家の近所に怪しい家がある

スポンサーリンク

その家はいつもと言っていいほど、雨戸が閉められている。

雨の日は不思議ではないが、晴れているのに雨戸を閉めている。

何か変だ。

ひょっとして心を病んでいるのだろうか?と心配してしまった。

確か70代ぐらいの老夫婦が住んでいる。

別に近所から怪しい話は出ていないから何もおかしくはなさそうだが。


なんて今日まで思っていたが、そのわけが分かった。

単なる暑さ対策だったのだ。

普通は暑い日は窓を開けて風通しを良くするのが当たり前なのだが、最近の異常な暑さでは通用しないのだ。

まして2階のベランダ側の窓では。

昨日までうちでは窓を開けていたが、あまりの暑さに対策を考えようと思いネットで調べた。

そうするとベランダ側の窓は閉めてカーテンで日差しを遮る方が暑くならないと書いてあった。

さっそく今日やってみたら、確かに涼しい。もっと涼しくなる方法はないかと考え、今度は雨戸を閉めてみた。

部屋はまっくらになってしまうが、雨戸でベランダからの熱を遮断出来てさらに温度が上がるのを防いでいる。

もっと前からやるべきだった。

もちろん閉めている部屋は使わない。それに閉めている時はエアコンを使っている。

これだとエアコンの効きもいい事が分かった。

あの家の老夫婦はしっていたのだ。だから昼間なのに雨戸を閉めていたんだとやっと理解できた。

そして今夕方になったので、雨戸を開けて風を部屋に入れている。

部屋の温度も昨日ほど上がっていないので、それほどの暑さもない。

今更だがいい事を知った。

明日からもこの方法で暑さをしのごう。

でもこれは異常な暑さの時のみ有効で、25度ぐらいでは逆効果だ。

なかなか判断が難しいが、臨機応変に対応していくしかない。

今日からうちも怪しい家の仲間入りだ。





関連記事

スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
仕事、お金、健康を失いました。それでも生きていくしかありません。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR