内職をしてみることにした

スポンサーリンク


本当にありがたい話だったので、今日早速やらせてもらいたいと言ってきた。
主任は喜んでくれていた。

やはりクビの宣告はしたくなかったそうだ。それで何か仕事がないかと探してくれたようだ。
そしてあったのが内職だったとの事。
一人辞めた人がいたので、求人を出すところだったらしいから丁度良かったそうだ。

それに部品を配送するルートの途中に、私の家があったので都合がいいと言っていた。
金曜日の午後に内職でできた製品を、配送の帰りにうちへ寄って積み込み会社へ戻る。
その時に、新しい部品をうちへ置いていくそうだ。
毎週一回、金曜日の午後に配送のトラックがうちに来ることになった。
もし留守の時でもいいように外にプラスチックの大きな箱を置くことになった。
これは以前からのシステムとの事だった。

実に都合がいいと思った。
これならいちいち配送マンと顔を合わせなくて済む。
プラスチックの箱に入れておけばいいのだから。

さっそく帰りにそのプラスチックの箱を車に積んで帰ってきた。
盗難の恐れはないのかなと思ったが、何の製品かも分からぬ物を盗む奴などいないはずだから安心だ。
これで当分の間は小銭が稼げる。
良かった。
しかし、この内職もいつまで続くかは分からないそうだ。
今後の仕事量次第だ。

職場でも私が内職をすることになった話を知っていたようで、皆良かったねと言ってくれた。
普段からあまり話をしなかったので、気の利いた返事もできず「おかげさまで、決まりました」とだけ言っておいた。

来週からは顔を合わすことはないが、たまに会社へ来ることもあるので、これでサヨナラと言うわけではない。
今の職場も私が抜ければ3人だけとなるので、「寂しくなるね」とお互いに言っていた。
たった1か月半ほどだったが、少し寂しくもある。
これも歳をとったという事なのだろうか?

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR