命にかかわる危険な暑さ

スポンサーリンク


朝の8時ごろから暑い。

こんな暑さは初めてだ。

いつもなら11時ごろまでは何とかしのげるのだが、さすがに我慢ができなかったのでエアコンをつけた。

温度は32度だが湿度が高すぎるから我慢ができない。

しかし異常な暑さだ。

天気予報でも「命にかかわる危険な暑さ」だとしきりに言っている。

熱中症になる人も全国で増えている。この暑さだ。当たり前だ。

部屋から出られない。

まして外へ出ようなんて思わない。

いつまでこのクソ暑さが続くのか。

気象庁に文句が言いたくなってしまうが、気象庁に言ったって仕方がない。

しかし、この原因ぐらい調べてもらいたい。

なにがこんな狂った暑さを引き起こしているのか。

なにか対策はないのか、そのぐらいは調べてもいいのではないかと思う。

ただのんびりと涼しいところで気象観測をして高給をもらっているばかりでは頭にくる。

もしかしたら分かっているのかもしれないな。

ただ言えない事情があるのだろうな。

ただ黙って楽な仕事で高給をもらい、高い退職金をもらって辞めればいいのだから。

こんないい仕事はないのだろう。

それにしても暑い。

頭がおかしくなってきたようだ。







関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR