FC2ブログ

凶悪な闇の住人が現れた!

スポンサーリンク

昼間は数人いる闇の住民の中でも、比較的いい奴らが現れるが、夜を迎えると一変する。

凶悪、凶暴な闇の住民が現れる。
そして、ささやきだす。

さっき現れた奴は、こう言った。

「お前の人生をクソにした奴は誰だ?」
「お前はいつも自分がいけないとか言っているが、本当にそうか?」
「いやそうじゃないはず」
「お前はよく耐え、努力し、頑張り続けた。そうだろ」
「そうだよ。俺はいつもお前を見ていたからわかる。お前は何も悪くない。」
「じゃあ本当に悪いのは誰だ?わかるか?」

「分かっているんだろ?本当は!だがそれを言ったら俺に支配されてしまうと思っているから言えないだけだ。」
「大丈夫だよ。思っているだけならな!」
「行動にさえ移さなければ、何も変わらないから。しかし、クソの人生だけが続くことになるがな」

「しかし、昔はこんなにひどい世の中じゃなかったな。そうは思わないか?」

「仕事はそこら中にあってよ。好きな時に働けた。しかも簡単で楽な仕事も多かったな。」
「皆、金が欲しい時は働けばどうにでもなった。そうじゃなかったか」
「お前もかなり残業代を稼いでいたじゃねーか。ろくに仕事もしねえで仲間とサボりながらよ」
「それでも会社は儲かっていたから、社員に惜しみなく金を出していたな。
それがどうよ。今は会社は前より儲かっているのに賃金は下がりっぱなしじゃねーか」
「それにお前みたいに職に就けないやつも増えている。いいところは見つかったかい?」
見つけても、そこはお前を奴隷にしたくて手ぐすねを引いているぞ。俺は奴らの考えていることが見えるんだよ」

「いいのか、このままで。分かっているんだろ。本当は何がいけないか?誰がいけないか?」

「おっと、俺の出番はここまでだ。後はお前次第だな。まあ、せいぜいクソ人生を楽しみな!」
「もし、もっと話を聞きたかったら、次に現れる奴に頼みな。ただし、次に現れる奴はもっとも危険だからな。
覚悟しな」

そう言って、消えて行った。
関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらの生活。それでも楽しみを見つけながら独り日々を生きる。

カテゴリ
スポンサーリンク
  
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR