家事手伝い業

スポンサーリンク

今朝も3時に目が覚めて眠れなかった。
早く寝ているから仕方ないのかも、昨日は9時前に寝ていた。

早く起きるといろいろな事を考える。今の自分は無職と言えるのかどうかなどと考えてしまった。
確かに外で働いてはいないが家ではいろいろと仕事をしている。
料理はおふくろだが掃除洗濯はしているし、両親を病院や買い物へも連れて行っている。
それに家電や家の事での手伝いは毎日しているから、これは家事手伝い業と言ってもいいのではないかと思った。

別にそれに対する報酬などはないがご飯は食べさせてもらっている。
それだけでもありがたい。

そう考えると家事手伝いは立派な職業だ。
何よりこんな楽な仕事はない。誰にも指図されず自分のやりたいようにできる。
三食昼寝付とはよく言ったものだ。まさにそれだ。
何よりも山や遊びに行くのも自由なのがいい。

本当に天職だと思った。

それと新車の代金を両親が出すと言い出した。
病院や買い物などに乗せてもらうからそうしたいそうだ。
両親がいくら年金をもらっていて、どのくらいの貯金があるかは知らない。
だが二人とも国民年金だ。大した額ではないはず。それに70まで家のローンを払っていたから貯金だってそんなにないはず。

それでも150万円もするので、さすがに遠慮した。

また自分の貯金もそこそこあると思う。
後でわかったことだが、株での損失でなくなっていた。
自分の命もいつまでもつか分からないので、生きているうちに使った方がいい。

今朝はこんなことを思いながら日の出を待った。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR