FC2ブログ

先生に自分の生存年数を聞いてみた

5時半に起きて朝食は食べずに6時半に家を出た。

病院には7時20分に着いたのだが、もうすでに30人の人が待っていた。

8時に受付をして採血、レントゲン、心電図と検査を行い9時半に診察となった。

血液検査の結果は適正範囲内だった。

レントゲンも異常なし。

心電図も異常がなかった。


ひとまず安心だが、いつおかしくなるかは分からないから不安は残る。

そこで先生に自分と同じ手術をした人の平均的な生存年数を聞いてみた。

先生はしばらく考えていた。そして

「感染症やその他の原因で亡くなられる方もいるからね。ん~~ん」

と黙り込んでしまった。

結局、手術後の生存年数については教えてもらえなかった。

人それぞれだから分からないのかもしれない。

ただ自分の周りで聞いた話では、1~5年が多かった。

しかし自分と同じ手術をした人のブログなどを見ると、10年や20年経過している人もいる。

先生が黙り込むのも分かった気がした。

この先の事は誰にもわからないのだ。

いつどうなるかは運命次第といったところなのだろう。

とにかく今できる事は、感染症に気を付ける事だ。

風邪やインフルエンザだな。

まずはそれらを寄せ付けないような生活をしていくしかない。


お昼ごろに帰宅したのだが、台風の影響で雨がすごかった。

家に近ずくにつれて、路面に大きな水たまりができていて水しぶきを派手に飛ばしながら帰ってきた。

まだこれからひどくなるようだ。

被害がなければいいが。

プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらのセミリタイア生活。社会からはじかれ、心臓に障害を負いながらも楽しみを探し一人日々を生きる。

カテゴリ
    
  
ここをポチッと!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR