FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

カテゴリー "大病" の記事

精密検査の日

今朝7時前に家を出た。
早く行かないと血液検査に時間がかかる。
7時半ごろに病院に着き、8時の受け付け開始まで待った。

もうすでに50人ぐらいが座って待っていた。
みんな何時に来ているのだろうか?

血液を採り、レントゲンをして2階へ上がり今度は心臓のエコー検査と心電図をとった。
10時に診察をした。
何も異常がなくてほっとした。

次は来年の3月に精密検査をする。
お昼頃帰宅してパソコンを開き、また株取引をしてしまった。

今日は検査で何もなくて機嫌もよくうれしかったので、適当に買ってしまった。
そしたら、段々と下がり始めついに4万もマイナスになってしまった。

浮かれて取引などするものではない。
残念な結果となり少しへこんでいる。

まあ、身体の異常がなかったのが一番だからいいかと自分を慰めた。

今日はいい日になるかと思ったが甘くはなかった。

☆彡    

大動脈弁閉鎖不全症

昨日からのだるさが抜けず、今日も家で休んだ。
少し耳鳴りがする。
血圧は正常に戻ったが、身体を動かすのが億劫だったのでいつもなら山へ行くか散歩をするのだが大事を取り休養した。

健康体なら少しぐらいだるくても無理もできるが、病気もちは気を付けないといけない。
心臓を改造しているからだ。

以前、自分の病気について後で書こうと思っていたが、なかなか書けない。
普通に生活はできていることもあり障害者となったことを認めたくないようだ。

病気が発覚する3か月前に会社の健康診断があり、なにも問題がなかった。
心電図も血圧もコレステロール、中性脂肪も評価がすべて「A」だった。

それなのに3か月後には血圧が急に高くなり病院へ行った。
そして降圧剤をもらい2,3日後には血圧も下がった。

その時、見てもらっていた先生は血圧も下がって安定していたので、精密検査はいらないのではないかと言っていたが万が一のためにお願いした。
そしてエコー検査で異常が発覚したのだ。
その時に聞こえてきた言葉が「AR」(大動脈弁閉鎖不全症)という聞いたこともないアルファベット2文字だった。
医療関係者ならすぐわかるはず。

少し前にやっていた人気ドラマで「下町ロケット」の後編で扱われていた。
「ガウディ計画」
まさにそれが自分がした手術だった。


普通マンガや映画で改造されれば、パワーが増して強くなるはずだが、
なぜか弱くなってしまった。

まあ現実はきびしい。
ほんの30、40年前なら死んでいてもおかしくない病気なのだから期待するほうが間違いだ。

夕方になってなんとか本来の体調に戻りつつあるようだ。
あしたは軽く散歩する程度にしておこう。

そうしないと早くもブログ終了になってしまいそうだ。
今夜もゆっくり寝て体を治そう。
では。

☆彡