生活保護費未満で生活する我が家

スポンサーリンク

台風が近づいているので朝から雨が降っていたが、買い物へ行ってきた。

いつもの業務スーパーへ

店まで車で30分、9時の開店と同時に入った。

店の前には既に10人ぐらいの客がいた。

カートにかごを2つのせ店を1周

鶏肉手羽元 100グラム36円  豚バラ肉 100グラム68円 安い!

鮭半身1匹 980円  冷凍あじフライ 258円 だったかな?

値段はあまり確かでないがとにかく安かった。

それにお菓子やジュース1箱買い、合計で9800円

買い物の量が多すぎて段ボール2箱にスーパーバック3つになってしまった。

そして帰りにホームセンターで石鹸や歯磨き粉を10個づつと米10キロ3580円も買ってきた。合計5000円

今日の買い物は全部で約15000円だった。

うちではこれで1か月を過ごすことになる。

家族3人で食費、雑費が1か月で15000~20000円だ。

本当に安く生活している。

この他、上下水道代1か月2000円、電気代4000円、ガス代4000円で約10000円だから生活するために必要なお金は1か月約3万円だ。

3人家族としては少ないような気もするがどうなのだろう。

世の中にはもっと少ないお金で生きている人もいるだろうが。

本当に生活保護以下どころか未満の生活だと思う。

旅行も外食もせず、ひっそりと家で暮らしている。

うちでは子供の頃からこういう生活だからこれが当たり前で、近所や知り合いなどが旅行や外食に行ったなんて聞くと、「あそこの家はお大臣だから」と言って羨ましがっている。

でもうちだって旅行ぐらいは行けるだけの蓄えはある。

それもそうだ65歳から年金生活をしていて、どこへも遊びに行かず外食もしないのだからお金を使う事がないのだ。

親父は今87歳だ。22年も年金をもらっている。

昭和一桁生まれは贅沢は敵なのだ。

だから子供である自分もそういう教育を受けて育ってきたから同じ生活になってしまっている。

別に不満もないからいいが。

でも時々テレビやネットなどで外食したり旅行を楽しんでいる家族や人々を見るとこのままでいいのかと疑問を感じてしまう。

しかし何もしようと思わないから仕方がない。

これからもこの悩みはずっと死ぬまで続いていくのだと思う。












関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR