のご主人様は、バカじゃないのか!」

「ボクも最近そう思い始めたよ。こいつバカじゃないかって」

「クーよ。もっと優秀なご主人に仕えることができればよかったのにな。お前は不運だったな。しょうがないよ諦めるしかないな」

「諦めるしかないよな。ボクらは、ご主人を選べないからね。いくらダメ主人でも仕えなければならないんだから、せめて見守ることだけは、しっかり務めさせてもらうよ」

「そうだよ。オレなんて誰も仕えさせてもくれないんだからよ。いくらダメ主人といえども使ってくれるだけでもありがたく思わなくちゃな」

「分かったよ。シロ。いくらダメでも何とか仕えてみるよ。ダメだっていいさ、ダメで元々さ、人間にもダメな奴がいることが分かったよ。それだけでも勉強になったからね」

「こいつら、人をダメ人間扱いしやがって」と頭にきたが、よく考えればその通りなのだから何も否定はできなかった。
この犬のような物たちの言う通りなのだから。
私は、つくづくダメな奴なんだなと再確認できた。

「なんだ、なんだ。にぎやかだな。何があったんだ?」
今度はまたほかの仲間たちがやって来た。

IMG_1392_convert_20171231135310.jpg

上に乗っているのが「ブラ」で左のが「クロ」だ。

「ああ、クーがダメ主人の事で悩んでいたから、相談にのっていたところだよ」

「あいつの事か?あれはダメだよ。最悪だな。不運だったなクーよ」
クロが言った。

「あの野郎!ぶち壊してやる」と私は思った。

「可哀そうなクー。あんな奴めったにいないよな。よりによってクー、お前が仕えているとはな。ボクでなくて良かったよ」
今度はブラだ。

「ブラの奴も切り刻んでやろうか」とまた私は思った。

しかし今日は大晦日だ。許してやる。恩赦だ。
それに来年は戌年だ。
「お前ら、運が良かったな」

「しかしよ、お前のご主人さ、今日は来年に向けて何か新しい事でも探そうとか言ってなかったっけ?」
クロがクーに聞いた。

「ああなんか言ってたな。でもお昼からずっと炬燵にもぐって寝ているんだ。何も考えてなんかいないよ」

「本当にバカだな!」
ブラがそう言うと笑いだした。

それに続いてクロが、「バカだけじゃないぞ!その前にダメもつくぞ!」
そう言うとげらげら笑いだした。

それにつられてみんな一斉に笑い出した。
「ダメ人間だ、バカ人間だ。ダメバカ人間。ダメバカ人間。ガハハハハハ...」
みんなが声を合わせて笑いながら、合唱しだした。

私はドアの隙間から怒りを抑えてじっと見ていたが、そいつらの言う通り何も考えていなかったので、何も言えない。
手には鈍く光るハサミを握っていたが、何とかそれをポケットへ入れることができて、ホッとした。

奴らはいつまでも楽しそうに笑っていやがった!





今年は、このようなくだらないブログをお読みいただき、誠にありがとうございます。
来年も頑張りますので、引き続きよろしくお願いいたします。

皆様に、良い年が来ますように!良い一年になりますように!
そして私にも、良い年が来ますように!良い一年になりますように!

来年もよろしくお願いします。
お体にお気を付けて、良い年をお迎えください。
それでは、また来年!







スポンサーリンク

大晦日を迎えて思う事

スポンサーリンク


今年も今日で最後。
2017年はどうだったのだろうか?

毎年大晦日になると、何かやり残したような感じがしてしまう。
別にやり残したことなどないはずなのに。
今年はどんな事があったか振り返ってみた。

2月
天気の良い日は、平日でも散歩をするようにした。
今までは、近所の目を気にしてできなかったが、そんな事を考えない様にしたら楽に外へ出かけられるようになった。
人の目を気にしすぎであることが分かった。
自分は自分、人は人。
人が何を思おうが言おうが、そんなことは気にしてはいけない。所詮他人なのだから。
そんな他人の事で左右されてしまうのはバカバカしい。
それに、そんなに自分の事に関心がある人なんていない。
自分が勝手に人の目を気にしすぎているだけの事だ。
被害妄想も甚だしい。
やっと気が付いた自分も愚かだなと思った。

3月
近くの工場でアルバイトを始めた。
仕事はノルマが厳しくてまいったが、地道な手作業なので私には向いていた。
嫌な人間関係がないだけよかったが、それも5月いっぱいで契約解除となった。
業績不振のためのリストラだ。仕方ない。

そして3月10日は第2の誕生日だ。3年前の3月10日に手術をした。
その時に、3時間ほど心臓を止めての手術だったので、また動き始めた心臓に感謝して第2誕生日とした。何事もなく3年も生かしてもらっている事への感謝だ。
心臓が拍動するたびに、かすかに聞こえてくる機械弁の開閉音。
それを聞くと、改めて生かされている事への感謝の気持ちが沸き起こる。
これからも共に生きていくのだから、あまり無茶なことは慎もうと思う。

5月
ブログを書き始めた。
今まではノートに書いていたが、パソコンでたまに見ていた人のブログが面白くて、自分でも書きたくなってしまった。
そんなに毎日書くことがあるのかと思っていたが、書き始めると意外と出てくる。
くだらない事や日々の出来事なども探さなくても見つかった。
飽きっぽい私でも始めてから毎日書いている。
新しい自分を発見できてうれしい。

そして後半
新車を買った。
今まで乗っていた、スバル プレオ RSリミテッドⅡ を下取してもらいダイハツ ムーヴカスタムを買った。
15年乗った車だったので、少し寂しい別れとなったが、新しい車の性能や乗り味が良かったので、満足している。
しかし遠くへは乗っていない。近くの買い物や病院通いで使っているだけだ。
来年は少し遠くの方へドライブでもしてみようと思っている。

そして株
5月まではまったく株取引をしていなかった。
しかし、また始めてしまった。
仕事をしなくなり平日が暇になってしまったため、つい手を出してしまった。
結局、20万円も溶かしてしまった。やらなければ良かったと後悔している。
来年は、絶対に株から手を引く。
これも来年の目標の一つだ。

そして今日
先週から掃除や片付け、障子の張替えなどをやっていたから、今日はゆっくりと過ごす。
することは散歩ぐらいかな。
でもあいにく天気は曇り空だ。今年の最期の日なのだから晴れてくれたらいいのに、そうは上手くはいかない。
だから朝からブログを書いている。

午後はまた気が向いたら、ブログでも書こうかと思っている。
テレビも面白そうな番組もない事だしね。
そうそう、来年やりたいことなども探して見よう。
今日はそういう日なのだから。

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR