世の中、まだ捨てたもんじゃない!

スポンサーリンク


いよいよ来週から内職が始まるので、その仕事内容を教えてもらった。
内職なんて初めてなので、どんな作業をするのかと少し不安だったが、聞いてみたらそれほど難しくはない作業だった。

いつもの仕事を12時までしてから、内職の作業を実際にやらせてもらった。
30分ほど説明を聞いてやり方を教えてもらい、その通りにやったら簡単に出来た。
それから30分ほど作業をして時間になったので、帰ってきた。

心配するほどの事でもなかった。
誰でもできる仕事なので、あとはスピードを上げて仕上げていくことだけが重要だ。

早く慣れてしまえば、時間もかからずに終える事ができる。
そうすれば自由な時間も増えるはずだ。
そしてある程度の給料がもらえるなら、それに越したことはない。

詳しい作業内容は書けないが、一度作業の手順を聞いてやれば誰でもできる仕事だった。
一人辞めた人がいたから私に内職の仕事が回ってきたのだが、なぜこんな楽な仕事を辞めたのか気になったので、主任に聞いてみた。

そのわけは、やはりもっとお金を稼ぎたいという事で、最近近くにできたスーパーのレジ打ちに、仕事が決まったそうだ。
その求人チラシは私も見ていたので知っている。
たしか時給1000円だった。

この時給なら、そこそこの給料になるはずだから、そっちに移っても不思議ではないと思った。
やはり女性は、中高年になればなるほど社会に重宝がられるから、すぐに仕事に就ける。
それに比べて男の中高年は、社会から必要とされなくなるように感じる。

特に私の様に、何も資格もなく40歳を超えてから社会にはじき出されたら、なかなか希望する仕事へはつけない。
というか、仕事に就くことすら大変なことになる。

プライドなどと言っていたら相手にもされない。
どんなに踏みにじられようとも、しがみつくしかないのだから。
今までに、何度悔しい思いをしてきたことか!

まあ、昔の事は忘れよう。
今は、私のために内職を紹介してくれた主任に、感謝することだけで十分だ。

今回、私に内職を紹介してくれた訳を主任に聞いたら、やはり普段の仕事ぶりで段取りや要領の良さを感じたからと言っていた。
やはり地道にコツコツと仕事をしていれば、誰かが見ているのだ。
そして困った時に助けてくれる。


世の中、まだ捨てたものでもない事を知った。



関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR