15年ぶりの新車の香り。そして初乗り。

スポンサーリンク

何とも表現しにくい香りだ。新車の香りと言えば誰でもわかるはず。いい匂いなのだ!
すぐに消えてしまいそうだから、今のうちによく味わっておく。

運転席に座り、いつものようにエンジンをかけようとキーを差し込む位置を確認した。だがないのだ。そう今の車はキーを差し込まなくていい、スタートボタンになっている。ブレーキペダルを踏みながらそれを押した。すると2つのメーターの針が同時に振り切れてまた元に戻り、エンジンがかかった。静かだ。室内にわずかな音しか入ってこない。外に出てみたが、外でもエンジン音が静かだった。

少しエンジンを暖め、走り出した。アクセルを軽く踏むとスーと滑らかに進んだ。道路に出て乗り心地を確かめた。
ネットではプリウスに似ているなどと書かれていたが、軽自動車が普通車並みの乗り心地であるわけがない。しかし、本当に軽自動車とは思えない乗り心地だった。はじめは田舎道の凸凹がある道だったので、前とあまり変わらないかなと思ったが、アスファルトのいい道を走りだして驚いた。

滑るように進む。前の車では上下の揺れが多少なりあったのに、この車は揺れない。道路ノイズも抑えているようで静かだ。
少しだけのつもりだったが、つい遠くまで乗ってしまった。運転が楽しい。久しぶりにワクワクできた。

買ってよかったと思った。貯金は減ってしまったが、その分楽しみを買う事が出来た。
車に興味すらなかった自分が夢中になってしまった。たかが軽自動車なのに。いや侮れないな!
15年の進化がこれほどまでとは思わなかった。

物欲もなく、車なんて全く興味を失っていたのに、乗った瞬間から考えがひっくり返ってしまった。
なんて単純なのだとも思ったが、もしかして自分が体験もしていないものの中に、実は楽しいものがたくさん隠れているのではないかとさえ思い始めた。

これはいい発見をした。
そんな事を思いながら、気が付けば2時間近くも乗っていた。それだけ夢中になれるほど運転が楽しかった。
こんな思いをしたのは、二十歳の頃以来だ。あの頃はスターレットターボを新車で買い、その加速感が楽しくて乗っていた。
今は、乗り心地で楽しめるようになっているんだなと思う。

今日は、ワクワクしてうれしい日となった。
また明日車で遊ぶことにしよう。


にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職ランキング
関連記事

スポンサーリンク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR