苦しい...   大丈夫か ... 

スポンサーリンク


苦しくなって、立ち止まり休んだ。
いつもの山を登り始めて10分ぐらいたった頃だった。
登り始めは順調だったのだが、段々息が上がり苦しくなり始めた。
そして動悸も激しくなってきたので、大事を取り休んだ。

いつもはこんなことはない。
やはり元旦、2日とお酒を飲みすぎたのがいけなかったのかもしれない。
このまま登り続けるのは危険なので下りた。

正月から入院なんてしたくはない。まずは心臓の動悸を静めることにした。
ゆっくり山を下り登山口に着いた頃には、心臓も脈拍もいつもの調子に戻っていたので、一安心した。

今日は、散歩をするだけにした。
近場を1時間ほど歩いてきた。

道端には、秋の名残があったり、上を見あげればきれいな青空が広がっていた。

IMG_1407_convert_20180103112150.jpg
動悸もおさまり呼吸も楽になったので、深呼吸をして歩いた。

しばらく歩いてからベンチに座り、日向ぼっこをした。
気持ちいい!
超気持ちいい!
どっかで聞いたセリフだが、本当にそう思った。
冬の寒い日は、日向ぼっこに限る。なんか年よりくさいかもしれないが、気持ちがいいのだから仕方ない。

私の隣でも日向ぼっこをしている人がいた。
何て!気持ちよさそうなんだ。
その人は、私がデジカメを向けてもじっとしていた。
チラッとこっちを伺ったが、我関せずと言う感じで、ぬくぬくと日を浴び続けていた。
少しウトウトしていた。

私はこれ以上ちょっかいを出すのは、失礼だと思い自分も日向ぼっこに集中することにした。
ああ、なんて気持ちが良いのだろう。
私も隣りの人同様に、ウトウトしてしまった。

かれこれ30分ぐらい日向ぼっこを楽しんできた。
十分太陽からエネルギーを頂いたので、帰ってきたが隣りの人は、まだ毛を風になびかせながらじっとしていた。
私は、失礼がないようにそっとその場を離れた。

そしてワンショットだけ写真を撮らせていただいた。
それがこれです。
















IMG_1404_convert_20180103112103.jpg
この人は、シャッター音に気付いてチラッとこっちを見たが、また自分の世界へ戻っていったように見えた。
私は写真のお礼を言って帰ってきました。



スポンサーリンク

プロフィール

darakugumo

Author:darakugumo
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。
今は内職で何とか生きています。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR