ワールドカップの裏では?

スポンサーリンク

テレビをつければどこの局でもサッカーばかり伝えている。

その裏では、働き方改革の法案が通り来年4月から始まるそうだ。

別に無職には関係ないが。

働いている人は大変になってきそうだな。特に正社員は。

今は年収1075万円以上の人は残業代がつかないとなっているが、それも今だけとの事で段々とその年収も下げていくそうだ。

やがては年収300万円以上とするかもしれない。

職種も今は限定されているが、それもやがてすべての職種にも当てはまるように広げていくとの事で、改定も簡単にできるそうだ。

そういう事は絶対テレビでは伝えない。ラジオを聞いてたらそういう事を説明していた。


サッカーサッカーと浮かれている場合ではないのにな。

まあ関係ないが。

それとサッカーを見ていて、いい法案が思いついた。

仕事をサボっている人に対して無償で残業させる制度だ。

今日は何分仕事をしていなかったと測っていて、その分ただで働いてもらう。

名付けてアディショナルタイム制度。

これは高度プロフェッショナル制度の次に出てきそうな案だ。

トイレ休憩やたばこを吸う時間やおしゃべりの時間などもそれに入る。

これはやりすぎか。

でも油断はできない。

なんか次に出てきそうな気がしてきたな。

怖い。怖い。





スポンサーリンク

したいと思うのに出来ない事を考えた

スポンサーリンク

ねむい~~

なんもやる気がしない。

朝は雨が降っていたので、散歩もしなかった。

だがお昼過ぎには晴れてきた    がもう外へ出たくない。暑そうだ。


ゴロゴロしながら考えた。

したいのに、出来ない事。


1 一度でいいから海外の高い山を登りたい。 

しかし、行くのがめんどい(準備とか)、金がかかる、イザ行ったら途中で疲れそう。


2 正社員として働いて大企業並みの給与をもらいたい。

しかし、どこも50過ぎの役立たずなオヤジなんか雇ってくれないし、パートやアルバイトだって断られる。それに非正規で雇ってもらえたとしても給料は、高校生のアルバイト代以下だ。とてもじゃないが夢のまた夢の話だ。


3 結婚して普通の家庭を持ちたい。

普段、外で子供連れの夫婦を見かけるたびにこれが普通なのではと思うのだが、イザ自分が結婚と考えると恐怖というか不安に思う。これは昔からだが、結婚することによって何か大事な物を失いそうな気がするから。それに一人でいるのが大好きで人と一緒に暮らせない。ず~と独身だが、満足している。独身で良かったとさえ感じている。


4 大金持ちになりたい。

絶対無理!自分で分かる。
だがもしも大金を手に入れたとしても、欲しい物が見つからない。金の保管に苦労しそう。いらぬ心配だが。


5 自由に生きたい。

これは小さい頃からの願い。
なかなか難しい。今は無職でニートでも本当の自由とは言えない。少しは近づいてはいると思うが。この社会制度の中では無理だろう。生きるにも税金がかかり、世間の呪縛からも逃れる事はできない。ただ部屋で一人の時だけは自由だ。
ここだけが治外法権だと思っている。誰にも邪魔はさせない。


6 楽に死にたい。

これも無理そうだ。
安楽死制度を作ってほしい。
もういいという時に、苦しまずに死にたい。最後は楽しく笑いながら眠るように死んでいきたい。


畳でゴロゴロしながら頭に浮かんだことを書いてみた。

ぼ~と頭に浮かんだことだけ書いた。

まだ他にもたくさんありそうだが、考えるのがめんどいのでやめた。


外は天気なので、部屋から空を見ながらゴロゴロしよお~と。






スポンサーリンク

出来すぎてりゃしませんか?

スポンサーリンク

昨日のサッカーでコロンビアに勝ちNHKをはじめ各メディアは大騒ぎだ。

確かにうれしい勝利だが、何か変な気がする。

そういう気がする人はいないだろうか?


昨日の午前中にあった加計氏の会見。

岡山で突然2時間前に会見すると発表をし、間に合ったマスコミは限られていた。

当然何も新しい話はなかった。


そしてその夜はサッカーだ。

何故かハメス・ロドリゲスは怪我で先発を外れていた。


そして日本がコロンビアに勝利した。

当然NHK をはじめマスコミは日本勝利ばかりを伝えている。

これでもう忘れ去られようとしている。



もし自分が加計氏の会見を上手く誤魔化そうとするならば、

サッカーの日本戦当日に突然、遠くの地方で会見をさせ、そして日本を勝利させるために相手チームの主力選手を買収するだろう。

NHKをはじめマスコミもサッカー中心に伝えさせる。

そうすればバカな国民たちは、バカ騒ぎをして会見の事など忘れるだろう。




違うな。上で線を引いたところは間違いだ。

本当はスポンサーの信頼回復と選手選抜での批判をかわすために仕組まれたのかな?


忘れてはいけないのが、日本代表選手を決めた時の疑惑。

その時、各スポーツ新聞などでは「おじさんジャパン」とか「忖度ジャパン」なんて書いていた。

ほとんどの人がスポンサーの力で決まったと思い、スポンサーに対する非難が多かった。

当然それが非買運動につながった。

ではどうすればいいか?

そして考えた。そういう事を思っている奴らを黙らせるには勝利しかないと。

そしてコロンビアに勝つために仕組まれたのではないか。

加計氏の会見はただのっかっただけだな。


これにより各スポンサーは、非難から応援に人々の感情を変えることに成功する。

官邸もスポンサーもマスコミもそれにのせられた国民も大\(^o^)/となる。

作戦大成功だ!


そう言えばハメス・ロドリゲスは、トヨタのCMに出ていたなあ …

もし今後どこかのCMに起用されることがあれば、なお怪しいな。


なんてゲスな勘繰りをしてしまった。

いつもこういうくだらぬ勘繰りをするのが癖になっている。

小説や映画の見すぎだな!



しかし、もしこんな作戦を考える奴がいるとしたら、電〇か???

なんてね!


でも、何をバカな事を書いているのかと思ってくれれば、奴らの思う壺ということもありえる。

真実はいつも常識人では考えられないところにある場合が多い。



でもやっぱり、頭おかしいのかな?

自分でも訳が分からない。

お粗末。


スポンサーリンク

プロフィール

山空

Author:山空
会社が潰れて仕事を失い、ついでに株でお金も失い、そして大病を患い健康も失いました。

リンク
リンクフリーです。
最新記事
スポンサーリンク
  
応援よろしくお願いします。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
カテゴリ
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
QRコード
QR