FC2ブログ

マッハで過ぎていく

スポンサーリンク


毎日が早いというか、1日が早すぎる。
気が付くと夕方と言った感じだ。
前はもっとゆっくりと進んでいた気がするが、錯覚なのだろうか?

朝7時に起きて朝食を食べ、顔を洗って8時、散歩をしてきて11時、そしてお昼、午後からはテレビを見たりネットで動画や映画などを見て4時、そして今はブログを書いている。
もう5時だ。

午前中は、散歩だけで終わってしまい、他に何もやっていない。
午後だって、だらだらとパソコンの前に座っていただけだ。
こんな調子で毎日が過ぎていく。
今は会社へも行かなくなり、家で内職だから余計に早く感じてしまう。

きっと気が楽になった分だけ早く時間が過ぎていくのだろうと思う。
休日は昔から時間が経つのが早かったからな。

仕事へ行っていた時は、時間が経つのが遅く感じたものだ。
やはり嫌な事をしていると、時間の経過も遅くなるのだろう。
本当に遅くて、よくイライラしていた。
自分だけではなく他のみんなも同じことを言っていた。

これは浦島太郎の話と似ているような気がした。
浦島太郎は竜宮城で楽しい時間を過ごし、本人は数日の感覚でいたのに戻ってみたらもう何年も月日が過ぎていた。
これは楽しい時間を過ごしていると、時間が経つのも早いよと言っているのだと思う。

別に今が竜宮城の生活とは言えないが、これは例えであって気楽な楽しい日々の事を言っているのではないかと思う。
そんな事を考えていたら、不安になってきた。
ただ気楽な日々を過ごすだけでいいのかと。
気が付いたら、じいさんになっていて後悔しなければいいが。

かといって、今何をすればいいかも分からない。

いいのかな?これで・・・
そんなに深く考えることもないか・・・
大した人生でもないしな・・・
これでいいかもな・・・
今の生活が竜宮城の生活とは、大違いだしな・・・
現実を生きているんだしな・・・

という事で、気楽に楽しくこれからも生きていきたいと思った。

なんとか内職で稼いでね!

明日もきっと今日と同じ事をしていると思う。
これでいいのだ!


たぶん・・・・・・・・・・・・・





スポンサーリンク

自分へのご褒美を買った

スポンサーリンク


曇り空だったが、暖かかったのでお出かけをした。
いつも気まぐれだ。
前もって計画など立てるのは、性に合わない。
ふと気が向けば出かける。

車もあまり乗っていないので、ドライブがてら行ってきた。
目的は、靴を買うため。
今履いている靴は、NBのスニーカーだが両方の小指のあたりに穴が開いている。

先日病院へ履いて行ったのだが、さすがにみっともないと思った。
穴が開いているだけでなく、糸もほころび始めていて、だんだん惨めになってきた。
そこでドライブのついでに靴を買う事にした。

さっそくネットで近くの店を探したが、ない。
田舎なので近くに店がない。
どこが一番近いかと探したら、車で1時間半ぐらいのところにABCマートがあった。
他には東京靴流通センターもあったが、前に行ったとき気に入った靴がなかったのでやめた。

9時30分に家を出て、のんびりと車を走らせた。
車も相変わらず調子が良く、静かで路面からのショックも少なくて快適だ。
金曜日のせいか道が少し混んでいたので、店についたら11時半ごろになっていた。
約2時間かかってしまった。

店に入り一通り見て自分の気に入ったものが見つかった。
やはりNBの靴だ。
自分の足にはNBが合っていて、履き心地がとてもいい。
他のメーカーも試したが、あまり履き心地が良くなかった。

そして買った靴がこれだ!



MW550BK1   6123円(税込み)

久しぶりに5000円以上の靴を買った。
初めは4000円ぐらいの靴を買おうと思っていたのだが、なかった。
あってもあまり気に入らないものだったのでやめた。

しかし、数年前より靴の価格が上がったのかな?
前は3980円ぐらいで同じぐらいの靴が買えたのだが。
どうなのだろうか?

それにしても新しい靴はうれしい。
子供の時もそうだが、大人になってもうれしい。
さっそく家に戻ってからひもを通して履いてみた。
気持ちがいい!
歩き心地も抜群だ。
履きなれた靴のような気がする。
これなら散歩にも十分使える。
非常に満足した。

何時も内職を頑張っているのだから、たまには自分へのご褒美もいい。
6000円ぐらいで満足できるのだから安上がりだ。
また何か欲しいものがあったら、あまり我慢せずにできる範囲で贅沢をしようと思った。

お金だってただ貯めているだけでは、何も価値がない。
たまにはほしい物を買い、お金のありがたさを知り、満足したほうが精神的にも健康になれるのではないかと思う。
株で失くすだけではもったいない。
あまり株にお金を使わない様にしようと思った。
どうせ、失くしてしまいそうだしね。
株からは、少し離れることにしよう。

地道にコツコツと内職をしていこう。
辛くても飽きても、休みながらやっていこう。
今日は靴を買ってよかった。
これからの生き方も考えることができたようだ。



スポンサーリンク

仕事はどうだい?楽しいかい?

スポンサーリンク


毎日、午前午後と2時間づつ内職に励んでいるんだが、もう嫌になってきた。
同じ作業の繰り返しで、面白くない。
やりがいもない。この先に夢も希望もない。

もう何年も前だが、誰かに「仕事は面白いか?」なんて言われたことがある。
その時は、営業マンで自分の思うように働けていたから、「面白いです」と答えていた。
まだよかった時だ。
売り上げも順調に伸びていて、携帯電話もそれほど普及していなかった時代だ。

その後、携帯電話を使うようになって自由が利かなくなった。
お得意先は、好きな時に携帯電話にかけてくるので、自分の計画通りにはいかなくなってしまった。
まったく、厄介なものを作りやがって!とその当時は思っていた。

話しがそれたが、とにかく今はどうかと聞かれたら、「面白くない」と答える。
やっぱり単純作業は疲れるし、張り合いがない。
明日もまた頑張ろうなんてことも、思わない。

みんな、仕事を楽しんでいるのだろうか?
中には楽しんでいる人もいるはずだが、ほとんどの人は楽しんではいないと思う。
自分の好きな仕事なんて、ほとんどの人は就けないのだからね。

結局、妥協して我慢して働くしかない。
運が良ければ、その仕事を楽しむこともできるだろうが、賃金がそれに見合ってはいないはずだと思う。

自分もやっと見つけた家電量販店のパート販売員時代も、初めは売り上げ目標を達成するたびに、満足感があったがそれも次第になくなっていった。
やはり賃金が安かったのと、目標を達成したところで何もない事が、虚しかった。
賃金が安いのならせめて目標を達成できたら、ボーナスぐらい弾んだっていいんじゃないのかと思う。
しかしボーナスすらなかった。

1~2年は、それでも我慢したが3年目以降は、やる気をなくし惰性でなんとかサボれるように工夫して働いていた。
その時も、まったく面白くはなかった。
それでも皆、働かなければ生きていけない。

昔から思っているのだが、なんか世の中これでいいのかな?と思ってしまう。
やりたくもない仕事を我慢して続け、お金を得て生きていく。
これで60まで過ごさなければいけないなんて、本当に幸せな人生だと言えるのかな?

何かおかしな気がする。
でも世の中、お金がなければ生きられない。
ではどうすればいいのか?

自給自足か?
ニートか?
男なら主夫か?
ホームレスか?
犯罪を犯してお金を得るか?これはダメか!
宝くじや博打、株、FXで大金を得るか? これも難しい。

いろいろと考えてしまうが、いい方法が見つからない。
そういえば、ベーシックインカムなんて話があったが、どうなのだろうか?
でもそれに見合う税収がなければ始まらないか。

本当にどうすれば一番自分に見合った生き方ができるのだろう。
どうせ見つかりそうもない。
みんな悩んでいるうちに年をとり、死んでいくのだろうな。

まあ、せいぜい内職の合間に何か楽しめる事を探すしかなさそうだ。
だから1週間には、昔から日曜日があるんだなと思った。
その日曜日だけでも嫌な仕事から解放されるから、みんな待ち遠しいんだ。

そんな事を考えていたら、中学生の頃読んだアラン・シリトーの「土曜日の夜と日曜日の朝」を思い出した。
また読みたくなってきてしまった。



スポンサーリンク

陳腐な正義感なんぞ、かかと落としでぶっ壊せ!

スポンサーリンク


ダウンした。
物の見事にかかと落としが頭に落ちてきた。

前場が始まると同時に、ショックを受けた。
マイナス6万円になっていた。
それからも日経平均は上げ続け、上げ幅は500円を超えた。

先週末に報道で森友問題で、与党がピンチだとか言っていたので、少し期待していたのだが、裏切られた。
検察から公文書が戻り、森友に関与していた政治家や改ざんされた文書が、明らかになるとか言っていたのに、ふたを開けたら何もなかった。
改ざんを命令した人物すら明らかにされず、今後調査するとの事だった。

またか!と思った。
政治権力を握っている者は、どうにでもすることができるのだ。
もし不正を行ったとしても、なかったことにもできるし、今回財務省の者が公文書偽造という罪に問われるはずだが、今回は問われないと言っていた。
普通なら公文書偽造の罪は、10年以下の懲役のはずだが、それもなしということだ。

これが世の中なのだ。
権力がある者なら法律だって変えられる。

こんなことは仕事をしていた時にだって経験していた。
酒問屋の営業マンだった時だって、酒の安売り競争が激しくなり、生産者価格を割って販売しているディスカウント店や大手スーパーなどがあり、公正取引委員会は不当廉売を取り締まるような通達を出していながら、いざ取締りをお願いに行っても何もやらなかったことがあった。
後でわかったことだが、そのような取り締まりは弱小の店のみで行われ、大手には何もしてはいなかったのだ。
裏で何か口利きのようなことが行われていると、その当時卸業界ではささやかれていた。

どうやら金が動いていたようだ。
自分が勤めていた問屋の社長が、卸し総会で聞いてきたから間違いはないと思う。

いつの時代も、権力や金の力は正義に勝つのだ。
悪は滅びるなんてことはない。
陳腐な正義こそぶっ壊されるのだ。

さんざんこんな経験をしてきているのに、今回もまた陳腐な正義感によって損を出してしまった。
まったくダメな奴だ。
もういい歳なのだから、世の中を理解しなければいけないな。

森友問題だって、きっと誰が指示したかなんて犯人は分からないと思う。
調査したが分かりませんでしたで、終わるはずだ。
そして何も出来ない野党に皆あきれて、自民党の支持率はますます上がる事だろう。

いいのだそれで。
自分も自民党の安倍総理を応援すればいいのだから。
そうだ、長いものには巻かれなければ生きていけないのだからね。

これからは、国民の多くが支持する政権を応援していこう。
それが自分にとってためになりそうだ。

逆らってカラ売りしたせいで、損を出して改めて良く分かった。
というか、一つお利口さんになれたかな。

本当のところは、どうなのだろうか?
これでいいのだろうか?
よくわからないが、今はそうしていた方がいいらしい。



スポンサーリンク

3.11 あの日なにをしていたか

スポンサーリンク


朝7時に起床。
8時にいつもの山へ出発。
静かな山の道をひたすら登った。

1時間で頂上到着。
少しだけ休む。水を飲み飴をなめながら来た道を戻った。

いつも帰りの下り道の時にいろいろな事が頭に浮かぶ。
今日は7年前の3月11日の事を思い出した。

あの時は家電量販店で働いていて、接客の最中だった。
平日の何曜日かは忘れたが、客が少なかったので絶えず店長から客を見つけたら、すぐに接客しろと耳へ無線が飛んできていてうるさかったことを思い出す。

その時は、80歳近くのおじいさんを接客していた。
照明コーナーで。

そして2時46分、地震を感じた。
初めはゆっくりな揺れだったが、直ぐに強い揺れになり、頭の上の照明が互いにぶつかりガラガラと音が段々激しさを増した。

私は尋常でないその揺れに驚き、恐ろしさを感じてきたので、近くの店員とそのおじいさんに声をかけて、外へ出るように促した。
しかし、店員もおじいさんもなんとも思わないようで、その場を動こうとせず、困った。

その後、無線で近くの非常口からお客を外へ出すように指示があり、店員はやっと動いた。
しかし、おじいさんは声をかけてもなかなか動けない。
仕方なく近くにあった台車におじいさんを乗せて、一番近い商品の入荷口から外へ連れ出した。

おじいさんは、ただ口をあんぐりと開けていて何も言葉が出なかった。
外へ出ると、すでに倉庫番が2人出ていて、休憩中だった店員も焦りながら外へ出てきた。

店の建物から離れるように指示して、地震がおさまるのを待ったが、なかなかおさまらず地面は横に揺れて、まるで波乗りをやっているようだった。
すかさず頭上は大丈夫かと思い、見上げたら大きな看板がポール上にあったので、そこからも離れるようにみんなに言った。

数分後、やっと地震がおさまり、そのおじいさんや他の客たちも急いで帰って行った。
しかし、その後も仕事は続き、お客がいなくなった店内で、倒れた物や壊れた物がないかを確認し、何も異常がないことが分かった。

そして、展示の大型テレビからツナミの映像が流れてきた。
ひどい状況に、その時いた店員は全員、テレビにくぎ付けだった。

帰りも電車が止まっていたので、近くのアパートで暮らしていた店員に泊めてもらった。
その店員は、かなりお金に困っていたので、5000円分の食料を買ってやるという事で、泊めてくれた。

翌朝も出勤だったが、電気がつかずオープンできなかったので、その日は特別に早く帰れた。
家の状態が心配だったが、震度もそれほどなく、何も変わりがなかったから良かった。

しかし、今も被災地では仮の住居で暮らす人が、かなりいて大変との事だ。
どうにかならないものか?

復興は進んでいるようだが、実際はどうなのだろう?
テレビやラジオ、ネットだけでは、本当の事が分からない。

今私にできる事は、少しでも復興のために募金に協力することしかできない。
そして、完全な復興を願うだけだ。
そんな事を思いながら、山から下りてきた。

そして、2時46分、黙とうをささげた。
被災によって亡くなられた方々へ。

このような災害が、2度と起きないことを願わずにはいられない。






スポンサーリンク

往復ビンタをされたのに、今度はかかと落としを食らいそうだ!

スポンサーリンク


ぎゃーーーーー!
朝起きて悲鳴が出た。

ダウが400ドル以上上がっていた。
雇用統計が予想以上に良かったためだ。

くそっ!
ラジオで誰かが、雇用統計が良くてもそれを見て長期金利が上がるから、ダウはもしかしたら下がるかもしれないなどと言っていたので、自分もその意見にのってしまいカラ売りを入れていた。

読みが外れてしまった。
くそっ、くそっ、くそっ!
ちくしょーーーーーーう!

全部自分が悪いのだが、さすがにへこんでいる。
朝から。

月曜日が恐ろしい。
どれだけの損失を出してしまうのかと。

今日は気分が沈んでいたので、近場を1時間ぐらいだけ散歩した。
いつもなら気持ちの良い散歩のはずなのに、今日はずっと暗い気持ちのままだった。
まいったな!

明日も気分がへこんだまま過ごさねばならないのかな。
は~~~~~
ため息が出てしまう。

仕方ない。
きっぱり諦めたほうがよさそうだ。
すべてなくなるわけではないのだからな。

また取り返すことだってできるかもしれないしな。
忘れたほうがいいな。
明日は晴れそうだから、山へでも行ってこよう。

気持ちを切り替えるためにね。
しかし、いつになったら儲ける事ができるのだろうか?

鬱。


スポンサーリンク

美容師になってみた

スポンサーリンク


年末に髪の毛を切ってもらってから、もう3か月が過ぎた。
髪の毛が伸びて、少し鬱陶しいので切ってもらった。

いつものように母に切ってもらった。
恥ずかしい話、20代からずっと切ってもらっている。

初めは近所に床屋がなかったので、仕方なく切ってもらっていたが、それがずっと続いている。
床屋へ行ったのは、もう30年も昔だ。
あの頃は確か3000円だったと思う。

かなりの節約になった。
2か月に1回床屋へ行くとすれば、1年で18000円だ。
30年だと540000円にもなる。

うちでは父親も母に切ってもらっているから、二人合わせて1,080,000円も節約できた。
これからも元気なうちはやってもらう。

そして母親だが、今までは美容室へ3か月ごとに髪を切りに行っていたが、それほど伸びてもいないしパーマをかけるわけでもないので、切ってほしいと私に言ってきた。
そこで私は、初めて髪を切ることに挑戦した。

母に鏡を持ってもらい、支持を受けながら前から少しづつ切っていった。
そして後ろの髪を切ることになり、緊張してきた。
どういう風に切ればよいか分からず、母に教えてもらいながら切った。

まず櫛でとかし、伸ばして見て長さを確認した。
大体何センチ切ればよいかを聞いて、言う通りに切ってみた。
しばらくして切ったところを見たら、横に段差が出ていた。

まずいな。やっちまったかな?と思い母に言うと、母は横に切るから段になるんだと言って、後ろは縦に櫛を入れて縦にハサミで切ればいいと教えてくれた。

そうか!と思い言う通りにしてみたらできた。
縦に切ればいいのだ。
そうすれば頭のカーブに沿って奇麗に切れるのだ。

一つ覚えたら面白くなり、今度は櫛を使わずに髪を指で挟みながら切ってみた。
そうテレビでよく美容師がやっている方法で切る事ができた。
なかなか面白い。
調子に乗って切っていたら少し短くなってしまったが、母はもう年だし適当でいいと言ってくれたので助かった。

終わって母の頭を一通り見て、よし!と思い納得できた。
母もこの調子なら上出来だと喜んでくれ、4000円が節約できたと言ってくれた。

これからもよろしくね!と言われたので、また母の髪の毛を切ることになりそうだ。
始めて切った母の髪の毛は、細くて頼りなく切っていて少し悲しくもなった。
白髪で少し薄くもなっていた。

昔は髪の毛もかなりの量があり、くせっ毛だったため、よくブラシで髪をとかしていたのを思い出す。
今はもうその面影もない。

でも髪の毛は白く薄くなっても、まだあの頃と変わらず元気だからいい。
これからも元気でいてくれればいい。
また、髪の毛を切ってやることができるからね!



スポンサーリンク

えっ!こんな給料じゃ・・・・・

スポンサーリンク


今朝もいい天気だったの近場を1時間ほど散歩してきた。
気温も高くて暖かかったので、途中何人かのウォーキングをする人や登山者を見かけた。

いい気持で帰宅して、新聞を読み日曜日に入っている求人広告を見た。
もう日曜日の習慣になっている。
いつもドキドキしながら隅から隅まで入念に読む。

毎週のように求人を出している会社もあり、大体が介護や店舗の販売員のパートやアルバイトの求人だ。
いつもそうだが見た後はがっかりする。

そして、隣の県の求人を最後に見た。
その中にとんでもない求人があった。
それがこれだ。




正社員なのに、給与が132800円
びっくりした!

8時半から17時半まで、みっちり働き、その給与とは。
それに完全週休2日制でもなく、土曜日の出勤もありと書いてある。

その給与から社会保険などが差し引かれたら、いくらになってしまうのか?
ひょっとして、10万を切る事もありえるな。
これでは、かなり生活するには苦しいのではないか。

まして、家族を養うには少なすぎる。
こんな求人で応募者がいるのだろうかと疑問を感じてしまう。

どうなのだろうか?
自分でも、さすがにここはないなと思ってしまう。
安すぎる。
それに働かせすぎだ。この給与で。

先日、有効求人数が過去最高になりつつあるだの、失業率がかなり改善しただのといいニュースを耳にしたが、こんな求人ばかりが多いような気がする。
今日見た求人広告もパートやアルバイトがほとんどで、その全てにおいて最低時給が書かれていた。
どっちみちその仕事をしたとしても、一月の給与はいずれも13万円ぐらいにしかならない。

結局、正社員で132800円の求人と変わらないのだ。
もはや、ため息も出ない。
私が働きたくなるような求人などは、もう今後も出てきそうもない気がする。
もしあっても、私のようなおじさんなどは採用なんかしないな。

とにかく今は、内職を頑張るしかなさそうだ。
何時切られるかは分からないが、やるしかないな。
せっかく気持ちのいい散歩ができたのに、これからが不安になってしまった。


今日もまた、ベランダで日向ぼっこをした。
少し暑さを感じたが、涼しい風もあり快適な日向ぼっこを楽しんだ。
FMラジオから流れてくる音楽に耳を傾けながら、ゆっくりボーとした時間が過ごせた。

気が付けば3時間もベランダにいた。
顔が少しほてったようだ。日に焼けてしまった。

でも気持ちがいいから満足だ。
また明日から内職を頑張ろう!





スポンサーリンク

ぶらり おじ散歩!相模湖でのほほん(写真多数)

スポンサーリンク


朝8時過ぎに車で出かけて、9時過ぎに相模湖へ到着。

IMG_1484_convert_20180303123206.jpg

駅方面から真っすぐ湖へ向かう。

IMG_1485_convert_20180303123307.jpg

昔はこの横にも小さかったがゲームセンターがあった。
あれからもう30年は過ぎたな。

IMG_1486_convert_20180303123401.jpg

今は廃墟となっている相模湖ローヤルが見える。
ネットでは心霊スポットになっていた。
空には飛行機雲。

IMG_1487_convert_20180303123449.jpg

しばらく歩くと喫茶店や食堂、釣り船屋などが現れる。
しかし、にぎやかなところはここだけだ。

IMG_1489_convert_20180303123542.jpg

小学生時代の遠足で遊びに来た時、このゲームセンターで遊んだ。
手前には射的があり、その横にはスマートボール、奥にはゲームセンターがあったが、今はもうやっていないようだ。

IMG_1490_convert_20180303123640.jpg

反対側にもゲームセンターがある。ここはまだやっていた。
そしてここは、スワン丸やクジラ丸乗り場にもなっているが、誰も観光客がいなかった。

IMG_1494_convert_20180303123941.jpg

その先には水力発電のタービンが置いてあったが、あまり興味はない。

IMG_1493_convert_20180303123843.jpg

空を見上げたら、きれいに晴れ渡っていた。

IMG_1492_convert_20180303123741.jpg

湖畔をしばらく歩いていたら、一人の釣り人を見かけた。

IMG_1500_convert_20180303124037.jpg

声をかけようかどうかと迷ったが、思い切って声をかけた。
「すみません。何が釣れるんですか?」
その人は初めドギマギとしていたが、小さな声で答えてくれた。
「ええ、バスですが、ここは初めてなんです」
歳は40代ぐらいのようだ。
どうも口下手なようなので、声をかけてしまった事が悪かったかなと思い、直ぐにその場を去ろうとしたが、その人はその後にいろいろと釣りの道具などを教えてくれた。

私も最近、釣りに興味を持ち始めていたのでためになった。
彼は口下手ながらいろいろな種類のルアーなども見せてくれ、どのぐらいの予算があれば釣り具の一式が揃うかなどを教えてくれた。
だいたい1万円あれば揃うとの事だ。
私は彼にお礼を言って別れた。
その時に、後姿だけ写真を撮らせてもらった。
ブログに載せてもいいか聞いたところOKとのことなので載せた。
彼からなんて言うブログか聞かれたが、恥ずかしかったしあまり人も見ているようなブログでもないので、内緒という事で勘弁してもらった。

IMG_1501_convert_20180303124126.jpg

彼は釣りをすることだけが目的ではないらしく、のんびりゆっくり、ぼーとするために来たそうだ。
まったく、私と目的が一緒だった。

またしばらく歩きベンチに座って空を見上げた。

IMG_1502_convert_20180303124211.jpg

相変わらず気持ちよく晴れ渡っている空を見ながらのほほんと日向ぼっこをしてきた。
時間が経つのが早く、気が付けば2時間も相模湖でのんびりしていた。

お昼過ぎに帰宅して、またベランダで日向ぼっこをしながらラジオから流れてくる音楽を聴いている。

明日も晴れたらいいな!





スポンサーリンク

2月の収支と貯金額

スポンサーリンク


気が付けば、もう3月だ。
2月は何をしていたのだろうか?
特別何もしていないから記憶にもない。

さて2月の収支だが、毎月余り変わりばえがしないから書こうかどうしようか、迷ったが一応書くことにした。

支出

駐車料金      300円

お菓子代      800円

飲み物代      100円

合計        1200円


収入

給料       47000円 (1月分も含)


プラス      45800円

先月も生活費は、親の年金から出ているので、自分の支出はなかった。
使ったのは、病院の駐車料金とたまに買うお菓子と飲み物だけだった。

残った45800円は貯金する。
ちなみに1月も給料分を貯金した。

出かける時には必ず自分の財布を持って行くのだが、ほとんど出番なしなので使う事がない。
買い物も両親の財布から出ていて、スーパーで食べたい物を適当にかごに入れているから、お菓子代もほとんど自分の財布からは出さない。
たまには出そうかと言うと、いらないと強く断られてしまう。
全くありがたい事だ。親に感謝しなくては、いけないな。

そういう事で、今年になってからの貯金は約10万ぐらいになった。
やっと10万貯まったが、やれやれという感じだ。

一応、貯金額の目標として、1000万円としているが、いつになったらたまるやら、という感じでいる。
まあ、気長にのんきにやっていこうか、と思っているから別にいい。

それにしても今日は暖かいい日だな。
午後からまたベランダで日向ぼっこをしたが、日に焼けてしまいそうな日差しだった。
でも寒いよりかはいい。

明日もあったかくなってほしいな!


スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらのセミリタイア生活。社会からはじかれ、心臓に障害を負いながらも楽しみを探し一人日々を生きる。

カテゴリ
スポンサーリンク 
  
ここをポチッと!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR