凶夢

スポンサーリンク

寝覚めが悪い朝でした。
いつもならすっきりと起きられるのに
なぜあんな夢を見たのだろう?

漁船のような青い船でした。どこかの岸の近くで上には木々が生い茂り、波は荒れていました。
その船は何度も障害物にぶつかりながら進んでいて、ついに船首から沈み始め私は船の後ろでそれを見ていました。
そしてその船には一人だけ知っている人が乗っていて、その人は波にさらわれてどこかに行ってしまいました。
その人は以前勤めていた問屋の倉庫番の人で、年は60歳は過ぎているはずです。

私はなぜかスーツを着ていて、このままではスーツが濡れてしまう程度しか頭にありませんでした。
やがて船は沈没して私は静かに水につかってしまい、近くにあった2本の長い棒に掴まりました。
全然焦ってはおらず、そのまま夢は終わり目が覚めました。

起きてネットでその夢について検索すると、あまりいいことが書いてありません。
災難が降りかかるとか、お金を失うとか、病に襲われるなどでした。

うんざりです。今でさえ、大病をして何とか生活しているのにこれ以上の災難が降りかかるなんて御免です。

それにしても、波にさらわれてしまったあの人の事の方が心配です。
一緒に仕事をしていた時も、いろいろと病気になって入院していたみたいだし、何事もなければよいのですが。

その人とは10年前に、会社が廃業して以来付き合いはありません。
他の人も同じですが。

しかし、なぜその人だけが夢に現れたのかが不思議です。
本当にお互い何事もない事を願います。

そんなこともあり、今日も車の運転は控えました。
なにかあったら大変ですから。

今は毎日が何事もなく静かに暮らしていければ何よりです。


お手数ですが,応援よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 その他日記ブログ 無職日記へ
にほんブログ村

無職ランキング
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR