FC2ブログ

遺品の一つになるんだろうな

昨日は曇りだったが雨は降っていなかったので山へでも行こうかと思い家を出たのだが、なんか気が進まなかったので近くを散歩だけした。

午後はいつものように動画を見たり音楽を聴いて過ごした。

今日は朝から出かけるのが面倒なので家で過ごした。

本当はいつもの山へでも行こうかと思っていたのに、なんかかったるかった。

少しいつもの山に飽き始めたのかもしれない。

それと連休だから外へ出るという発想が嫌になったのもある。

もともとひきこもり派なので、たまに外出するのが面倒になってしまう。

道も連休最後ということで登りが渋滞しているし、わざわざこんな日に出かけることもない。

今日は本の整理をしていた。

もう二度と読まない本を選んでみた。

文庫本で30冊ぐらいあった。

何年か前にもいらない本を売りに行ったが、また買っていたので増えていた。

また本を処分してこようと思う。

紙袋に入れて持ってみたら、かなり重い。本て重いんだなとつくづく感じた。

これでまた身軽になれそうだ。

これからは他の物も処分していこうと思う。

もうそろそろ終活をしてもいい歳なのだからね。

それにしても高校の頃読んで気に入った本だけは捨てられない。

もう30年以上も本棚にしまっておいて、気が向けば読み返していた。

その本の作者の文体が好きでその作者の本は全部読んだ。

それでも一番のお気に入りだけを残したのだが、どうしても3冊だけが残ってしまう。

仕方がないのでその3冊だけは死ぬまで取っておくことにする。

そういう本があってもいいと思う。

読み返すたびに前に読んだ頃を思い出す事ができる。

アルバムの様な本になった。

こんな本があって良かった。


これらの本はやがて自分の遺品の一つになるのかな、なんて思ってしまった。






関連記事
プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらのセミリタイア生活。社会からはじかれ、心臓に障害を負いながらも楽しみを探し一人日々を生きる。

カテゴリ
    
  
ここをポチッと!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR