想像を超えていた!

スポンサーリンク


雪をなめていました。
朝起きて雨戸を開けてみたら、そこは雪国だった。

別に川端康成ではないが、本当にそうだった。
こんな雪は今まで見たことがない。



ここに引っ越してから30年経っているが、今までにこんな降ったことはない。
4年前だってここまで積もらなかった。

下に降りて玄関を開けたら30センチ以上は積もっていた。
車の上にもすごい雪が積もっていて、オブジェの様になっていた。

9時を過ぎて雪かきが方々で始まったが、自分は参加できそうにない。
朝、庭を少しスコップで掃いただけでもすぐに疲れてしまってとてもできそうにないので、家に引きこもっていた。

うちの前の道にも雪があって本当は掃きたいのだが、我慢した。
そのうちに近所の人が履いてくれていたので助かったが、お礼を言いに出ていくことをためらってしまった。
その人はまだ30代ぐらいなので若くて元気だが、私は障害者で重労働ができず卑屈さを感じてしまった。

頭ではお礼をしたかったが、出来なかった。
今度会った時に、言えばいいか。

しかし自分の家の庭もまだ雪でいっぱいだから、雪かきをやりたいのだがどうしようか迷っている。
下手に体を動かして、あとでえらい目には会いたくないしな。

今はただお日様の暖かい光だけが頼りな、頼りないおじさんになってしまっている。

スポンサーリンク

ものすごいことになってきた!

スポンサーリンク


お昼前から降り始めた雪が、積もってきた。
ふり始めの頃は、風情があっていいなと思って、もっとふれ何て言っていたが、もはやその範疇を超えてきた。

ベランダに積もった雪はもう20センチは優に超えている。
しかしまだまだ降り方は激しい。
夜通し降り続いたらどうなってしまうのかと心配だ。

4年前に降った雪を思い出した。
あの時も30センチ以上積もってしまい、雪かきが大変だった。

今は雪かきをするのも一苦労になってしまう。
身体があの時とは違ってだいぶ弱くなってしまっている。

ああどうしよう。
まいったな!
まさかこんなに積もるとは思わなかった。

部屋でぬくぬくもいいが、こうも雪が降ってくるとは思いもしなかったから、段々心配になってきた。
停電など起こらなければいいが。
もしそうなったら、もう寝るしかないな。
布団にもぐりこめば寒さは防げるから。

そんな事を考えていたら株の含み益が2万円も減っていた。
結局、売らずにそのままにしてしまったが明日はどうなるのだろうか?

そんな事よりもまずは雪の心配が先だ。
どうかこれ以上積もりませんように!
ではまた。

スポンサーリンク

雪の降る日は炬燵で仕事

スポンサーリンク


今日からもう出勤しなくていいので助かる。
外は雪が降り始めて来た。
こんな日に車で出勤していたら帰れなくなりそうだ。

しかし、運がいい。よりによってクビとなり内職になった最初の日が雪になるとは。
だから今は、炬燵でぬくぬくしながら作業をしている。
好きな時にできて好きな時に休めるのがいい。

それにいつやってもいいのだから、金曜日に持ち帰ってきた部品は既に土日でその一箱を終わらせてしまった。
そして今日はもう残り一箱の3分の1を終わらせている。

このペースなら明日で終わってしまい金曜日まで仕事がなくなってしまうことになる。
もしかしたら1週間で6箱はいけるのかもしれないな。
でも、そんなにしたくはないのでマイペースを保てる4箱ぐらいにしておこうと思った。

今はラジオを聞きながら炬燵でゴロゴロしている。
窓の外は結構雪が降ってきている。
たまには雪の降るのを、こうやってぬくぬくして見ていることも楽しい。

無職の時はそんなに楽しくはなかったが、仕事をして稼ぎながらぬくぬくして見られるから最高だ。
雪よ、もっとふれ、もっとふれ!
なんかワクワクしてきたな。小学生の頃もこんな気分だったような気がするが、どうだったんだろう?

さて午後は株の動きでも見ながらまたゴロゴロぬくぬくして過ごすことにする。
今は、こんなことでも幸せを感じる事ができるようになった。
年をとったからなのだろうか?


スポンサーリンク

持株売る?それとも売らない?さあどっち?

スポンサーリンク


大発会から買った株を今も売らずに持っている。
含み益は、今の時点で8万円だ。
ここの所上がったり下がったりと動きが激しいから、このまま持ち続けていいものかどうかと迷い始めている。

正月に今後の投資方針を長期とすることに決めたが、どうも最近株式市場が怪しくなってきている気がしてならない。
テレビやラジオでも、しきりに日経平均が上がってきていることを報じている。

こういう時が危ない時だ。
だいたいマスコミで煽り始めたら、そろそろ上昇も終わる時だということは常識になっている。

ラジオで聞いた話だが、アメリカである紳士が靴磨きの少年に「おじさん株やっていないの?」と言われたそうだ。
その少年は得意げに「今が買い時だよ!」と紳士に意見したとの事だが、その紳士は金持ちで元々株は持っていた。
そして、その紳士は靴磨きの少年まで株が買い時などと言い出すのだから、もうそろそろ株の上昇も終わるのではないかと考えて、持ち株を全部売ってしまった。
その数日後に大暴落が起きたという有名な話だ。

その話を最近よく聞くようになってきた。
そろそろ危ないのかもしれない。
明日全部売ってしまった方がいいのかどうかと迷っている。
たった8万円しか儲かっていないが、マイナスよりかはいい。

そういえば靴磨きの少年の話だが、最近暴落したビットコインも全く同じ事が言えると思った。
テレビのコマーシャルでも年末からビットコインのCMがうるさく流れていた。
まさにそういう時が終わりの知らせだったのだ。

正月に兄が来たときに、ビットコインは買っているのと聞いたところ買っていないと言っていた。
今後どうするのと聞いたら出川がCMやりだしたから終わりだと答えていた。
兄も靴磨きの少年の話は知っていたので、良かった。

私も一時はマスコミに煽られて買おうと思ったことがあったが、やめておいてよかった。
何人も億り人が誕生していると煽られていたので、危なかった。
本当にマスコミには注意が必要だ。

とりあえず明日は朝から株の動きが見れるので、動きを見て決めようと思っている。
今年こそは儲けを増やして見たいな!
億り人は無理だが。

スポンサーリンク

思い出は名曲と共に宙をさまよう

スポンサーリンク


引退会見を見た。
小室さんの話だが、本当に残念だ!
はっきり言って少しショックでもあった。

芸能界やテレビの中のタレントにまったく興味がない私だったが、今回は少し寂しさを感じてしまった。
何故かと言うと、彼の曲を聞いて励まされたことがあり、その曲と共に思い出があるからだ。

その曲が流行っていた当時は、すでに世の中不況の真っただ中でどんなに頑張ろうが先の見通しも立たない時だった。
それは昔の話だけではない、今も続いているのだが。

当時、夜遅くまで営業で走り回り売り上げを伸ばそうと頑張っていた。
いくら夜遅くても残業代はなく、売り上げ次第で給料やボーナスが決まり必死になっていた。
そんな時に営業車のカーラジオから彼の曲が良く流れてきて聞いていたのだ。

帰宅するときには、電車のつり革をぶら下がるようにしてつかまり、鏡のようになった窓に映る疲れ果てた自分をボーと見ながら毎日帰っていた。
そんな時に、彼の曲の歌詞が頭に浮かんだ。
「ほんのひとときでも、自分がどれだけやったか、窓に映ってる素顔を褒めろ」

この歌詞に、勇気づけられた。
こんなことを言ってくれる人は、誰もいなかったからだ。
自分を褒めろ!だなんて。

そうなのだ。皆頑張っていたんだ。電車の中を見渡せば、皆疲れ切ってだるそうな人ばかりだった。
しかし、誰もその頑張りを褒めてはくれない。
頑張って当たり前だと思っているからだ。

いや、そうじゃないはず!頑張らなくてもいい社会にしなければいけないはずなのに!
みんな必死になっている!

そんな時に、小室さんは「自分がどれだけやったか、窓に映っている自分を褒めろ」と言ってくれた。
ありがたかった。

でも彼は引退してしまう。もう勇気をくれるような歌を作ってくれないのだろうか?
いや、まだ私はあきらめていない。
彼の事だ。また元気になって復活してくるに違いない。
私はそう思っている。

しかし彼が最後に言った言葉には、今の彼の思いがあった気がする。
テレビではどこも取り上げなかったが、ネット上では絶賛されているので見て欲しい。
まったくその通りだと思った。

スポンサーリンク

1か月半でパートおじさん 終了!

スポンサーリンク


パートのおじさんが終わりました。
僅か1か月半で契約終了です。
今日が最後の日だったので、最後に簡単な挨拶をして帰ってきた。
みんな仕事中だったので、邪魔にならないようにしながら挨拶してきた。

もう何回このような事をしたのだろうかと考えたが、バカバカしいのでやめた。
5~6回ぐらいこのような事を繰り返してきた気がする。

自分の意志で辞めたのはそのうちの2回だけ、あとは会社都合で辞めさせられた。
自分の意志で辞めるのなら気分がいいが、会社にクビだと言われるほど切ない事はない。
まだ働きたいのに辞めなければならないなんて辛い。

来週からは内職となるため、もう通勤しなくても済むからありがたい。
今日早速、内職で組み立てる部品を車に積んで帰ってきた。
30センチ四方の段ボールを2箱だが、中にはびっしりと部品が詰まっているから重い。

それを2階の自分の部屋に上げて、箱を開けた。
全部で8つの小さな部品が、びっしり並んでいてそれらを組み立てるのだが部品が細かいので神経を使う。
手先の器用さが必要だ。主任は慣れれば1日3時間ぐらいづつやればできると言っていたが、慣れるまでが大変そうだ。
だから初めは段ボール箱2箱にしておいた。最初の週でどのくらいのペースでできるかを確認のためだ。

それ以上できるようだったら段々と増やしていけばいい。
週2箱のペースでは、給料が2万程度にしかならないと言われたから、少なくても週4箱は組み立てたいと思っている。

帰宅してから組み立てをしてみたが、初めは1つ作るのに30分もかかってしまったが2つ目以降からはコツがわかり始めたので、徐々に出来上がる速度がはやくなっていった。
これなら何とかなりそうだ。理想は1日2~3時間で週5日ぐらいで仕上げたい。
出来るだけ労働時間を短くしたい。単純作業だから長時間はやりたくない。飽きてしまう。

とにかく来週も仕事ができる事を喜びたい。
たとえ低収入だとしても働かないよりはいい。少しでも稼げれば、欲しい物が買える。
特別欲しい物はないのだが、今欲しい物は靴だ。

もう8年穿いていて、両方の靴の小指が当たる部分が破けている。
気にせずに履いていたが、今日改めて見てみたらかなり大きな穴になっていた。
もう変え時だ。

ただですらみすぼらしいおじさんなのだから、せめて履いている靴だけでもいい物を履きたい。
高くないものでいい。3000円ぐらいの物にしようかな。
ウォーキングや散歩にも使えるものにしようと思っているので、もう少し高い物でもいいな。

たまには贅沢をしよう。
たまにはと言うかもう何年も贅沢などとは縁がなかったが!



スポンサーリンク

世の中、まだ捨てたもんじゃない!

