FC2ブログ

「お金がない」をYOUTUBEで見て

曇り空だったので山へは行かずに散歩だけしてきた。

帰ってきてからYOUTUBEでドラマを探していたら、たまたま昔見たドラマがあった。

「お金がない」

1994年の放送だから、もう24年も前のドラマで織田裕二が主演。

ストーリーは織田裕二演じる萩原が貧乏から這い上がるために保険の営業マンとなり頑張るという話。

昔ならではの営業スタイルがおもしろい。

お客の機嫌を取るためにセミやナマケモノの真似をやったりしていて、自分も昔営業マン時代だった頃同じような事をして仕事を頂いた事があったので、親近感がわいた。

昔はお客の機嫌をよくするだけで仕事をもらえていた時代があったんだよなあ~。

まだお客にも会社に余裕があったんだと思う。仕入れる商品が他の会社より高くても営業マンを気に入れば買ってくれた。

今では考えられない。

機嫌取りなんていらないからな。

全てがお金だ。

いかに安く商品を提供できるかが勝負で、機嫌を良くしてもらえたからそっちの会社から商品を買おうなんて思わないからね。

トヨタ流だね。いかに効率よく生産性を上げる事ができるかだけを考えているからね。

そのためならいかに長い間取引があった会社でも容赦なく切り捨てる。

非情な社会になってしまったな。

なんでこんな世の中になってしまったのだろう?

グローバル化?

わからん。

もう昔のような時代は戻ってこないのかな。

みんな多少は心に余裕があったんだけどね。

時代はどんどん非情さを増していくんだろうな。

次は AI  か。

ハア~~~






関連記事
プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらのセミリタイア生活。社会からはじかれ、心臓に障害を負いながらも楽しみを探し一人日々を生きる。

カテゴリ
    
  
ここをポチッと!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR