FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

2018年01月の記事

もう引き締めようがない


持ち株だが、ついに含み益がマイナスになった。
下がり始めてから、どうしようかと迷った。

昨日までは我慢できたが、さすがに今日の下げにはどうしようかと頭を抱えた。
昨日は3000円の含み益だったのに、今日はマイナス10000円になってしまった。
先週から昨日までは含み益があり、気持ちにも余裕があったが今はもう焦りしかない。

まだ売らずにはいるが、明日からどうなってしまうのだろうか?
上がってくれればいいが。
なんか日経平均も下がりっぱなしだしな。
もうダメなのかもしれないな。

段々と弱気になってきた。
ドル円も高くなってきているしな。

高いと言えば今日買い物へ行ってきたが、魚も野菜も高くなっていた。
鮭の切り身は以前98円で売っていたのに、今日は138円になっていた。
食料品だけではないな。
昨日ガス会社から値上げの案内も来ていた。
電気も上がると言っていたしな。

上がらなくていいものは上がり、株は上がらないとは何てことだ。
全く頭にくる。
3月から電気ガス料金が上がるから、また引き締めていかなければならない。
といっても、うちではもう引き締めようがないほど引き締めているんだよな。
もう何もできないよ!

後は食費を節約するだけだな。
でもな、旅行も外食もしていないのだからせめて食品ぐらいは贅沢したいな。
それが唯一の娯楽だからね。

あ~あ
出るのはため息だけだ。
明日に期待しよう。


☆彡    

家族3人で1か月の生活費は...


今朝も寒い中、8時過ぎに散歩へ行ってきた。
薄曇りだったので、なおさら寒かった。

歩いている途中、家の生活費を考えた。
今は親に食わせてもらい生活させてもらっているが、もし親が他界したら自分は生きていけるのかと思ったからだ。

今の収入は内職だけだが、精一杯やったとしても6万円ぐらいだ。
それで生活できるのかと真剣に考えてしまった。
家に戻りさっそく生活費がどれだけかかっているのかを調べた。

それぞれだいたいの一月の平均値を出して見た。
電気代      4000円
ガス代      4000円
水道代      3000円
灯油代      3000円 (冬だけ)
新聞代      3000円
受信料      2000円 
医療費      5000円
雑費        5000円 (洗剤、トイレットペーパーなど)

食費       40000円 

合計       69000円

こんなところだろうか?
まだあるかもしれないが、分かっているだけで計算してみた。

うちでは旅行も遊びも行かないから娯楽費などはない。
遊びと言えば散歩や庭いじり、春からは親父は畑だ。おふくろは編み物が趣味で私は山登りかネットだ。
いづれもお金がかからない。というかお金を使わないことを常に心がけている。
それに外食も一度も行かないから外食費もない。
たまに私が山登りに行くときには、おにぎりを持って行くから買う事もない。

何が面白くてこんな生活をしているのかさえ分からない。
これが我が家のスタンダードなのだから疑問さえ感じない。

このような生活を今後も続けていくだろう。
しかしもし、介護問題に直面したらどうなるのだろうか?
両親は貯金を持っているのか?
それについては教えてくれないから分からないが、持っていたとしても僅かだと思う。
元々年金だってたいしてもらっていないのだから。
まあいいか!その時考えればいい。



そうするともし一人になった場合は、どうだろうか?

今かかっている生活費 69000円よりかは、絶対かからないだろうから大丈夫なのかもしれない。
いや絶対はないか。
何が起きるかは分からないからな。

でも最低6万円ぐらいは稼いでいなければ、生活はできないことは確かだ。
本当はもっと働いて稼ぎ、やはり貯金を少しでも増やしておいた方がいいな!

内職だけではお金はたまらない。
だが、またほかで働くのも少し気が引ける。
また以前の様に悔しい思いや、惨めな思いをしなければならないのかと思ってしまう。

まだ30代ぐらいなら我慢もできるだろうが、50代にはかなり酷だ。
これは体験してみなければ分からないだろうな。

以前読んだ本に「中高年のブラック派遣」について書かれたものがあって、それにも同じ事が書いてあった。
私自身も同じ目にあったので同感した。

ではどうしたらいいのか?...

ダメだ。どうせ考えたところでいい考え何て浮かばない。

やめた。
いいやどうせなるようになるだろうから。

ケセラセラだ。

まあ今のところは何とか生活できているのだから、いらぬ心配はよそう。
また明日から頑張ろう!
では。



☆彡    

最後の給料明細が届いた


1月分の給料明細が届いた。
大した額ではないがうれしい。
86000円だった。

また貯金残高が増えるな。
もう何か月もお金を引き出していないので、来週あたり2万円ほど引き出しに行こうと思う。

靴が欲しい。
散歩に履ける物がいい。
いつもNBを買っている。このメーカーが一番自分の足にあっているようだ。
値段も安いので気に入っている。

今はいているものは、3980円だがたまには6000円ぐらいの物でも買ってみようかな。
ちょっと奮発して!
5年も今の靴を履いているのだから、5年に1度ぐらい奮発してもいいではないか。

でも10年前に会社がつぶれて無職になり、1年間土日に方々の山を登っていた時に買った靴は、今もたまにだが履いている。
1年間その靴で登山していたため、靴の底が剥がれてきたが、ゴムの接着剤を使ってくっつけて今でも履いているのだ。
しかし、見た目が良くない。ゴムの接着剤は黒くてそこの部分だけが妙に周りと合っていない。
だが1年間方々の山をその靴で登ったので、思い出が詰まっている気がしてなかなか捨てる事ができない。
たとえ見た目が良くなくても、履きなれていることもありつい履いてしまうのだ。

でも今履いている靴は、両方の小指が当たる部分に穴が開き始めているので、もう補修すらできない。
やっぱりこれは捨てて新しい靴を買う事にしよう。

来週あたり少し暖かい日でも狙って買いに行ってこよう。
たまには町にも行ってみたいしな。
もう1年以上町には行っていない。行く用もないし行きたいところもないからだ。
家が一番落ち着くし、楽なんだよね!

最近は若い人たちも、休みの日は家にいるとかラジオで聞いたことがあるが、おじさんだけではないのかと少しだけ安心した。
それでいいと思う。
町へ行けばいろんな誘惑があって、ついお金を使ってしまう事もあるだろうし、家にいればお金を使う心配がいらないからいい。

しかし、私の様に家にいても株などに手を出すと損をすることがあるから注意が必要だ。
そういえば仮想通貨でまた事件があったな!
出川がCMをやっていた奴で!

やっぱり正月に兄と話していたことが本当になってしまった。
本当に今の儲け話は気をつけなければならないな!
少しの油断も禁物だ!

もはやこの世に儲け話などない事を肝に銘じることにしよう。
では。





☆彡    

でっ 出ない!


まいった! 
朝起きて顔を洗おうとしたら、お湯が出なかった。
給湯器の電源は入ったのに、お湯が一滴も出ない。

水は出るのだが、お湯が出てこなかった。
何度もやったのだがダメだった。

水で顔を洗おうとしたが、冷たくてとてもその気になれなかった。
仕方なくお湯を沸かして水で薄め、それを使った。
どうせ10時頃になれば、氷も解けてくるだろうから大丈夫だろうと、その時は考えていたがそうはいかなかった。

お昼になっても給湯器が使えない。お湯が出ないのだ。
まいったな!このままではお風呂にも入れない。
焦ってきた!
何とかしなければ。

そこでぬるま湯を使って氷を解かすことにした。
お湯が沸くまでの間、ドライヤーを使って給湯器のホースを暖めたがダメだった。
最後の手段だと思い、お湯を沸かし水で薄めてやかん2つを満タンにして給湯器から出ているホースと入っているホースへぬるま湯をかけた。

かなりたっぷりとかけた。
ホースからは湯気が出始めたが、まだお湯は出てこない。
5分過ぎてもお湯が出ず、もうダメかなと半分諦めた頃、ちょろちょろと出始めた。

やった!やった!
うれしかった!こんなにうれしい事はしばらくなかったような気がした。
それほどうれしかった。

とうとうやっつけてやった!と言う感じだ。
妖怪トーケツを遂に退治した。

今日もよくやったな!
昨日は掃除、今日は水道屋として自宅何でも屋は、よく働いた。

しかし今夜もまた何もしなければ、明日の朝お湯を使う事ができないはずだ。
どうすればいいかとネットで調べたら、少しだけ水を出すのがいいと書いてあった。
でも水道代がもったいない気がする。
悩みどころだが、やはり寒い朝はお湯を使いたいのでやるしかないか。

仕方がない!
この寒さも明日までとか天気予報でも言っていたしな。

ちょろちょろと出しておこう。
でもなるべく夜遅くからにしておこう。
そうすれば節水ができるはずだ。

なるべく生活費を節約するからには、せこいとかケチとか考えてはいけない。
これが私の生きる道だ!

ちょっと、大げさだが。




☆彡    

もう一つ仕事を始めた


昨日今日と内職が終わったので暇になってしまった。
株の動きも見飽きたので、自分の部屋の掃除をしてついでに1階の部屋の掃除もした。

掃除ぐらいなら息も上がらずにできるので助かる。
掃除をしていたら、蛍光灯も暗くなり始めていたので交換した。
そしてファンヒーターの裏側やテレビの裏、冷蔵庫の裏などにもほこりがたまっていたので掃除機をかけた。
台所も床が少し汚れていたので、雑巾で拭ききれいにした。

そしてテーブルを拭いていたら給湯器のランプがついていたので消しておいた。
ガスの元栓も開いていたのでしめた。
お風呂場もついでにきれいにして、空いていた窓を閉め冷気を入れないようにした。

電話を留守電にして、オレオレ詐欺から守る。
玄関もロックを確認。
窓も必要な場所以外は鍵を閉めて置いた。
これで完璧だ!

出勤もしなくなって時間もでき、内職も終わってしまったから今度は自宅警備員だなんて思っていたが、そうはいかない。
自宅管理人としての仕事ができた。
自宅警備員は何もしないが、管理人には仕事がたくさんある。
暇などとは言ってられない。

両親の布団干しもあれば自宅の補修もする。
掃除はもちろんゴミ捨てや洗濯などもする。

あれっ!
これでは管理人と言うより、何でも屋か!
自宅何でも屋になったんだな。

そういう事で、また一つ仕事が見つかった。
ただし、収入はない。
残念だが。

しかし、両親も喜んでいるのだからこれでいいか!


それと株だが、今日は日経平均がかなり下がっていたので、それにつられて持ち株も下がり終わってみれば、4000円まで含み益が減っていた。
また明日に期待するか!



☆彡    

やっぱり 苦しい!


昨日、雪かきに参加できなかった後悔もあり、どれだけできるのかを確認したくて家の庭をやってみた。
朝6時に起きて着替えて、長靴を履き外へ出た。
この時間なら誰にも会わずにすむ。

寒かった。
いつもより気温も低くて、とても寒い。
雨戸を開けようとしたら、凍り付いていてなかなか開かなかった。

帽子をかぶりマスクもつけ、手袋にマフラーをした。
これなら大丈夫かと思ったが、それでも寒かった。
がまん、がまんと独り言を言いながら作業を開始。

スコップで玄関前から雪をかき始めた。
なかなかいい調子だったので、続けていたが5分も経たないうちに息が上がってきた。
それほど激しく動いたわけではないのに、ゆっくりと無理のないようにしていたはずだったが、やはりダメだった。

これしきの作業で息が上がってしまうとは。
少し立って休んでいたら、今度はめまいが襲ってきた。
なにか体調がおかしいと感じたので、ひとまず家に入って休んだ。

それにしても変だ。
普段は散歩や低い山を登っているので、雪かきぐらいなら大丈夫だと思ったがそうではないらしい。
やはりスコップを使っての体全体の作業と歩くだけでは、違っていた。

歩くだけなら毎日の事だが、スコップをもってとなると4年前の雪かき以来していない。
怖かったので上半身の運動はしてこなかった。
体力が落ちてしまっていた。

貧血はもう治らないので、せめて上半身を鍛えなければダメだな。
早速今日から少しずつ鍛えていこうと思う。
先ずは腹筋、背筋だな。そして腕立て伏せ。
無理せずにやっていこう。

しかし、本当にそれだけで改善するか分からないので、主治医の先生に相談したほうがよさそうだ。
そうこう考えていたら両親が起きてきて、無理をするなと怒られた。

そして、中途半端になってしまった庭の雪かきは、87と84の両親が2人で作業して終わらせてしまった。
その後でまた、面倒をかけるなと怒られた。

50過ぎの私は、80代の親に面倒を見てもらっている。
本来は、逆の立場なのに誠に申し訳ない。

こんな自分がまた情けなくなってしまった!


☆彡    

想像を超えていた!


雪をなめていました。
朝起きて雨戸を開けてみたら、そこは雪国だった。

別に川端康成ではないが、本当にそうだった。
こんな雪は今まで見たことがない。



ここに引っ越してから30年経っているが、今までにこんな降ったことはない。
4年前だってここまで積もらなかった。

下に降りて玄関を開けたら30センチ以上は積もっていた。
車の上にもすごい雪が積もっていて、オブジェの様になっていた。

9時を過ぎて雪かきが方々で始まったが、自分は参加できそうにない。
朝、庭を少しスコップで掃いただけでもすぐに疲れてしまってとてもできそうにないので、家に引きこもっていた。

うちの前の道にも雪があって本当は掃きたいのだが、我慢した。
そのうちに近所の人が履いてくれていたので助かったが、お礼を言いに出ていくことをためらってしまった。
その人はまだ30代ぐらいなので若くて元気だが、私は障害者で重労働ができず卑屈さを感じてしまった。

頭ではお礼をしたかったが、出来なかった。
今度会った時に、言えばいいか。

しかし自分の家の庭もまだ雪でいっぱいだから、雪かきをやりたいのだがどうしようか迷っている。
下手に体を動かして、あとでえらい目には会いたくないしな。

今はただお日様の暖かい光だけが頼りな、頼りないおじさんになってしまっている。

☆彡    

ものすごいことになってきた!


お昼前から降り始めた雪が、積もってきた。
ふり始めの頃は、風情があっていいなと思って、もっとふれ何て言っていたが、もはやその範疇を超えてきた。

ベランダに積もった雪はもう20センチは優に超えている。
しかしまだまだ降り方は激しい。
夜通し降り続いたらどうなってしまうのかと心配だ。

4年前に降った雪を思い出した。
あの時も30センチ以上積もってしまい、雪かきが大変だった。

今は雪かきをするのも一苦労になってしまう。
身体があの時とは違ってだいぶ弱くなってしまっている。

ああどうしよう。
まいったな!
まさかこんなに積もるとは思わなかった。

部屋でぬくぬくもいいが、こうも雪が降ってくるとは思いもしなかったから、段々心配になってきた。
停電など起こらなければいいが。
もしそうなったら、もう寝るしかないな。
布団にもぐりこめば寒さは防げるから。

そんな事を考えていたら株の含み益が2万円も減っていた。
結局、売らずにそのままにしてしまったが明日はどうなるのだろうか?

そんな事よりもまずは雪の心配が先だ。
どうかこれ以上積もりませんように!
ではまた。

☆彡    

雪の降る日は炬燵で仕事


今日からもう出勤しなくていいので助かる。
外は雪が降り始めて来た。
こんな日に車で出勤していたら帰れなくなりそうだ。

しかし、運がいい。よりによってクビとなり内職になった最初の日が雪になるとは。
だから今は、炬燵でぬくぬくしながら作業をしている。
好きな時にできて好きな時に休めるのがいい。

それにいつやってもいいのだから、金曜日に持ち帰ってきた部品は既に土日でその一箱を終わらせてしまった。
そして今日はもう残り一箱の3分の1を終わらせている。

このペースなら明日で終わってしまい金曜日まで仕事がなくなってしまうことになる。
もしかしたら1週間で6箱はいけるのかもしれないな。
でも、そんなにしたくはないのでマイペースを保てる4箱ぐらいにしておこうと思った。

今はラジオを聞きながら炬燵でゴロゴロしている。
窓の外は結構雪が降ってきている。
たまには雪の降るのを、こうやってぬくぬくして見ていることも楽しい。

無職の時はそんなに楽しくはなかったが、仕事をして稼ぎながらぬくぬくして見られるから最高だ。
雪よ、もっとふれ、もっとふれ!
なんかワクワクしてきたな。小学生の頃もこんな気分だったような気がするが、どうだったんだろう?

さて午後は株の動きでも見ながらまたゴロゴロぬくぬくして過ごすことにする。
今は、こんなことでも幸せを感じる事ができるようになった。
年をとったからなのだろうか?


☆彡    

思い出は名曲と共に宙をさまよう


引退会見を見た。
小室さんの話だが、本当に残念だ!
はっきり言って少しショックでもあった。

芸能界やテレビの中のタレントにまったく興味がない私だったが、今回は少し寂しさを感じてしまった。
何故かと言うと、彼の曲を聞いて励まされたことがあり、その曲と共に思い出があるからだ。

その曲が流行っていた当時は、すでに世の中不況の真っただ中でどんなに頑張ろうが先の見通しも立たない時だった。
それは昔の話だけではない、今も続いているのだが。

当時、夜遅くまで営業で走り回り売り上げを伸ばそうと頑張っていた。
いくら夜遅くても残業代はなく、売り上げ次第で給料やボーナスが決まり必死になっていた。
そんな時に営業車のカーラジオから彼の曲が良く流れてきて聞いていたのだ。

帰宅するときには、電車のつり革をぶら下がるようにしてつかまり、鏡のようになった窓に映る疲れ果てた自分をボーと見ながら毎日帰っていた。
そんな時に、彼の曲の歌詞が頭に浮かんだ。
「ほんのひとときでも、自分がどれだけやったか、窓に映ってる素顔を褒めろ」

この歌詞に、勇気づけられた。
こんなことを言ってくれる人は、誰もいなかったからだ。
自分を褒めろ!だなんて。

そうなのだ。皆頑張っていたんだ。電車の中を見渡せば、皆疲れ切ってだるそうな人ばかりだった。
しかし、誰もその頑張りを褒めてはくれない。
頑張って当たり前だと思っているからだ。

いや、そうじゃないはず!頑張らなくてもいい社会にしなければいけないはずなのに!
みんな必死になっている!

そんな時に、小室さんは「自分がどれだけやったか、窓に映っている自分を褒めろ」と言ってくれた。
ありがたかった。

でも彼は引退してしまう。もう勇気をくれるような歌を作ってくれないのだろうか?
いや、まだ私はあきらめていない。
彼の事だ。また元気になって復活してくるに違いない。
私はそう思っている。

しかし彼が最後に言った言葉には、今の彼の思いがあった気がする。
テレビではどこも取り上げなかったが、ネット上では絶賛されているので見て欲しい。
まったくその通りだと思った。

☆彡