ひょっとして好きなんですか?

スポンサーリンク

お昼頃、小仏城山から戻りブログを書いた。帰ってきた勢いのままでないと書けなくなる。
時間が経つと何もしたくなくなる。

しかし今日は変な日だ。妄想が止まらない。

帰りにコンビニにより炭酸水とポテトチップスを買った。
そこでの話だ。

普通にレジに商品を持って行きお金を払ったのだが、お釣りをもらう時にレジの女の子が私の手を下から触ってきた。
顔を上げて、その女の子を見ると20代前半ぐらいで髪はセミロング、目はパッチリしていて肌もきれいだった。
とてもかわいらしい子だ。そんな子がニコッと微笑みながら私を見ている。

こっちも唖然として女の子を見た。
まさか二十歳を過ぎて間もない子が、こんなおじさんに好意など持つわけがない。

ここまで書けば、オチはわかるはずですね?

その通りですよ!コンビニのマニュアル通りの事をしたまでですよ!

私だって大人である。そんな事は分かっている。
案の定、次にレジに行ったおじいさんにも同じ対応をしていた。

しかし、あの手のぬくもりと優しさは、今でも忘れることができない。
もしかしたら、そうだよ。私の次にレジへ行ったおじいさんよりも私への微笑み方が優しいように感じた。私に好意を抱いていたんだな!それならそうと言ってくれればいいのに、恥ずかしがり屋さんなんだから!まったく!


などといい年をして、勝手な妄想をしてしまった。
愛の一押しを、よろしくお願いします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職ランキング
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR