勇気や希望をくれたヒーローたち

スポンサーリンク

先ほど書いた記事で、小学校時代を思い出して泣いてしまいました。
悲しい思い出はいつまでも心に残ってしまうので困ります。
久しぶりに涙が流れてしまいました。
年をとると涙もろくなってダメですね。

しかし、楽しい思い出もあります。
たとえプレゼントをもらったことがなくても、テレビから勇気や希望をもらっていました。

それは当時放送されていたロボットが活躍するドラマです。
例えばこれ
1

レッドバロンです。

このロボットのドラマも夢中になって見ていました。

突然いなくなってしまった彼女のことで、悲しくてやりきれない時に、
それを忘れようと始めは見ていたのですが、やがてそれらが自分に勇気と希望をくれるようになっていました。

その他にも「キカイダー」や「グレートマジンガー」「マッハGOGOGO」なども夢中になって見ていました。
それらを見ている間は、集中していて他からの声や音も聞こえず、よく注意されていました。
話しかけられても気が付かないほどでしたから。

でもやはり、一番のヒーローは「マジンガーZ]です。
それ以上のものは見当たりません。

それも彼女との思い出もあるからかもしれませんが。

4年前、家電量販店で働いていた時、帰りに駅ビルのおもちゃ売り場へ行ったときに、マジンガーZのフィギュアを見つけました。
思わず見とれてしまいました。
それは金属でできた物で、高さが10センチぐらいありました。

迷いました。
買おうか買うまいかと。
結局買わなかったのですが。
本当に迷いました。
子供の頃、欲しくて欲しくて仕方なかったものですから。

その時も、勤めていた家電量販店の仕事が嫌で嫌で辛かったものでしたから、そのマジンガーZを見た時にあの頃の様に、自分に勇気をくれるのではないかと思い迷ってしまったのです。

しかし悲しい事に、もうあの頃のような憧れが薄れてしまっていたのです。
あの頃、もし本当にプレゼントで「超合金マジンガーZ]をもらう事が出来ていたら、あの時、彼女のヒーローになれたのではないかなんて思ってしまいました。

いけません!また潤んできてしまった!

やっぱり、買わないで良かった。
辛い思い出は、忘れたほうがいいですね!

過去を思っても何もできませんからね。
これからの事を思って生きなければ!

あの孤独だった小学生時代、いろんなヒーローに助けられました。
大人となった今は、誰かのヒーローにならなければいけないのでは?と思っています。
そういう生き方ができればいいのですが。

もう「マジンガーZ」はいりません。
助けてもらう時は、過ぎたのですから。


スポンサーリンク

プロフィール

darakugumo

Author:darakugumo
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR