はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、孤独を生きる。

カテゴリー "生活" の記事

凄くこんでいた

業務スーパーへ買い物へ行ってきたのだがたくさんの人でこんでいた。

普段なら警備員もいないのに二人いた。

これほどまでとは思わなかった。

駐車場もほぼ満車。

中に入ったらレジには数人の列があり、普段なら列などほとんどないのに。

みんなかごを取ったら欲しい物だけを入れていきその速さが異常だった。

もちろんマスクは必須。

レジの人もベテランの人で素早くすましていてとっても早かった。

私も素早く欲しい物をかごに入れて帰りには消毒液を手にまんべんなく塗りたくって帰ってきた。

大丈夫だっただろうか?

どうしてもコロナが気になってしまう。

あれだけ密集した中にいるとやはり心配になる。

でも買い物へは行かないといけない。

大変な世の中になったものだ。





☆彡    

緊急事態宣言が出た次の日

昨日は緊急事態宣言で各局は賑やかだったが今日になれば静かになっている。

別に緊急事態宣言が出たからと言って何も変わらない。

自由に外出はできるし買い物や散歩もできる。

これでは何処も変わらないのではないかと思う。

感染者数も数人から十数人ぐらいだし死亡者数も少ない。

何となく安心だ。


‥・ という考え方が危ないのだ。

東京では感染者が増えてきていて地方でもだんだんと増えてきた。

やっぱり1か月は引きこもっていた方がよさそうだ。

外出は買い物だけに限るな。

散歩ぐらいもいいか。

なんとなく車も少ないような気がする。

みんな気を付けているようだ。


桜も散り始めている。

窓から見える桜の木から花弁がちらちらと舞ってベランダへ落ちてくるようになった。

毎年この時が寂しく感じる。

今日はその桜の木の上をツバメが飛び回っていた。

桜の次はツバメだな。





☆彡    

「ブラック シー」 

毎日のように映画を見ている。

昨日は「ブラック シー」

この映画は潜水艦乗りだった主人公が会社からリストラされ再就職もできず困っていた時に仲間から沈んでいるドイツ軍の潜水艦から金を取りに行こうと誘われることから話が始まる。

今の時代でも十分に身につまされる話だ。

自分だって40を越しての再就職は大変だった。

こんな話が舞い込んだらその話に乗るだろう。

しかし艦の中では人間関係や欲望が渦巻き美味い具合にはいかない。

この映画は蟹工船のような感じにも思えた。

結局は弱い労働者は強い資本家に利用されているだけだった。

どの時代でも同じようなことは起こっている。

程度の差こそあれどこでも誰でも労働者階級だったら同じようなことを経験していることだろう。

すっきりとしない映画だった。

明日は「復活の日」でも見ようかな。

映画はGYAOで無料で見れます。

宣伝のようになってしまった。







☆彡