はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

今の世は何が起きても当たり前

九州の大雨被害がひどい。

しかしもはやニュースで流れている画像を見ても驚かなくなった。

家や車が流されようが橋が流されようが普通の風景になってきた。

慣れてしまった。

でも実際に自分の家が被害にあったらそうはいかない。

被害にあわれた方々は大変な思いをされていると思う。

いつ自分の身に降りかかって来るかはわからない。

もはや誰にでもどこにでも起こる現象だから油断はできない。

豪雨だけではない。

火山の噴火、大地震とまだまだ災害は続く。

とりわけ危ないのが地震だ。

阪神淡路大震災の1か月前にあった異臭騒動が6が4日に三浦半島であった。

ガスの臭いがしたということだ。

これは地下に埋まっているガスが何らかの影響で漏れ出したとのことだ。

阪神淡路大震災の時にもあったから要注意だ。

7月中旬が危ないと言っている学者もいる。

あまりこういう話は信用できないが用心するに越したことはない。

とりあえず水と食料を確保した。

これからは災害との戦いが常に付きまとって来るだろうと思う。

コロナもまだまだ終わらない。

本当に日本沈没が現実になりそうな気がする。




関連記事

☆彡