FC2ブログ

はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

御馳走とクリスマスケーキ

小学生の頃から社会人になるまで、うちではクリスマスケーキは母親が24日の日に持って帰ってきた。

そのケーキは母親が働く工場で支給されたもので、ケーキの飾りには必ずその工場の会社名がチョコレートに書かれていた。

それが我が家では当たり前の光景となった。

ケーキは直径が15センチほどのホールで小学生の時はそれがとてもうれしく、兄と切り分けながら大きい方を取ることに命懸けとなっていた。

しかし工場で支給されるものだけあってあまりおいしくはなく、スポンジケーキの部分は穴だらけの安ものだった。

ただその周りのホイップクリームとチョコレートがとても甘くておいしかった。

切り分けたケーキを大事に食べて、3日ぐらいかけて少しづつ食べて楽しんだ。

24日の夜は母親は工場のクリスマス会を兼ねた忘年会で夜8時にならないと帰ってこず、その日の夕食はいつもうちではカップラーメンだった。

だがそれがとてもうれしかった。

普段はカップラーメンなど高いからという事で買ってもらえなかったから余計にうれしかった。

父親と兄と私でよくカップヌードルのしょうゆ味を食べた。

スープまで残らず飲み干してとてもおいしかった。

カップラーメンなんて今では惨めな生活の代表だが、我が家にとっては素晴らしい御馳走だった。

そんな生活が高校生まで続いた。

今日はクリスマスイブだが、母親は工場を退職してもう20年が過ぎ、もう工場のクリスマスケーキは食べられなくなってしまった。

退職してからは私がクリスマスケーキを買って帰っていた。

仕事の付き合い上仕方なく買わされたものだったが、そういう事でもなければ買って帰るなんてことはしなかったと思う。

無職になった今はもうその行事も無くなり4年になる。

今日は散歩の帰りに車でスーパーへ行き、小さなロールケーキを3つ買ってきた。

ヤマザキのいちごロールケーキで1つ98円だった。

たまにはうちでもクリスマス気分を味わいたくなった。

午後3時のおやつに食べようと思う。

やはりクリスマスも少しは楽しんだ方がいい。

ちっぽけな安いケーキでも食べれば気分も楽しくなるはずだ。

頭の中ではジョンレノンのハッピークリスマスが流れはじめた。

    








関連記事

☆彡