スポンサーリンク


いよいよ来週から内職が始まるので、その仕事内容を教えてもらった。
内職なんて初めてなので、どんな作業をするのかと少し不安だったが、聞いてみたらそれほど難しくはない作業だった。

いつもの仕事を12時までしてから、内職の作業を実際にやらせてもらった。
30分ほど説明を聞いてやり方を教えてもらい、その通りにやったら簡単に出来た。
それから30分ほど作業をして時間になったので、帰ってきた。

心配するほどの事でもなかった。
誰でもできる仕事なので、あとはスピードを上げて仕上げていくことだけが重要だ。

早く慣れてしまえば、時間もかからずに終える事ができる。
そうすれば自由な時間も増えるはずだ。
そしてある程度の給料がもらえるなら、それに越したことはない。

詳しい作業内容は書けないが、一度作業の手順を聞いてやれば誰でもできる仕事だった。
一人辞めた人がいたから私に内職の仕事が回ってきたのだが、なぜこんな楽な仕事を辞めたのか気になったので、主任に聞いてみた。

そのわけは、やはりもっとお金を稼ぎたいという事で、最近近くにできたスーパーのレジ打ちに、仕事が決まったそうだ。
その求人チラシは私も見ていたので知っている。
たしか時給1000円だった。

この時給なら、そこそこの給料になるはずだから、そっちに移っても不思議ではないと思った。
やはり女性は、中高年になればなるほど社会に重宝がられるから、すぐに仕事に就ける。
それに比べて男の中高年は、社会から必要とされなくなるように感じる。

特に私の様に、何も資格もなく40歳を超えてから社会にはじき出されたら、なかなか希望する仕事へはつけない。
というか、仕事に就くことすら大変なことになる。

プライドなどと言っていたら相手にもされない。
どんなに踏みにじられようとも、しがみつくしかないのだから。
今までに、何度悔しい思いをしてきたことか!

まあ、昔の事は忘れよう。
今は、私のために内職を紹介してくれた主任に、感謝することだけで十分だ。

今回、私に内職を紹介してくれた訳を主任に聞いたら、やはり普段の仕事ぶりで段取りや要領の良さを感じたからと言っていた。
やはり地道にコツコツと仕事をしていれば、誰かが見ているのだ。
そして困った時に助けてくれる。


世の中、まだ捨てたものでもない事を知った。



スポンサーリンク

内職をしてみることにした

スポンサーリンク


本当にありがたい話だったので、今日早速やらせてもらいたいと言ってきた。
主任は喜んでくれていた。

やはりクビの宣告はしたくなかったそうだ。それで何か仕事がないかと探してくれたようだ。
そしてあったのが内職だったとの事。
一人辞めた人がいたので、求人を出すところだったらしいから丁度良かったそうだ。

それに部品を配送するルートの途中に、私の家があったので都合がいいと言っていた。
金曜日の午後に内職でできた製品を、配送の帰りにうちへ寄って積み込み会社へ戻る。
その時に、新しい部品をうちへ置いていくそうだ。
毎週一回、金曜日の午後に配送のトラックがうちに来ることになった。
もし留守の時でもいいように外にプラスチックの大きな箱を置くことになった。
これは以前からのシステムとの事だった。

実に都合がいいと思った。
これならいちいち配送マンと顔を合わせなくて済む。
プラスチックの箱に入れておけばいいのだから。

さっそく帰りにそのプラスチックの箱を車に積んで帰ってきた。
盗難の恐れはないのかなと思ったが、何の製品かも分からぬ物を盗む奴などいないはずだから安心だ。
これで当分の間は小銭が稼げる。
良かった。
しかし、この内職もいつまで続くかは分からないそうだ。
今後の仕事量次第だ。

職場でも私が内職をすることになった話を知っていたようで、皆良かったねと言ってくれた。
普段からあまり話をしなかったので、気の利いた返事もできず「おかげさまで、決まりました」とだけ言っておいた。

来週からは顔を合わすことはないが、たまに会社へ来ることもあるので、これでサヨナラと言うわけではない。
今の職場も私が抜ければ3人だけとなるので、「寂しくなるね」とお互いに言っていた。
たった1か月半ほどだったが、少し寂しくもある。
これも歳をとったという事なのだろうか?

スポンサーリンク

捨てる神あれば、拾う神あり

スポンサーリンク


あと3日でパートも終わるのだが、その後の仕事はまだ決まっていない。でも何とかなりそうになってきた。
今朝主任の方からいい話を聞けた。

どういう話かと言うとパートの仕事は終わるのだが、今いる会社の仕事として家でできる仕事をやってみないかと言われた。
要するに内職だ。
それも簡単な作業との事だが、ノルマはあるらしい。

少し慣れれば1日3時間程度で終わると言っていた。
会社で決められた数をこなせば、1か月で4~5万円はもらえるそうだ。

どうしようかと迷ったのでまだ返事はしていないが、ありがたい話だと思う。
こっちはまたクビか!とがっかりしていたし、また仕事を探すのがと思うと嫌になる。
どうせろくでもない仕事しかないのだから。

今はやってみようと思っている。
もう仕事を探すのはヤダ。
例え4~5万円でも家でできるのだからありがたい。
出勤しなくてもいいし、好きな時にできるのがいい。

前は貯金額を増やそうと張り切っていたが、今は貯金にはこだわらなくなった。
何故かと言うと、去年の4月から一度もお金をおろしていなかったことに気が付いた。
市からの助成金の振り込みを確認しに行って、記帳して初めて気が付いた。

お金をおろしていないから増えていた。
去年も5月までパートで働いていたこともあって、給料が振り込まれていた分増えていた。
生活費は両親の年金で支えてもらっているから、全くかかっていない。
毎月かかるのはネットと携帯電話だけで、それも2600円だけだった。

これならがむしゃらになって貯金に励まなくてもいい。どうせ貯金をしても使い道はない。
お金をかけなくても十分楽しんでいるのだから。

散歩や登山はお金がかからないし、何よりもインターネットは素晴らしい。
好きな物を自由に見たり調べたりできるのがいい。
何より1980円で見放題なのだから。

そういう事で主任から頂いた内職の仕事を受けることに決めた。
本当にありがたい話だ!
明日、受ける事を話そう。

それにしてもあの主任が、これほどまでに自分の事を気遣ってくれていたとは驚きた。
リストラを言い渡された時に、申し訳なさそうな態度になっていた主任を励ましておいてよかった。

「気にしないでください。今時どこの会社でも当たり前のようにあることですから。それよりも主任が良くしてくれたことは、一生忘れませんから」と言っておいたことが良かったのかな?とも思った。
別にお世辞を言ったわけではなくて、本当に良くしてくれたから自然と口に出た。

明日あったらお礼を言おう。
いい日になった気がする。
では。


スポンサーリンク

腰の痛みに年を感じる

スポンサーリンク


一昨日ごろから右側だけ腰が痛い。
なぜ急に痛くなったのか考えた。

金曜日に病院へ行った帰りに、ついでに灯油を買ってきた。
その灯油のポリを持ったのがいけなかったのかもしれない。20m近く右手でもって歩いたからだ。
今までも何事もなく同じ事をしていたはずだが、今回は少し違っていた。

手で運んでいた時に、右側の腰あたりにピリッと電気が走ったような刺激があったのだ。
その後車で帰って来たときはなんでもなかったのだが、次の日から痛み出した。

それほどの痛みではないが、前かがみになると痛む。
椅子に座っていても同じだ。
今も椅子に座って書いているので痛い。

仕事中は立っているから痛みは感じないが、仕事を終え車に乗るとまた少し痛み出す。

やはり年だなと思う。
こんなことはなかった。酒問屋で働いていた頃は、平気で大びんのケースを3ケース持っていたのだ。
1ケース20キロあったので、60キロは軽く持っていた。
ホテルの納品でも一人で4トントラックにビールの大瓶ケースを100ケース載せて運び下ろしていたこともあった。

しかし今は18リットルのポリ1本持ってこれだ。
歳には勝てないな。

また痛くなってきたので、今日はこれまでにしよう。
では。

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR