悪徳業者を退治した!

スポンサーリンク


昨日、秘密の場所からお昼に帰宅したら、両親から屋根のリフォームを明日やってもらう事にしたと言われ驚きどういう事か説明を聞いた。

どうやら訪問販売に引っかかったようだ。

詳しく業者に聞きたいと思い業者の名刺は?と聞くと貰っていないと言う。

これは怪しいと思い。契約書は?と聞くと、ないという。

益々怪しい。

いつもはどんな訪問販売でもすぐに断っているのに、今回はどうして引っかかったの?と聞くと、どうやら親しいご近所さんのお得意の業者だったからだと言った。

これも疑わしいのでその人の所に話を聞きに行ったら、そんな業者は知らないと言われてしまった。

これで詐欺にひっかかったことが判明。

取り合えず明日業者が来たら追い返そうと策を練った。

ネットで調べ上げ対策を考えノートに2ページにわたり書き連ね迎え撃つ準備は整った。

そして今朝8時半にインターフォンが鳴り画像を確認、昨日と同じ人物か確認させインターフォンの画像をデジカメで撮った。
うちのインターフォンは録画機能がなかった。

そしてICレコーダーをONにしドアを開けた。

その業者の人は若く低姿勢の感じの良さそうな人物だった。

私が出ると奴は驚き「ご子息様ですか?」と聞いてきた。まさか息子がいるとは思わなかったようだ。

まずはこっちも愛想よく「ご苦労様」なんて言って、最初の目的を実行した。

それは昨日おふくろが、何かの用紙に住所や名前や電話番号を書いた紙を取り返すこと。

まずそれを取り返すにあたり、どういう風に言おうか考え思いついたのが、「昨日おふくろが書いた住所と電話番号が間違えてるかもしれないから確認させて」と優しく言った。

彼は素直にその紙を出した。そして書き直してくると言って取り返した。

よく見るとただのレポート用紙に屋根の図が書いてあるだけの紙で、下におふくろが書いた住所などがあった。

おふくろに自分が書いたものかを確認させ、原本であること、写しがない事を確認しその紙を確保。

そして次は彼の名刺だ。それも彼は素直に出した。

さあ、ここまでくれば簡単だ。後ははっきりと口頭で断ればいい。

「昨日訪問した時にね お宅は自分の会社名も名前も言わないし、それに近所の人の名前を出したからおふくろは信じてお宅に屋根を見せてしまったんだけどね 昨日お宅が出した近所の人に聞いたらうちには来てないと言っていたんだよ、それって詐欺じゃない?」

すると彼 「あのあっちの方の方なんですけど」と言って指をさした。

おふくろは「えっ!あっちなの?こっちの人かと思った」違う方を指をさした。

どうやらおふくろは同じ苗字でも親しい人の方だと思い込んでいたらしい。そのことも想定済みだ。後で説明。

彼 「私が説明不足だったんですね。すみませんでした」と言ってあやまった。

なかなか好感が持てそうな人物に感じたが、油断はできない。すかさず次の手、特定商取引法の説明。

それを出すと目を丸くして、「それは何ですか?」と聞いてきた。

「そんな事も知らないで営業しているの?」と言ってノートに書いた項目を読み上げながら、彼の違反個所を指摘していった。

彼「驚きました。社長からはそんな話は聞いてませんでしたから。すみませんでした」。

彼もまいっていたので、もうやめようかと思ったが、せっかく調べたことなので続けた。

「あと民法95条にね。誤解による契約は破棄できるんだよ。動機の錯誤といってね、おふくろは親しい方の人だと思って契約したので、この法律が当てはまるんだよ」と教えた。

彼「本当に申し訳ありませんでした。私の説明不足でした」と言って何度も頭を下げた。

もうここらへんで辞めとこうと思い。工事を断り帰ってもらうことにした。

彼は私たちが見送る間中ずっと頭を下げ続けていた。

その彼を見ていたら気の毒になり、缶コーヒーを1本上げてしまった。

「遠くから来たのに悪かったね」と言って渡したら、「とんでもありません。こっちが悪いのですから」と言ってまた頭を下げた。

見送りながら「あの人は本当に悪徳業者なの?」とおふくろ。

「悪い奴ほどよく頭を下げて人柄がよく見えるんだよ」と言ってやり、今後は必ず自分に話を通すようによく言い聞かせた。

両親は納得して何回も頷いていた。


でも本当に感じがいい奴だった。あれならすぐに次の獲物をゲットできるだろう。

世の中、こんなにもサギが進化しているとは恐ろしい事だ!

私も途中で「こいつなら仕事を頼んでもいいかも」と思ってしまった。

本当に恐ろしや訪問販売!


お読みいただきありがとうございました。
*悪い奴ほどよく頭を下げるんだったな ・・・へへへ






スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR