FC2ブログ

はじかれ人の呟き

無職、独身、友達ナシ、低学歴、貧乏、障害アリ。社会からはじかれた男のブログ。

カテゴリー "貧乏登山" の記事

小さい自分の見つけ方

久しぶりにいつもの山を登ってきた。

登り始めるといつもの事だが、いろんなことを考え始める。

何故か山に入るといろいろ考えるのが癖になってしまったようだ。

ゆっくりと息が上がらないようにしながら、ふと浮かんできたのが大企業のボーナスが昨年よりも3万円上がり95万円になるというニュースだった。

朝のニュースで聞いたのが頭に残っていたようだ。

昔からよく流れてくるニュースだが、まったく関係ない話で働いていた会社は中小零細だったからボーナスがない時もあったし、もらえても20~30万円ほどだった。

世の中は98パーセント以上の会社は中小企業で、このようなニュースを流されてもほとんどの人には関係がない。

流すのなら中小企業のボーナスがどうかを流したほうがいいと思う。身近な情報として知りたい。

マスコミは景気がいいのだと吹聴したいがために、このようなニュースを流しているんだろうが。

ひと時かっとなってしまったが山を登っていたら、そんな事も忘れて気持ちが良くなった。

空は青空で時々富士山が見えた。富士山はもう雪をかぶっていた。

途中、何の木かは知らないがかなり太い大木がある。

横幅だけでも1メートルはあるから樹齢も数百年は超えていると思う。

そんな大木を見ると、小さな事でいちいち怒っている自分が本当に小さく見えてくる。

その木は山の中で風雨に耐えて数百年もそこに立っている。

ただ生を全うするためにだけ生きているのだ。

それに比べれば自分はなんとちっぽけなんだろうと思ってしまう。

生きてもたかだか80年、いやもっと短くなるだろうかもしれないのに。

些細な事に怒りを感じたり嫉妬したり妬んだりと、いつもその木を見ると反省し大きな心を持とうと思うのだが、いつの間にか忘れてしまい元に戻ってしまう。

まったくどうしようもない。

しかし何度も山を登ってその木を見る事で自分もいずれ変わっていくような気がする。

だから同じ山を何度も登っているのだと思った。

山頂に着くとまた富士山がきれいに見えていた。


IMG_1797_convert_20181117174238.jpg


天気が良いせいか人がかなりいて、皆気持ちよさそうに飲み物を飲んだりして休んでいた。

自分も持って行った水を飲んで休み、来た道を戻った。

3時間ほどだったが心がすっきりとして、大自然に学んだいい登山ができた。

また来週も登ろうと思う。







☆彡    

少し長い距離を歩いてきた。

いつもなら車で行くところを、今日は歩いて行ってきた。

車なら10分ぐらいだが歩きでは30分かかる。

体の調子が良かったのでたまには歩こうと思った。

そしていつもの山を登った。

登山口から頂上まではゆっくり登って1時間ぐらいだ。

いつものように人は少なく下ってきた人が一人だけだった。

その人は40代ぐらいの男性で黙々と足元を見ながら下っていた。

すれ違いに私の方から挨拶したが返事はなかった。

たまにこういう人がいる。

挨拶を返してくれない人が。

前はよく頭に来ていたが最近はどうでもよくなった。これも年をとったという事なのか。丸くなったのかもしれない。

あの道を歩く人はあまり人と接したくない人が多いのかもしれない。

自分だって前は人がいるとがっかりしたものな。

頂上について5分ほど休みまた来た道を戻ったが、最後の歩きの30分がきつかった。

いつもなら車だったから

家に着いたのがお昼頃だったので、3時間半ぐらい歩いたことになる。

疲れた。

50代になると体力が落ちるとよく聞くが、私の場合病気のせいもあるのでどっちだかわからない。

しかし病気になる前の40代の前半は今日歩いた距離なんて全く疲れなかった気がする。

できればまたあの頃みたいに歩いてみたいな。




☆彡    

一人山を登る

朝8時から登り始めた。

いつもの山だ。まだ肌寒かったのでシャツの上にトレーナーを着た。

登り始めて30分を過ぎると暑くなってきたのでトレーナーを脱ぎリックの中へしまった。

その時、鈴の音が聞こえてきた。自分の後から一人の男性が登ってきて追い越していった。

珍しい。

このコースはあまり人が登らないので、めったに人には合わない。

追い越しざま、その人は「おはようございます」と挨拶していったので、自分も挨拶を返した。

どうやら同じぐらいの年齢のようだった。目は会わさずにすたすたと登って行った。

その人も一人登山を楽しんでいるようだった。

このようなコースでは会話は必要ない。お互い一人でいろいろと考えたりしたいのだから。

それに一人だと自然をより感じる事ができる。

遠くの川の音や木々のこすれる音、鳥の声、風の音、森林の臭いやそのひやりとした感覚などがとても心地いい。

登り始めて1時間半、頂上に着いた。

誰もいなかった。そこは人気のハイキングコースの通過点なのでいつもは人が数人はいるのだが。

さっきの人もいなかったので、とても静かな頂上だった。

5分ほど休み来た道を戻った。

帰りに登った山を振り返ってみたら、空がとても青くて奇麗だった。

写真をパチリ。





明日も晴れそうだ。

どこへ行こうかな。



ブログのテンプレートを変更。

気分転換に。


☆彡