FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

生活保護以下の生活 続きと新年を迎える心構え




先ほどの記事の続きだが、上の画像はいつも家にいる時にはいているズボン。
ご覧の通り、両ひざの部分に継ぎを当てている。

このズボンも15年前に買った。確か880円(税別)。
夏でも冬でも穿いている。

今年の夏に山を下っている途中、ひざを曲げた時に両ひざの部分が裂けてしまった。
その時は、かなりがっかりした。
長年愛用していたズボンだったので、情が移ってしまったようだ。

捨てようかとも考えたが、そう簡単には捨てることができなかった。
母親に頼んで継ぎを当ててもらった。
母親は、いつもやっているのでお手のものだ。
喜んで引き受けてくれた。

先日は服の画像をのせたが、その服もひじの部分に継ぎを当てた。
私はいつもこんな感じで服やズボンを長く持っている。

だが貯金には、縁がない。
20代の頃は、景気が良くて仕事帰りに先輩や同僚から誘われて、よく飲み歩いてしまったため給料のほとんどを酒代や食事代に使っていた。
飲みに行けば、はじめは居酒屋そして次はスナックやバーなどにも出入りしていたため、一日で3万円使う日も多かった。
酔いが回ると気も大きくなってしまい、気が付けば財布が空っぽになっていた。

30代に入り飲みにはあまり行かなくなったものの、スーツや革靴、カバン、時計と仕事上で使う物にはお金をかけていた。
だが、月に10万は必ず貯金はしていたし、ボーナスだって全額貯金をしていたから、そこそこ貯まっていた。

しかし、40代に始めた株でその貯金のほとんどを失ってしまい今に至る。

株で大損 の続きを書こうとしていたが、調べれば調べるほど自分の犯してしまったミスに耐えられず書く気を失ってしまった
大雑把に言うと、株での損失が一千万円近くになっていた。

30代で一生懸命貯金した分だったのにと、かなり落ち込んだ。

全て自分がしたことだし、もっと儲けようとしてやったことなので仕方がない。
それに株をやっていた当時は、次の日が来ることにワクワクしたり、ドキドキしたりと楽しんだことも間違いない。
全てが悪い事ではなかったはずだ。

もちろん結果的には、やらなかった方が良かったが、経験としてみればやって良かったのかもとも思う。
負け惜しみではない。時間が経っているからそう思うのだろう。

何も知らず何もやらずに過ごすよりは、何かに挑戦したほうがいい。
しかし、必ずリスクが伴う物の場合は、限度をわきまえてするという事が肝心だ。

これからも私は、何かに挑戦することを考えている。
リスクを伴うものではない、ゼロからできるものでリスクがないものだ。
そういうものだってある。
これからは、そういう物に挑戦してやる!

もう博打はやらない。挑戦、これが来年の目標となった!


関連記事

☆彡