はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

カテゴリー "ふと思う事" の記事

何もしない日はさびしい






 歩かない日はさみしい
 飲まない日はさみしい
 作らない日はさみしい
 ひとりでゐることはさみしいけれど、
 ひとりであるき、ひとりで飲み、ひとりで作ってゐることはさみしくない。


山頭火の言葉


まさしくその通り。

散歩や山歩きを一人でしていてもさみしくないが、いけない日は何故か物足りずさみしさを感じる。

それに何もすることがない日もさみしい。


今日はそういう日だった。


明日晴れたら山でも歩くか。








☆彡    

芦名星さんの死はショックだ

先日は三浦春馬さん、そして昨日芦名星さんが亡くなった。

いずれも自殺とのこと。

二人ともまだまだこれから映画やドラマで視聴者を楽しませてくれると期待されていた人達なのに。

三浦春馬さんはそんなに注目してはいなかったが音楽番組を見て真面目で誠実、知性を感じさせる受け答えが気に入ってそれからはテレビに出るとよく見ていた。

芦名星さんは「スワンの馬鹿」で知りあまりいない珍しくきれいな人だったので密かに気になっていた。

ある時バラエティ番組に出ていて、その真面目で誠実な受け答えが気に入っていた。

大体私は誠実で知的な感じの人が好きなのだろう。

だから大変ショックだった。

知り合いでもないのだがその人の素性をわずかでも感じて気に入ってしまうと情が移ってしまう。

まいった。

こうなるとしばらくは彼女の死を引きずってしまいそうだ。

真面目で誠実な性格が悩みを深くしてしまったのだろうか。

なんとかならなかったのか。

できれば結婚して子供を産み、そしてますます映画やドラマでその姿を見て見たかった。

幸せな姿が見たかった。

言いたくはないが残念だ。

こんな私でさえ生きているのに、健康で若い人が先に逝くなんて。

また、希望の光が消えたように感じる。






☆彡    

怖い夏

夏が怖い。

こんなことを書くと普通は怪談話の事かと思うのが普通。

でも違う最近は気象が怖くなってきた。

8月は毎日猛暑。

9月になってからは台風。

子供の頃にはあんなに楽しかった夏が変わってしまった。

あの頃は川や学校のプールで泳ぎ、日焼けするために寝転んだりしていた。

日差しもそんな熱くはなかった。

夏休みの宿題も涼しい午前中にやりなさいとよく親に言われていたが、今では午前中も暑い。

今では外へも出られないほど熱く日差しも痛い。

クーラーなどもなくても過ごせた。

台風も来たがそんなに大きくはなかった。


なんでこんなになってしまったのだろう。

異常気象だとよく言われているが真相は分からない。

何故原因を調べないのだろう。

原因さえ分かればそれを抑え込めばいいはずなのに。

何故やらないのだろう。

このままでは将来地球には住めなくなってしまうかもしれない。

映画の「インターステラー」のように他に住める星を探しに行くしかなくなる。



もう無理なのだろう。

誰も止められないのだろう。

せめて異常気象のスピードを低速にしていってもらいたいものだ。







☆彡