FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

土曜日のお散歩

また週末に台風か。先週も土日に台風で近場を少し歩いただけだったのに。
今日こそは久々に低山ハイクでもしようかなと張り切っていたのに、雨が降る予報になっていた。

体調次第だが、今日は久しぶりに調子が良かったので残念だ。一応毎週土日のどちらかは低山を登ろうと思っているが、その日の体調次第では散歩に切り替えたりしている。

でも雨の予報は午後からなので、車で少し行ったところにある林道を散歩することにした。そこなら人家も少ないので人に会う事もないはずだ。
善は急げだ!
8時前にさっそく車を飛ばして、林道へ行った。

やはり林道はいい、木々の香りや静かに聞こえてくる川の流れの音、ひんやりとした空気、最高だ。
その林道は約1時間で一周できるから散歩には最適だ。平日なら定年を過ぎた人たちがウォーキングに使っている。
土日は登山客が多いが、今日の様に天気が悪ければ人はほとんど通らない。

背伸びをしたり、両肩を回しながらリラックスして歩いた。「この素晴らしい世界を独り占めだ」なんて思いながら散歩を楽しんだ。
気分も最高で「風をあつめて」の曲が頭の中に流れてきた。そして曲がり角を曲がると直線の道があるが、ふと見ると一人のおじさんがこっちに向かって歩いてきている。

緊張が走った。普段なら何人かの人とすれ違い、お互い軽く挨拶するのが当たり前でなんとも思わないが、今日は40分間誰にもあわず、自分だけの道だと思っていたから余計に緊張する。
どうする!
まっすぐな道だから自然と真正面のおじさんと目が合ってしまう。気まずい。よそ見をするのも不自然だ。
おじさんとの距離は約50メートル。
挨拶するのは早い。こういう時、近づくまでが非常に気まずい。時間が長く感じる。

それに挨拶は、頭を下げるだけにしようか、いや「おはようございます」と声をかけよう、いや無視をして黙って通り過ぎようか、どうしたらいいんだ。距離にしてまだ30メートルいや40メートルはある。
今相手にわかるように頭を先に下げるべきか。いやまだ早すぎる10メートルぐらいに近づいてからだ!
じゃあ、それまではどうすればいいんだ。相手はもうこっちの存在に気が付いているはず。
焦る!
そうだ!下を向いて10メートルに迫るまでじっと我慢だ。

いや待てよ!それではあのおじさんが先に会釈してきたら気づかないではないか?
どうしようと思っていたらおじさんのほうから「おはようございます」とニコニコして挨拶してきた。
その時点でおじさんとの距離は約30メートル。

やられた。下を向いていた自分におじさんは声で挨拶してきたのだ!
「あっ!おはようございます」
驚いたように挨拶をしてしまった。おじさんはニコニコしながら脇を通り過ぎて行った。

考えすぎだ。自意識過剰の認識不足だ。
普段、引きこもっているから人に会うと緊張してしまうのか?
全く厄介な精神状態になってしまったな!




残念な無職が一人 林道の上の空を仰いだよ

山頭火先生のような句が好きです。

あたたかいお気持ちがはげみになります。

無職ランキング
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村





関連記事

☆彡