はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

人生はB級映画のようだ

今日ラジオを聴いていたらこんなことを言っていた。

「人生はB級映画のようだ。途中で席を立つことはできないが、2度と見たくはない」

うまいことを言うなと感心したが誰が言ったかは聞いてなかった。

確かに自分の人生もB級映画のようだ。

特別面白くもない。

途中で席を立つ、つまり自死する度胸もない。

それに2度と歩みたくはない。

こういった考えをする人は多いのかもしれない。

だが、本当にB級で終わるかはまだわからない。

もしかしたらB級どころかクソ映画になるかもしれない。

そうなったらもう人生はB級映画のようだなんて思えないだろうな。

「人生はクソ映画のようだ。途中で席を立つも良し、目をつぶって寝てしまっても良い」

これだな。

こっちの方が自分にはお似合いの言葉だ。

途中で自死してもいいし、世間から離れて引きこもっても良い。

まさに世間から離れて引きこもり中だからな。

これからも死ぬまで続くんだろうな。

途中でフィルムが切れてくれることを願おう。









関連記事

☆彡