はじかれ人の呟き

社会からはじかれ、健康にも見放され、普通じゃない生活の記録。

怖い夏

夏が怖い。

こんなことを書くと普通は怪談話の事かと思うのが普通。

でも違う最近は気象が怖くなってきた。

8月は毎日猛暑。

9月になってからは台風。

子供の頃にはあんなに楽しかった夏が変わってしまった。

あの頃は川や学校のプールで泳ぎ、日焼けするために寝転んだりしていた。

日差しもそんな熱くはなかった。

夏休みの宿題も涼しい午前中にやりなさいとよく親に言われていたが、今では午前中も暑い。

今では外へも出られないほど熱く日差しも痛い。

クーラーなどもなくても過ごせた。

台風も来たがそんなに大きくはなかった。


なんでこんなになってしまったのだろう。

異常気象だとよく言われているが真相は分からない。

何故原因を調べないのだろう。

原因さえ分かればそれを抑え込めばいいはずなのに。

何故やらないのだろう。

このままでは将来地球には住めなくなってしまうかもしれない。

映画の「インターステラー」のように他に住める星を探しに行くしかなくなる。



もう無理なのだろう。

誰も止められないのだろう。

せめて異常気象のスピードを低速にしていってもらいたいものだ。







関連記事

☆彡