明日はあったのだろうか?

スポンサーリンク


夕食を食べた後、することもなかったので YOU TUBE を見ていたら偶然、2001年の頃のCM集にたどり着いた。
その中で缶コーヒーのジョージアのCMに懐かしさを感じた。

そのCMは吉本興業の芸人が出ていて、バックの曲が「明日があるさ」だった。
よくそのCMは流されていたので、いやでも耳に残った。

実際、世の中は不景気で仕事をしていても辛い事ばかりが続いていた頃だ。
酒問屋の営業マンをやっていた時で、価格破壊や規制緩和でそこらじゅうで酒の安売りが始まった時だった。

昔ながらの街の酒屋が次々と閉店して、売掛金の回収が大変だった。
きれいに支払いを終えてから閉店してくれればいいのだが、3割がたが自己破産して回収に行けば、もうそこからどこかへ逃げて行った後だった。

それでも、時々聞こえてくるCMの「明日があるさ」を信じて頑張っていた。

「開けない夜はない」
「やまない雨はない」
「苦労の後には楽がある」

など世間や自己啓発本などで言われている言葉を信じて頑張ったが、力尽きた。

そこで私は思った。
この世には、
「開けない夜もある」、「やまない雨もある」、「苦労の後にまた一苦労」
という場合もあるのだと。

そしてその後、回収できなかった分が会社の損失となっていき、共倒れすることになってしまった。

「明日があるさ」と思う事はいいことだが、すべての人に「明日がある」訳ではない。
みんな頑張っている。
しかし、その苦労が報われないことだってある。

私は「明日がなかった」ことに気が付いたが、時すでに遅かった。
もう少し早く「明日がない」ことに気づいていれば、対処することだってできたはずだ。
後の祭りだから、詳しい事は書かない。

それは分かってはいたが、自分だけそうすることができなかったので、会社に残ってしまい明日を失くした。
そして結局みんな一緒に廃業を迎えることになった。

私は、それでよかったと今でも思っている。

みんな一緒なら「明日が来なく」ともいいのではないかと。
自分だけ抜け駆けしても後味が悪い。

あれから10年だが、私にはまだ「明日が来ていない」ようだ。
別にいい。

今は、明日よりもっと先の未来を見ているので。

スポンサーリンク

プロフィール

darakugumo

Author:darakugumo
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR