北極圏で33,5度だって!

スポンサーリンク

20日の記者会見で世界気象機関(WMO)は北半球で、7月中旬以降記録的な高温を伴う異常気象が相次いでいると発表した。

ノルウェーでは北部の北極圏で17日、史上最高の33,5℃を記録したそうだ。

もはやマニアのオカルト本の内容が、実際起き始めたのか!

小中学生の頃、夢中になって読んでいたオカルト本の内容が、現実に起き始めている。

人類滅亡へのカウントダウンが始まったようだ。

しかし、そう簡単に滅亡はさせてくれないだろう。

じわじわと年月をかけて人類を苦しめながら、進んでいくのだと思う。

まだまだ先だな。

しかし、個人で見ればいつ死ぬか分からない。

今夜、熱中症で死ぬかもしれないのだから。

自分だってエアコンが壊れたらアウトだ。

それに大病をしてる身、一番危ない。

しかし北極の氷が解けて海面が上昇すれば、被害を受ける島国が増えてくるだろうな。

実際もう起きているとニュースでやってた。

それにしてもこの異常気象を研究している人はいるはずだが、何も意見が出てこないな。

口でもふさがれているのか?

札束で!

それなら何も言えないのだろうが。

でも札束を数えている間に人類が滅んで行ってもいいのだろうか。

どうなのだろう。

どうせ自分がその札束で贅沢できる間は、きっと何も言わないのだと思う。

自分の周りだけ、いい生活ができればいいのだろう。

未来の人類なんて興味がないのだ。

しかしその札束はどこから貰えるのだろうか?

それをつきとめれば問題が解決するかもしれない。

だが、そんな事をする人は現れないのが現実。

じわじわと滅ぶのを見ている事しかできないのだろうな。

自分を含めて。





関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR