丑三つ時に屋根裏から

スポンサーリンク

台風が通過するのにともない、市のほうから避難勧告が出された。
消防車もその連絡で走り回っていた。

どうしたものかとよその家を見たが、誰も避難する様子がなかったので一安心して寝た。
そして、屋根裏からの音で目が覚めた。
「ポン ポツン ・・・・・・・・・」
時計を見たら2時過ぎだ。丑三つ時
大雨で屋根から雨が侵入して、自分が寝ている真上の天井にしずくが垂れているようだ。
流石に何もできないので朝まで我慢して寝てしまおうとした。
しかし、ますますしずくが垂れる音の間隔が短くなってきたので仕方なく起きた。

そして意を決して天井裏によじ登って何かしずくを受け止めるものを置くことにした。
大変な作業だ。しかも真夜中2時だ。
脚立を持ち出してふすまを開けて、その上にあるベニヤ板をどけて天井に上がった。
懐中電灯で照らしながら屋根裏をのぞき込むのだが、薄気味が悪い。
何かお化けが出そうな雰囲気だ。怖気づいたので声を出した。「まいったな~こんな夜中に」とか咳ばらいをしながら屋根裏を見た。

何とか洗面器を置いて一安心した。これで朝まで大丈夫だ。
そう思って屋根裏から降りたら、もう雨がやんでいた。
おっかなびっくりしながら作業をしていたので、1時間近くかかってしまい雨がやんでしまったのだ。

がっかりしたが、また降るかもしれないのでと自分を慰めた。
結局、朝まで眠れず選挙放送を見ていた。

今ごろ眠気が出てきたようだ。今夜は早めに寝ることにしよう。


あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR