FC2ブログ

10月14日 日曜日

スポンサーリンク



朝、雨だったので1日引きこもり。

テレビを見たり動画を見たりの1日。

夜は女子バレーを見てから下町ロケットでも見ようかな。

最近、夜はテレビっ子、いやテレビおじさんになってしまったな。



気が付けばもう10月も半ばになっている。

ほんとに早い。

今年もあと2か月になってしまった。

どうしよう。

でもいつもと変わらずに過ごすんだと思う。






スポンサーリンク

「お金がない」をYOUTUBEで見て

スポンサーリンク

曇り空だったので山へは行かずに散歩だけしてきた。

帰ってきてからYOUTUBEでドラマを探していたら、たまたま昔見たドラマがあった。

「お金がない」

1994年の放送だから、もう24年も前のドラマで織田裕二が主演。

ストーリーは織田裕二演じる萩原が貧乏から這い上がるために保険の営業マンとなり頑張るという話。

昔ならではの営業スタイルがおもしろい。

お客の機嫌を取るためにセミやナマケモノの真似をやったりしていて、自分も昔営業マン時代だった頃同じような事をして仕事を頂いた事があったので、親近感がわいた。

昔はお客の機嫌をよくするだけで仕事をもらえていた時代があったんだよなあ~。

まだお客にも会社に余裕があったんだと思う。仕入れる商品が他の会社より高くても営業マンを気に入れば買ってくれた。

今では考えられない。

機嫌取りなんていらないからな。

全てがお金だ。

いかに安く商品を提供できるかが勝負で、機嫌を良くしてもらえたからそっちの会社から商品を買おうなんて思わないからね。

トヨタ流だね。いかに効率よく生産性を上げる事ができるかだけを考えているからね。

そのためならいかに長い間取引があった会社でも容赦なく切り捨てる。

非情な社会になってしまったな。

なんでこんな世の中になってしまったのだろう?

グローバル化?

わからん。

もう昔のような時代は戻ってこないのかな。

みんな多少は心に余裕があったんだけどね。

時代はどんどん非情さを増していくんだろうな。

次は AI  か。

ハア~~~






スポンサーリンク

本当の話なの?

スポンサーリンク

あるラジオ番組を聞いていたら、ある経済学者の人が言っていた。

ニュースでよく聞く経済ニュースで、賃金が上がっているという話。

これは一定の企業の正社員の統計だが、ここ最近の統計では上がっている企業を選んでいい数字になるように操作しているそうだ。

同一企業での統計でなければ意味がないのに、最近は賃金の上昇がみられなくなったので、賃金の上昇がみられる企業へと選びなおされたそうだ。

これでは正確な情報とは言えない。

それについてどのマスコミも伝えていないと言っていた。

あともう一つは、IMFのラガルド専務理事がアベノミクスの見直しを要請していて、ニュースではアベノミクスによって経済が良くなっているかのように報道されているが、実はもう何年も停滞しているそうだ。

知らなかった。

そのことについて安倍総理に強く経済改革の推進を要請していると言っていた。

その様な事を話していた学者の人は、アベノミクスなんて国民を騙しているだけだと言っていた。

かなり過激な事を言う人なので、最近ではテレビに呼ばれなくなったそうだ。

しかしこれらの事は本当の事だそうだ。

確かに景気回復なんて実感がない。

いい話ばかり聞いていたら真実が分からなくなってしまう。

本当の事を伝えて欲しいものだ。

でも本当の事を伝えたら、現政権に不利になってしまうか。

どうしようもないね。



スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
40代後半病気になり職を失う。その後少しでも収入を得ようと努力するがうまくいかず無職の日々は続く。今は貯金を取り崩しながらのセミリタイア生活。社会からはじかれ、心臓に障害を負いながらも楽しみを探し一人日々を生きる。

カテゴリ
スポンサーリンク
  
ここをポチッと!
最新記事
月別アーカイブ
リンク
リンクフリーです。
RSSリンクの表示
QRコード
QR