はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

スーパーでの怒り

1週間ぶりの買い物での話

近くのスーパーへ行きレジで支払いをするためにすいているレジへ向かったら、まだ準備中だったので他のレジへ並ぼうとしたらそこのレジのおばちゃんが「もう少しお待ちください」と言ってきたので待つことにした。

こっちも少しならと思い待ったのだがなかなか準備が終わらない。

隣のレジを見るともう空いていた。

どうしようか移動しようかと迷っていたら次の客に取られてしまった。

お待ちくださいと言っていたおばちゃんはまだつり銭をレジに入れている。

仕方ないから待つしかなかった。

待つこと1分ほどだったが少しカチンと来てしまった。

いつもなら怒ることはないが今日に限って怒ってしまった。

言葉には出さなかったがむかついた。

待たせるならレジを止めておいてくれ!

「隣のレジをどうぞ」という案内版を出しておけ!

それに待たせることを何とも思ってないという態度は良くない。

そのおばちゃんは今までみたことないおばちゃんだからたぶん新人なのだろう。

接客業が初めてかもしれない。

でも礼儀は必要だ。

待たせた後には「お待たせしてすみません」の一言ぐらいは言ってほしかった。

きっとまたすぐにそのおばちゃんは消えてしまうのだろうな。

今まで私がカチンと思ったレジのおばちゃんたちは何故か消えていった。

私は何も言わないが中には怒鳴り散らし店長まで呼ばせる客もいる。

何回か怒り狂ったおじさんをその店では見ている。

レジの接客態度をしっかり教えてあげた方がいいのに。

私がレジで怒る時、今まで自分がやってきた接客態度に比べてそれよりも悪い時だ。

今回だってもし自分がレジでおばちゃんと同じことをしていたら、まずは「準備中です。他のレジへどうぞ」と言う案内板を出しておく。

それでも並んでしまい待たせてしまったらまずは「大変お待たせしました」と言って対応する。

もちろん作り笑顔をしてね。

これだけでお客の気分は和む。

本当にしっかりやってほしいものだ。

不愛想では尚更お客は気分が良くない。

あのおばちゃんもいずれお客の怒りを買うことになるのだろう。

結局そういう人は身をもって経験しなければわからないのかもしれないな。





関連記事

☆彡