奴隷強制労働時代がいよいよ始まる

スポンサーリンク

今朝のNHKニュースで政府は大企業に対して、大学生のボランティア活動を評価するかどうかをアンケートで聞くと言っていた。

これはいったい何が目的なのか?

大企業はもちろん学生時代にボランティア活動を行った学生を評価すると答える事は間違いない。

すると学生たちは、大企業に就職するためにボランティア活動をやらざるを得なくなる。

要するに大学生たちを奴隷労働をやらざるを得ない状況に追い込んでいるのだ。

なぜ今そんな事をするのか?

それは東京オリンピックでのボランティアを大学生にやらせるためではないだろうか。

東京オリンピックでのボランティアは1週間拘束され、交通費、宿泊代、食事代などはすべて自分持ちだそうだ。

そんなボランティア活動に参加する者はなかなかいない。

それで大学生を就職を餌にやらせようとしているのではないかと思う。

強制労働だ。それにしてもうまいやり方を考えるものだと感心した。

あくまでも自分個人の考えだから、そうではないかもしれないが、今のところはそうとしか考えられない。


今回は大学生に対してだが、今後他の者に対しても同じような事があるかもしれない。

例えば、働いていても有給休暇を取って会社のためにボランティア活動を行ったら、ボーナスが増えるとか昇進に有利になるとか。

この場合のボランティア活動は通常の業務だ。

または年金をもらうまでの間、ボランティア活動をしなかったら年金支給額を減らされたり支給年齢を先延ばしされたりとか。

無職やニートは強制的にボランティア活動を義務付けられるなんて事もあるかもしれない。それを拒否したら法律違反で罰せられたりとか。

恐ろしいことだ。


だが、いよいよその第一歩が踏み出されようとしている。

本当に恐ろしい世の中になってきた感じがする。





関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR